iPhone

【2019年9月】小さいiPhoneが欲しい!持ちやすいモデルはどれかサイズ・重さを比較してみた!

投稿日:

iPhoneを購入するとき、サイズや重さも選ぶポイントになりますよね。

iPhoneは機種によってサイズに若干の差があり、以前は大きいサイズはplusという名称がついていましたが、現在出ている機種ではMaxというタイプが画面が大きいタイプになっていますよね。

確かに大きいiPhoneなら動画を見るときに映像が大きく映るので見やすいですよね。

しかし、すべての人が動画を楽しむためにiPhoneを利用しているわけではありませんよね。

片手で操作をしたり、通話をする場合は大きすぎるサイズは扱いづらいです。

それにポケットに収まらないということもありますよね。

ビジネスなどのシーンでは、使いやすくて持ちやすい小さいiPhoneが欲しいという人はたくさんいます。

今回は小さいサイズのiPhoneがどれなのか、サイズや重さを比較してみました。

小さいサイズのiPhoneの価格やスペックについてもまとめましたので、そろそろ小さいiPhoneに買い替えようかなと検討中の人は参考にしてみてくださいね。

【2019年9月】iPhoneのサイズと重さを比較した結果・・

サイズ インチ 重さ
iPhoneXS Max 高さ157.5mm×幅77.4mm×厚さ7.7mm 6.5インチ 208g
iPhoneXS 高さ143.6mm×幅70.9mm×厚さ7.7mm 5.8インチ 177g
iPhoneXR 高さ150.9mm×幅75.7mm×厚さ8.3mm 6.1インチ 194g
iPhone11Pro Max 高さ158.0mm×幅77.8mm×厚さ8.1mm 6.5インチ 226g
iPhone11Pro 高さ144.0mm×幅71.4mm×厚さ8.1mm 5.8インチ 188g
iPhone11 高さ150.9mm×幅75.7mm×厚さ8.3mm 6.1インチ 194g

現在販売されているiPhoneXシリーズと11シリーズのサイズと重さを一覧にしました。

Maxについてはやはりディスプレイサイズが6.5インチもあり大きくなっていますね。

重さも200gを超えています。

画面を大きくするとどうしても重くなってしまうので、持ちやすい軽いiPhoneが欲しいなら小さいサイズのiPhoneを選ぶ必要がありますね。

最軽量はiPhoneXS


一覧を見ると、最も重さが軽いのはiPhoneXSということになりますね。

177gというと、だいたいコミック本1冊分が175gくらいなのでそのくらいと同じ重さくらいということです。

コミック本1冊くらいなら軽いですよね。

片手でコミックを持っていても手首への負担はあまり感じないので、iPhoneXSなら長時間片手で扱っても大丈夫そうです。

iPhoneXSに続いて重さが軽いのはiPhone11Proでした。

意外と最新モデルのiPhone11ProがiPhone11よりも軽いんです。

【レビュー】iPhone11 Proのカメラ機能の実力を写真いっぱいでご紹介!

カメラがトリプルカメラになっているのでその分重くなっているのかなと思いましたが、ボディがアルミではなくステンレススチールという軽い素材で作られているのでiPhone11に比べて軽くなっています。

iPhoneXSと比べて11gほど重くなっていますが、11gとなると単4電池1個分がiPhoneXSより重いということです。

画面サイズは最も小さくて5.8インチ

画面サイズについてもiPhoneXSとiPhone11Proが5.8インチということで他のiPhoneに比べて小さ目のサイズになっていました。

本体のサイズはiPhoneXSが少しだけiPhone11Proよりも小さくなっています。

なので、総合的に一番小さいのはiPhoneXSということになりますね。

次に小さいのがiPhone11Proですが、iPhoneXSと比べてもその差はほんの数ミリの違いなので、手に持っていてもさほど変わりはないのではないでしょうか。

ただし、重さは11gの違いがあるので、手に持って比べてみると違いがはっきり分かると思います。

iPhoneXSとiPhone11Proの次に小さいサイズが6.1インチのiPhoneXRとiPhone11の2機種です。

どちらもまったく同じ重さとサイズでした。

iPhoneXSとiPhone11Proを比較


現在販売されているiPhoneシリーズで小さいiPhoneは、iPhoneXSまたはiPhone11Proのどちらかという結果になりました。

iPhoneXSとiPhone11Proのどちらの小さいiPhoneがより使いやすくておすすめでしょうか。

価格やスペックなども比較してみました。

価格

iPhoneXS iPhone11Pro
64GB 110,808円 106,800円
256GB 122,472円 122,800円
512GB 122,472円 144,800円

価格については、iPhoneXSとiPhone11Proにあまり差は見られません。

SIMフリーのiPhoneXSはすでにアップルストアでは販売終了してしまっているので、ドコモの価格を参考にしています。

以前まではiPhoneXSの価格はもっと高くなっていましたが、最新機種のiPhone11Proが今までに比べて低価格で発売したことにより、iPhoneXSの価格も値下がりしました。

