HUAWEI

【HUAWEI P30】liteとProのスペックの違いはどこか徹底比較してみた!

投稿日:

HUAWEI P30シリーズには、HUAWEI P30、HUAWEI P30Pro、HUAWEI P30lite、HUAWEI P30lite premiumの4つのモデルが発売されています。

この4つのモデルはそれぞれカメラ性能やディスプレイサイズ、本体カラー、CPUのスペックなどに違いがあり、発売されているキャリアや価格についても違っています。

この4つのモデルの中でも特に違いがあるのがHUAWEI P30liteとHUAWEI P30Proで、カメラ性能もディスプレイの素材も、サイズやカラーもまるで違います。

具体的にどのようなスペックの違いがあるのか徹底的に比較してみました。

HUAWEI P30が欲しいけれどどのモデルがおすすめかわからないという人は参考にしてみてくださいね。

auオンラインショップこちら

※HUAWEI P30 lite(premium)のみ取り扱い

ドコモオンラインショップこちら

※HUAWEI P30 Proのみ取り扱い

HUAWEI P30liteとP30 Proのスペック・デザイン・価格を比較してみた!

項目 HUAWEI P30lite HUAWEI P30Pro
本体サイズ 高さ152.9 mm×幅72.7 mm×厚さ:7.4 mm 高さ158 mm×幅73 mm×厚さ8.6 mm
重さ 159g 192g
本体カラー ピーコックブルー・パールホワイト・ビッドナイトブラック ブリージングクリスタル・ブラック
CPU Kirin 710オクタコア

2.2GHz+1.7GHz

Kirin 980 オクタコア

2.6 GHz  + 1.92 GHz + 1.8 GHz

OS Android9 Android9
メモリ 4GB RAM/64GB ROM 6GB RAM/128GB ROM
外部メモリ microSD(最大512GB) NMカード
画面サイズ 約6.15インチ TFT液晶ディスプレイ
FHD+2312×1080ピクセル
約6.5インチ有機ELディスプレイ
1080×2340ピクセルFull HD+HDR10
カメラ 24MP+8MP+2MP

トリプルカメラ

40MP+20MP+8MP+ToF
クアッドカメラ
サブカメラ 24MP 32MP
バッテリー 3,340mAh 4,100mAh
防水性能 × IPX8/IP6X
おサイフケータイ × 対応

HUAWEI P30 liteの特徴は、4つのモデルの中で最も価格が抑えられています

価格が30,000円前後に抑えられている分、全体的なスペックも他のモデルよりも抑えられていますが、ミドルクラスのCPUが搭載され、6.1インチの液晶ディスプレイでトリプルカメラが搭載されているなど、低価格なのに高い性能になっています。

HUAWEI P30 Proは4モデルの中で最もハイスペックなモデルで、防水機能やディスプレイの左右がカーブしたエッジスクリーン、ワイヤレス充電とワイヤレスリバースチャージ機能など、liteにはない高性能機能が搭載されています。

3つのカメラはいずれもliteよりもスペックが高く、トリプルカメラの他に被写界深度測定を行うTOFカメラが追加されたクアッドカメラになっています。

このように同じHUAWEI P30というモデルではありますが、中身の機能は搭載されていないものやスペックが落とされているものなどがあるということですよね。

どのような機能に違いがあるのか、HUAWEI P30のliteとProのスペックを一覧にしながら細かく解説していきましょう。

本体サイズ、カラーの違い


高さ、幅、厚さのすべてでHUAWEI P30Proの方がひと回りほど大きくなっています。

重さについては約40gの違いがあり、HUAWEI P30liteは159gの軽量モデルなので、軽くて小さめのモデルが欲しいという人にはHUAWEI P30liteの方が使いやすいです。

どちらも3D湾曲していて手になじむように設計されたデザインで使い心地はよく、片手でも操作しやすくなっていますが、本体カラーについては、liteは3カラーでProは2カラーになっています。

Liteのピーコックブルーはグラデーション加工が施されており、Proは鏡面仕上げで見る角度で違う色に見えるブリージングクリスタルになっていて、同じような色味でも素材やカラーは異なっていて、Proの方がより高級感があります。

CPUの違い


CPUについても違いがあり、Proは最新のKirin 980が搭載されています。

Kirin 980は、ファーウェイ社が開発しているシステムオンチップで、apple社のBionic13やXperiaなどのandroidスマホで採用されているSDM855と同等の性能であり、高速処理にすぐれた高性能CPUです。

そのため、ProはiPhone11proやXperia1などと同じような処理性能になっており、ハイスペックモデルということになります。

liteについてはKirin 710を搭載しており、ミドルレンジ向けのCPUになっています。

ミドルレンジ向けとは言いますが、スペック自体は非常に優秀で処理性能は安定しており、ゲームやアプリを利用していても不自由することはありませんので、この性能で30,000円程度の低価格で利用できるということでコスパは最高です。

メモリ容量の違い


メモリ容量についても、Proは6GB RAM/128GB ROMで大容量になっており、たくさんの動画や写真を保存しておくことができます。

外部メモリにも違いがあり、liteはmicroSDカードに対応していますが、ProはNMカードというSIMカードと同じくらいのサイズのメモリカードが採用されています。

