iPhone

【2020年】小さいiPhoneが欲しい!持ちやすいモデルはどれかサイズ・重さを比較してみた!

「小さいiphoneが欲しい!」

iPhoneを購入するとき、サイズや重さも選ぶポイントになりますよね。

確かに大きいiPhoneなら動画を見るときに映像が大きく映るので見やすいです。

しかし、片手で操作をしたり通話をする場合は大きすぎるサイズは扱いづらいです。

使いやすい

持ちやすい

そういったメリットを重視する人は多く、できる限り小さいiPhoneが欲しいという人はたくさんいます。

この記事では、現行で発売されているiphoneでコンパクトサイズのモデルのはどれか?サイズや重さを比較しながらお話しています。

▽おすすめはこの2機種




iPhone 12 mini

高さ131.5mm×幅64.2mm×厚さ7.4mm

5.4インチ

※2020年11月6日予約開始

 2020年11月13日発売

iphone SE (第2世代)

高さ138.4mm×幅67.3mm×厚さ7.3mm

4.7インチ


iPhone12のシリーズの一つに「mini」がラインナップされました。

iPhone12の性能を維持しつつコンパクトになったモデルです。

iPhone12 miniは2020年11月13日発売です。

【2020年11月】iPhoneのサイズと重さを比較した結果・・

サイズ インチ 重さ
iPhone 12 mini NEW 高さ131.5mm×幅64.2mm×厚さ7.4mm 5.4インチ 133g
iPhone SE (第2世代) 高さ138.4mm×幅67.3mm×厚さ7.3mm 4.7インチ 148g
iphone8 高さ138.4mm×幅67.3mm×厚さ7.3mm 4.7インチ 148g
iPhoneXS Max 高さ157.5mm×幅77.4mm×厚さ7.7mm 6.5インチ 208g
iPhoneXS 高さ143.6mm×幅70.9mm×厚さ7.7mm 5.8インチ 177g
iPhoneXR 高さ150.9mm×幅75.7mm×厚さ8.3mm 6.1インチ 194g
iPhone11Pro Max 高さ158.0mm×幅77.8mm×厚さ8.1mm 6.5インチ 226g
iPhone11Pro 高さ144.0mm×幅71.4mm×厚さ8.1mm 5.8インチ 188g
iPhone11 高さ150.9mm×幅75.7mm×厚さ8.3mm 6.1インチ 194g

iphoneシリーズのサイズ比較一覧です。

小さいサイズのiphoneとして選ぶのであれば、

iPhone 12 mini

iPhone SE (第2世代)

iphone8

iPhoneXS

iPhone11Pro

これら4つのモデルの中からとなるでしょう。

ドコモiPhoneの在庫状況を見る

auiPhoneの在庫状況を見る

ソフトバンクiPhoneの在庫状況を見る

iPhone 12 mini

2020年11月13日が発売日で、11月6日より予約を開始するiPhone 12 mini。

最新モデルのiPhone 12シリーズの一つとしてラインナップされた、名称通りのミニサイズ端末に仕上がっています。

サイズでいえば、SEの第二世代よりもさらに小さくコンパクトになっています。

そして、注目すべきなのが本体サイズは小さくなったのにディスプレイは5.4インチの大きさを維持。

CPUに関してもiPhone12に搭載されているA14チップが使われているので処理能力も高いです。

小型化されながらも、iPhone12同等のスペックであることは大きなポイントだと言えます。

その他、5G対応をはじめ有機ELディスプレイ搭載といったように全体的なスペックが高いためコンパクトサイズとはいえ、本体価格は74,800円~。

価格をふまえ、小さいiPhoneでなおかつ性能を重要視するのであれば有力候補になるでしょう。

11月6日予約開始です。

↓iPhone 12 miniキャリア予約購入ページ↓

ドコモこちら

auこちら

ソフトバンクこちら

詳しくはこちら
iPhone 12 miniのメリット|小型化したことでスペックダウンしてるのか?

iPhone 12のラインナップの一つになる、iPhone 12 mini。 最も注目されているモデルといってもいいかもしれません。 iPhone 12 miniもiPhone 12と同じカラー展開 ...

iPhone SE (第2世代)

小さなiPhoneとして多くの人から支持を得ていたiPhone SEの後継機にあたるモデルがiPhone SE (第2世代)になります。

コンパクトサイズなのはもちろん、iPhone 11同等のプロセッサである、A13チップを搭載することで高い処理能力を実現し圧倒的なパフォーマンスに期待できます。

であるにも関わらず、価格は44800円~と端末価格の安さも魅力です。

iPhone 12 miniの登場によりサイズ、スペックともに比較してしまうと劣ってしまいます。

、、が、小さいiPhoneでなお低価格で本体の購入を希望するならSE(第二世代)は当てはまってくるでしょう。

レビュー
iPhone SE2いいところ・悪いところ|使ってみて分かった本音レビュー

こんにちは。すまろぐん(@sumalog_nohito)です。 iPhone SE2のいいところはもちろん悪いところも知りたい… など、2020年に発売されたiPhone SE2の気になる疑問に写真た ...

iphone8

参考:iphone8

iPhone8は2017年に発売された旧モデルですが、実は今だに根強い人気があるんです。

新機種の登場によってiphone8の価格が値下げされて購入しやすいのも理由の一つだと考えれるでしょう。

4.7インチのコンパクトサイズ

1200万画素のシングルカメラ搭載

CPUはA11 Bionicチップ搭載

と、3年前のモデルとはいえ想像以上に高性能でありスペックに不満を感じる声は非常に少ないです。

IP67等級の防水防塵にも対応しており、小さいサイズの満足感はもちろん価格以上の機能を実感できるのがiphone8だといえますね。

iPhoneXS

参考:iphoneXS

2018年に発売されたiPhoneXSも177gと軽量でサイズ感も小さめ。

手首への負担はあまり感じないので、iPhoneXSなら長時間片手で扱っても大丈夫でしょう。

サイズ感も小さくiphone8よりもスペックが高くなっています。

2メートルの水深で30分の防水に対応

光学10倍デジタルズームに対応

ポートレートモード搭載

カメラ性能が高く、iphone8よりも少しサイズが大きいのですがA12チップを搭載。

結果、処理能力は大きく向上しています。

iPhone11Pro

参考:iPhone11Pro

iPhone11Proは、上位モデルでありながらもコンパクトサイズを実現。

また、ボディがテンレススチールという軽い素材で作られているので非常に軽くなっています。

超広角カメラを含むトリプルカメラ

4メートルの推進で30分の防水に対応

iPhoneXSに比べて、最大4時間も長く持つバッテリー容量

カメラ機能はもちろんですが、最新スペックを搭載しており処理能力は抜群。

ネット閲覧、スマホゲームを快適に操作することができます。

これだけ高性能のiPhoneが5.8インチというサイズに収まっているので、小さいiPhoneが欲しいという人は検討してみるべきでしょう。

小さいサイズのiPhoneのまとめ

本体が小さいコンパクトサイズのiPhoneの購入を検討するのであれば、

iPhone 12 mini

iPhone SE (第2世代)

の2択になってくるといっても過言ではないかもしれません。

サイズだけで考えれば、iPhone 12 miniが最も小さいです。

ただ、小型ながらもハイスペックなので価格もそれなりです。

数ミリほど大きくなりますが、SE (第2世代)は価格も安く性能も通常使用なら全く問題ありません。

サイズ以外に「スペック」なのか「価格」なのか何を選ぶ基準にするかで選択肢が変わってきますね。

ちなみに、ホームボタンがほしい!という方はSE (第2世代)になってきます。

-iPhone

© 2021 スマホログ