ストレージ容量が64GBの場合は、最新のiPhone11Proの方が4,000円ほど安くなっています。

512GBに関しては、iPhoneXSの価格が256GBと同じ価格になっているため、iPhoneXSの方が安くなっているのでお買い得感がありますよね。

もっと安い価格のiPhoneが欲しいということなら、iPhone11も最新のiPhoneシリーズですが、70,000円台で購入することができるので小さめスマホならiPhone11もアリだと思います。

スペック

それぞれのスペックについても比較していきましょう。

iPhoneXS iPhone11Pro
カラー シルバー・スペースグレイ・ゴールド シルバー・スペースグレイ・ゴールド・ミッドナイトグリーン
材質 ガラスとステンレススチール テクスチャードマッドガラスとステンレススチール
カメラ デュアルカメラ トリプルカメラ
画素数 7MP 12MP
FaceID
CPU A12 A13
バッテリー iPhoneXより最大30分長い iPhoneXSより最大4時間長い
防水性能 2メートル 4メートル

iPhone11Proは、iPhoneXSの後継機にあたるので、iPhoneXSに比べて全体的に性能がアップしているのがiPhone11Proということになります。

本体カラーと材質


カラーについてはどちらもiPhoneの基本カラーのシルバー・スペースグレイ・ゴールドがあり、iPhone11Proは新たにミッドナイトグリーンが追加されました。

材質も同じステンレススチールを使った高級感のある見た目になっていますが、ガラスの材質はテクスチャードマッドガラスというスマホの中で最も頑丈なガラスを仕様しているiPhone11Proの方が強度が上がっています。

防水性能

防水性能についても2メートルの水深で30分の防水に対応していたiPhoneXSよりも、4メートルの推進で30分の防水に対応したiPhone11Proの方が当然性能が高いです。

全体的にiPhone11Proのスペックが高くなっていることがわかりますよね。

最もiPhoneXSと違うところは、やはりカメラ機能ということになります。

カメラ機能について詳しく解説していきましょう。

カメラ機能の比較


iPhoneXSとiPhone11Proでもっとも大きな違いはカメラ機能です。

iPhone11Proのカメラ機能のポイントは3つ

ポイント

・超広角カメラ
・ナイトモード
・ポートレートモード

iPhoneXSは広角と望遠のデュアルカメラ搭載でしたが、iPhone11Proはさらに超広角カメラが増えて、トリプルカメラになりました。

この超広角カメラで撮影すると、今までフレームに入りきらなかったフレームの外側の部分もすっぽり写真に収めることができます。

風景写真を撮影すればよりダイナミックな写真が撮れるようになり、人物を撮影すれば撮影する角度によって人物を足長に見せることも、人物の周りをもっと広く見せることができます。

超広角カメラの視野角は120度なので、見渡す限りの目で見た映像をそのまま写真に収めることができるということです。

さらに、iPhone11Proにはナイトモードが搭載されました。


ナイトモードは今までのiPhoneにはない撮影機能で、暗い場所での撮影でも自動で明るく修正して写真を撮影してくれるようになりました。

低光量でも最新のA13の性能とソフトウェアの技術力で夜景での撮影でも明るく修正してくれます。

ポートレートモードは、iPhoneXSにも搭載されていますが、iPhone11Proのポートレートモードはさらに進化しています。

スタジオ風のモノクロ写真が作れるハイキー照明(モノ)というエフェクトが加わりました。

このエフェクトを使えば、撮影した被写体をモノクロにし、背景を白くすることでまるでスタジオで撮影したような写真が作れるということです。

iPhoneXSのカメラ性能でも十分なんですが、iPhone11Proは本当にプロが撮るような写真をたくさん作ることができるので、写真をたくさん撮る人にはiPhone11Proのカメラをぜひ体感してみてもらいたいですね。

下手に撮るのが難しいと言う理由がとてもよくわかります。

CPUとGPU

CPUはスマホの中で最速のA13Bionicを搭載し2つの高性能コアは最大20パーセント速くなり、消費電力は最大で30パーセント少なくなりました。

GPUについても最大20パーセント速くなり、消費電力が最大40パーセント少なくなりました。

簡単に言うと、これによってアプリのゲームや、最新のAR体験をしても処理速度が落ちて画面が固まってしまったりすることなく、快適に動作してくれます

RAM容量はどちらも4GBということだったので、アプリの同時処理などのパフォーマンス性能にはあまり変わりはないようです。

バッテリー容量


バッテリー容量はiPhone11Proが大幅に改善されています。

iPhoneXSに比べて、最大4時間も長く持ちます。

iPhoneXSでもビデオ再生が最大14時間ありましたが、さらに増えて最大で18時間視聴することができるようになりました。

バッテリー容量が足りなくてモバイルバッテリーを持ち歩いていた人にとってバッテリー容量が増えるのはうれしいことですよね。

どちらもワイヤレス充電に対応しているので、挿し込み口の故障を回避することもできますよ。

小さいiPhoneが欲しいなら?