ProでmicroSDカードを利用する場合は、付属の変換アダプタを利用する必要があるので、外部メモリについてはliteの方がmicroSDカードをそのまま利用できるので使いやすいですね。

ディスプレイの違い


ディスプレイは、Proが有機ELディスプレイを搭載でliteが液晶ディスプレイを搭載しています。

有機ELディスプレイは高精細なディスプレイで、近年のハイスペックモデルのディスプレイに採用されることが多くなっており、黒色が特に美しく表示されるのが特徴です。

liteの液晶ディスプレイも鮮やかな映像を映し出し、ブルーライトカットモードを搭載しています。

ディスプレイについては有機ELディスプレイを搭載しているProが断然キレイな画像を映し出し、目で見た景色そのままの色合いを表現することができます。

動画やゲーム映像などを美しい画面で見たいということなら有機ELディスプレイを搭載しているProの方がおすすめですよ。

そして、Proのディスプレイはサイドの方まで湾曲しており、正面から見たときにディスプレイが浮き出しているように見えて、ディスプレイが大きく見えます・

メインカメラの違い


HUAWEI P30と言ったら高性能なトリプルカメラですよね。

ドコモで写真がきれいに撮れる端末はどれか?と聞かれれば、絶対にその名は出てくるレベルの性能をもちます。

ドコモスマホでカメラが綺麗に撮れるのはどれ?おすすめ5機種を厳選紹介!

liteもトリプルカメラを搭載していますが、同じトリプルカメラでも性能は全くの別物になっているので、カメラ機能を重視している人はliteとProの違いをしっかり確認しておく必要があります。

HUAWEI P30 lite HUAWEI P30 Pro
画素数(背面/アウトカメラ) 2400万画素 F1.8(広角)

800万画素 (超広角)

200万画素(深度測定用)

4000万画素 F1.6 (広角)

2000万画素F2.2 (超広角)

800万画素F3.4 (望遠5倍)

TOF (Time of Flight 3Dカメラ)

ズーム × 光学5倍、ハイブリッド10倍、デジタル50倍
光学式手ぶれ補正 × 広角+望遠レンズ
ISO × ISO 409600
カメラ機能 立体美顔

ビューティー補正機能

ARレンズ

3D Qmoji

AIセルフィー

望遠カメラがペリスコープ(潜望鏡)構造の屈曲光学系

2.5cmマクロ

Dual-View Video

AR Measure

Google AR Core

AR測定ツール

AI HDR+

インカメラ 2400万画素 F2.0 3200万画素 1/2.7型 F2.0
動画性能 フルHD 4K、フルHD 60fps、960fps

カメラ性能について一覧にしました。

一覧にしただけでliteとProのカメラ性能の違いがはっきりとわかるのではないでしょうか。

画素数も、liteは広角レンズが2,400万画素ですが、Proは4,000万画素になっていて拡大して印刷したときの鮮明さが全く違います。

超広角でもProの方がはるかに高画質で美しい写真を撮ることが可能になっていますし、Proは望遠レンズを搭載して光学ズーム、ハイブリッドズーム、デジタルズームの3種類に対応しているので、デジタル50倍ズームで月を撮影するとクレーターの部分などがはっきりわかるほど鮮明な写真を撮ることができます

また、Proの高性能カメラの超高感度センサーとHUAWEI Kirin 980の画像処理プロセッサ、AI技術が組み合わさって暗闇での撮影も明るく映し出し、ISO感度409600のカメラセンサーで暗闇でも色彩をしっかり撮ることを可能にしました。

Proは2.5センチのマクロ撮影機能にも対応しているのでマクロの世界の写真もシャッターを切るだけで簡単に写真に収めることができます。

liteでも超広角カメラでワイド写真を撮影することは可能ですし、画質も他のミドルスペックスマホと比べるとliteの方が美しい写真を撮ることができますし、インカメラも2,400万画素の高画質でセルフィー撮影でもAI技術を活用して最も美しい顔を映し出してくれます。

このように、カメラ機能を重視する人ならProの方が当然素晴らしい技術と画素数、画質で今までのスマホのどのカメラよりも美しい写真を簡単に撮ることができますよ。

Proなら動画撮影も4Kに対応しているほかに、手ぶれ補正や2つのアウトカメラで同時撮影ができるデュアルビュービデオ撮影機能で動画撮影も楽しむことができます。

防水、防塵性能の違い


防水機能についても、ProはIPX8という水深1.5メートルで30分間の防水性能、IP6Xは塵の中で8時間耐えられる防塵性能に対応していますが、liteは防水、防塵に対応していません

そのため、liteは突然の雨や濡れた手で触ってしまった場合などに故障してしまう可能性が高く、水や塵、ほこりには十分注意をしなくてはなりません。

今のスマホはほとんどの機種で防水、防塵に対応しているほど当たり前の性能になってきているので、安全を考えると防水、防塵性能に対応しているProの方がおすすめと言えますよね。

