コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

HTC U12+が発表、正式なスペックの詳細

HTC U12+ HTC

5月23日、HTC U12+が発表された。

日本での発売は発表されていないが、例年auとSoftBankから販売されているので、今年もその2社から発売される可能性が高いだろう。

またSimフリーモデルも日本HTCから購入できるのでMVNOで契約するのも方法の1つだ。

さて、今回は正式に発表されたHTC U12+のスペックをまとめて行きたいと思う。

価格799ドル(87,419円)
ディスプレイLCD 6.0インチ、1440 x 2880、18:9
SoCQualcomm Snapdragon 845
RAM6GB
ROM64/128GB
リアカメラ12MP、f/1.8
16MP、f/2.6
フロントカメラ8MP、f/2.0 x 2
生体認証背面指紋認証センサ
バッテリー3500mAh
防水防塵IP68
ヘッドフォンジャックなし

ディスプレイ

ディスプレイは6インチだ。6インチはiPhone Xよりも大きくGalaxy S9+よりも小さい大きさだ。また解像度も高く、いわゆる2K画質で使用することができる。

ボディ全体に対するディスプレイの割合は80.3%であり、ホームボタンが無くなったことでベゼル幅が狭められている。しかし、iPhone XやGalaxy S9/S9+と比べるとその比率は低い。

Galaxy S9/S9+やiPhone Xと違う点と言えば、LCDディスプレイが採用されている点があげられる。Galaxy S9/S9+やiPhone Xでは最新のOLEDディスプレイが採用されているがHTC U12+では従来のLCDディスプレイが採用されている。

LCDディスプレイは液晶ディスプレイ、OLEDディスプレイは有機ELディスプレイのこと

LCDディスプレイとOLEDディスプレイにはどれだけ的確に色を表現できるかという違いがある。LCDディスプレイに比べてOLEDディスプレイは画面を鮮やかに映し出すことができる。

また、電池の消費量が少ないのもOLEDディスプレイの特徴だ。

HTC U12+にOLEDディスプレイが搭載されていれば価格以上の価値を持ったデバイスになっただろう。

だがHTC U12+はディスプレイ強度の面ではCorning Gorilla Glass 5が採用されているので安心だ。

SoC

SoCはQualcommのSnapdragon 845が搭載されている。Snapdragon 845はGalaxy S9/S9+にも搭載された2018年の最新チップであり、処理能力はトップレベルだ。

そのため発売される時点ではAndroid Oreo 8.0が搭載されると考えられるが、Android P 9.0へのアップグレードが可能だと考えられる。

SoCはSystem on Chipの略。今回の場合はCPUやGPUのユニットを示している

メモリ

RAM

RAMは6GBあるのでアプリが落ちる心配は無く、多くのアプリを同時に開くことができる。RAMの容量が大きいと電池の消費量が心配だが、バッテリーが3500mAhあるのでそれほど心配する必要は無いだろう。

SoC、RAM、バッテリー容量はすべてGalaxy S9+の米国、中国、日本版と同じだ。ただ、ディスプレイがLCDディスプレイのため、OLEDディスプレイを搭載しているGalaxy S9+に比べると電池の消費が早いと考えられる。

ROM

ROMは64GBと128GBのバージョンが用意されている。アプリはSDカードに移せないため、たくさんアプリを入れたい方は余裕をもって128GBのバージョンを購入することをおススメする。64GBから128GBにすると価格は50ドル(約5,500円)高くなる。

SDカードは2枚差し込むことができ、400GBまで増量可能だ。アプリは入れられないが、写真や動画をたくさん撮る方にとっては嬉しい機能だ。

カメラ

リアカメラ

リアカメラはデュアルカメラで片方が12MP、もう片方が16MPだ。12MPのカメラは絞り値がf/1.8、16MPのカメラはf/2.6だ。他のスマートフォンのデュアルカメラと同じように広角レンズと望遠レンズに分かれている。

リアカメラでは4K、60fpsでの動画撮影が可能だ。また、音声の面ではステレオ録音もできるので優秀だ。ステレオサウンドの録音はiPhone XやGalaxy S9/S9+でも不可能なので貴重な機能だ。

フロントカメラ

フロントカメラは2つ搭載されており、どちらも8MP、f2.0と標準の性能で1080pの録画可能だ。

その他の機能

3.5mmヘッドフォンジャック

残念ながらヘッドフォンジャックはついていない。最近ではBluetoothイヤホンも普及しているが、まだヘットフォンジャックを取り去るのは早いと感じる。ここは残念な点だ。

生体認証

生体認証は背面指紋認証センサのみだ。同価格帯のGalaxy S9に搭載されている顔認証や虹彩認証なども欲しいところだが、デュアルカメラを搭載している分のコストがかかっていると考えられる。

防水防塵

防水防塵はIP68だ。IP68とは防塵のレベルが6、防水のレベルが8ということを表しており、どちらも最高レベルだ。

防塵のレベル6は「粉塵が内部に侵入しない」と定義されており、防水のレベル8は「連続的に水中に置いても有害な影響がない。水没の条件については製造者が規定する。原則的に密閉構造であること」と定義されている。

まとめ

Galaxy S9と比べるとHTC U12+は少し高く感じる。HTC U12+が日本でどのくらいの価格で販売されるかは不明だが、アメリカでの販売価格を単純に換算した場合、Galaxy S9と同じぐらいの価格になる。それにも関わらず、顔認証や虹彩認証、OLEDディスプレイは搭載されていない。

しかし、HTC U12+にはサイドボタンに独自の技術が使われていること、フロントカメラも2つ搭載されていること、ステレオサウンドの録音ができることなど、他社のスマートフォンにはにない機能が搭載されいる。

基本的なスペックだけをみれば割高に感じることは事実だが、細かい機能をみればそれなりの価値があることがわかる。

Photo HTC

記事中に記載されていないことでもコメント、もしくはフォーラムで質問していただければ解決策が見つかる可能性があります。もし、解決しない問題があれば下のコメント欄かフォーラムに書き込んでください。

HTC
Edge of Techをフォローする
Edge of Tech

コメント