おサイフケータイの違い


liteは防水、防塵性能非対応の他に、おサイフケータイにも対応していません

電子マネーなどの普及により、スマホ一つで買い物ができるという便利さでおサイフケータイは日本では人気がある機能です。

電車に乗ったりするSuicaなどをよく利用する人にとっておサイフケータイはなくてはならない機能なので、おサイフケータイに対応していないのは少し残念に感じました。

おサイフケータイを常に利用する人はliteを購入すると少し不便に感じるかもしれません。

価格の違い

liteとProのスペックの違いについて解説してきましたが、最初に解説したようにliteとProでは販売している価格にも違いがあります。

そして、販売しているキャリアもそれぞれ違います。

HUAWEI P30 lite HUAWEI P30 litepremium HUAWEI P30 Pro

 

ドコモ × × 90,288円
スマホおかえしプログラム利用時60,192円
Au × 32,400円 ×
格安スマホまたはSIMフリー 28,000円~31,000円 × ×

HUAWEI P30Proはドコモでのみ取り扱いしています。

端末の総額は90,288円ですが、ドコモの購入サポートプログラムのスマホおかえしプログラムを利用して36回の分割で購入すると、25か月目でドコモにスマホを返却すれば残りの分割金の支払いを免除することができるので、実質負担金は60,192円で購入することができます。

HUAWEI P30liteはUQモバイルや楽天モバイルなど格安スマホの会社やSIMフリー端末として販売しています。

28,000円~31,000円くらいの価格で販売されており、ミドルスペックの中では低価格になっており、手軽に購入しやすい価格設定になっています。

そして、auで発売されているHUAWEI P30lite premiumは、HUAWEI P30 liteとスペックがほとんど変わらず、メモリ容量が多いというだけです。

キャリアでHUAWEI P30 liteを購入したいということならauのHUAWEI P30 lite premiumがおすすめで、価格も32,400円という低価格で販売しています。

HUAWEI P30 liteとProどっちを購入するかは価格かスペック重視かで判断!

いろいろな角度から比較してみると、若干違いが見えてきたかと思います。

で、HUAWEI P30 liteとProは結局どっちがおすすめなのか?

価格を重視するのか、それとも機能面を重視するのかでどちらのHUAWEI P30を購入するべきかが判断できる材料になるでしょう。

コスパ重視ならHUAWEI P30 lite


HUAWEI P30はliteとProではスペックが全く異なるので、どちらのモデルを購入するべきか悩んでいる人も多いですが、コスパ重視ならHUAWEI P30 liteをおすすめします。

価格が28,000円台から販売しており、SIMフリーでも購入することができるので手軽に購入できて、低価格でトリプルカメラを楽しむことができます。

スペックもミドルスペックの人向けなので、特に劣っているというところはなく、動画や音楽を楽しんだり、SNSを投稿したり普通の使い方をしていれば全く問題がありません。

ゲームについては、3Dゲームなどの高性能ゲームなどには処理性能が追い付かないので向いていませんが、ある程度のゲームなら変わらず利用することができますよ。

スペック重視ならHUAWEI P30 Pro

HUAWEI P30 Proをおすすめしたいのは、もちろんカメラ性能が高い機種が欲しいという人になりますよね。

HUAWEI P30 Proは現在販売されているスマホの中で最もカメラ性能が高いスマホと言えます。

デジカメと同じくらいの性能のカメラが搭載されていて、望遠や超広角などあらゆるシーンに合わせた撮影を行うことができますよ。

デジカメもスマホも欲しいという人ならHUAWEI P30 Proの1台でどちらの性能もハイスペックで利用することができ、デジカメとスマホの2台をいちいち持ち歩かなくてすみますよね。

そして、HUAWEI P30 liteではおサイフケータイや防水、防塵に対応していませんでしたので、そういった便利機能もすべてついたハイスペックスマホが欲しいという人にもおすすめです。

ハイスペックスマホの中で、実質負担金が60,000円程度という価格はとてもお得ですよね。

HUAWEI P30のliteとProは取り扱いキャリアも違うので注意!

ポイント

・Proはクアッドカメラ搭載の超高性能カメラで超広角撮影や望遠撮影、デジタル50倍ズームなど誰でも簡単に美しい写真を撮ることができるハイスペックスマホ

・liteはミドルスペックスマホでありながらトリプルカメラを搭載し、手軽にトリプルカメラを楽しむことができる低価格スマホ

・liteは30,000円程度で購入することができるが、防水、防塵性能やおサイフケータイに未対応なので、取扱には注意が必要

HUAWEI P30のliteとProについて解説してきました。

同じ名前ではありますが、性能は全くの別という結果になりましたので、どのような機能がついている方が必要なのか事前にしっかり検討してからHUAWEI P30を購入するようにしましょう。

そして、何よりもHUAWEI P30のliteとProでは販売しているキャリアが異なります。

今、契約しているキャリアがドコモなのかauなのかソフトバンクなのかでスムーズにHUAWEI P30への機種変更ができないケースがあります。

価格や機能面での違いもそうですが、まずはご自身の契約キャリアでのHUAWEI P30の取り扱いに関しては大前提として知っておきましょう。

-HUAWEI

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.