旧モデルのiPhoneXシリーズと最新モデルであるiPhone11シリーズのサイズや重さをはじめ様々な視点から比較してみました。

今、小さいサイズのiPhoneが欲しいのであればどのモデルがいいか少しイメージが沸いたかと思います。

少しまとめていきましょう。

【iPhone11Pro】小さくてカメラ性能・スペック重視

iPhoneXSとiPhone11Proのサイズや重さ、性能などについて比較してみましたが、サイズや重さは若干iPhoneXSのほうが小さくなっていましたよね。

ですが、どちらも同じ5.8インチで手になじむデザインになっているので、小さいiPhoneが欲しい人にはどっちもおすすめしたいです。

その中でもiPhone11Proをおすすめしたいのは、高性能カメラを使いたい人になります。

トリプルカメラの超広角カメラ、ナイトモード、ポートレートモードなどあらゆる機能が搭載されていて、SNSなどに投稿するために様々な種類の写真を撮りたい人にはピッタリのiPhoneではないでしょうか。

それに最新スペックを搭載しており、どんなアプリも快適に操作することができます。

バッテリー容量もアップしているのでたくさん音楽をしてもゲームをしても安心です。

これだけ高性能のiPhoneが5.8インチというサイズに収まっているので、小さいiPhoneが欲しいという人にとってはまさに期待通りのiPhoneではないでしょうか。

価格についても今までに比べてリーズナブルな価格設定になっています。

iPhoneXSよりも性能がいいのにも関わらず、64GBはiPhone11Proの方が安く手に入れることができます。

最新スペックの方が安いということに驚きですよね。

【iPhoneXS】ストレージ容量が大きく軽い

全体的に性能ではiPhone11Proに劣ってしまっているiPhoneXSですが、決して性能が悪いわけではありませんよ。

iPhone11Proの性能が高すぎるだけです。

それに、重さだけで比較すればダントツでiPhoneXSが軽くて持ちやすいです。

長時間片手で操作しても疲れにくく、高さや幅、厚さもiPhone11Proにくらべても小さいので手にすっぽり収まり、操作がしやすくなっています。

iPhoneXSのカメラ機能も、光学10倍デジタルズームに対応しているので、遠いところからでも鮮明な写真を撮ることができます

ポートレートモードでも被写体を際立たせるように背景をぼかすことができ、より印象的な写真を作ることも可能です。


カメラにこだわりがない人にとっては、iPhoneXSでも今までと比べ物にならないほど美しく写真が撮れますよ。

iPhoneXSをおすすめしたいのは、512GBの価格がとても安く設定されていることです。

iPhone11Proの512GBは144,800円ですが、iPhoneXSの512GBはそれよりも20,000円ほど安い122,472円で購入することができます。

動画やゲームアプリなどをたくさん保存するなら512GBないと足りないので、ストレージ容量がたくさん欲しい人は安く購入できるiPhoneXSがおすすめです。

持ちやすい小さいサイズのiPhoneはやっぱりSE?

iPhoneの中でも、小さいサイズのiPhoneについてまとめてきました。

メモ

  • iPhoneXSとiPhone11Proのディスプレイサイズは5.8インチ
  • 重さは177gのiPhoneXSが最も軽い
  • 価格についてはどちらにもほとんど差はないが、512GBならiPhoneXSが約20,000円安い
  • カメラ機能や基本スペックなど全体的にiPhone11Proの性能が高い

iPhoneXSとiPhone11Proで比較してきました。

iPhoneXSは重量が軽く、片手で操作しても疲れにくく、長時間の通話でも邪魔にならないサイズ感になっています。

iPhone11ProはiPhoneXSにくらべて重量はありますが、サイズはさほど変わらず片手で操作しても安定感があります。

サイズだけでみればiPhoneXSがおすすめですが、iPhone11Proは最新モデルなので機能や性能がiPhoneXSに比べて非常に高いうえに、価格もiPhoneXSとさほど変わりがないのでiPhone11Proもおすすめです。

どちらのiPhoneも手になじむフォルムで、他のiPhoneと比べても操作がしやすいサイズです。

しかし、小さいサイズのiPhoneで多くの人がイメージするのがSEではないでしょうか。

現在、後継機であるiPhoneSE2の発売に関してはいろいろ噂されています↓

【代わりの機種がない】iphoneSE2は発売しない?可能性ある発売日を大予想!

もし、iPhoneSE2が発売されたらコンパクトサイズでは圧倒的な存在感になることは間違いないでしょう。

ただ、現状はSE2を期待するのは望み薄なので小さいiPhoneに買い替えを検討していた人はぜひお店で実際の機種を触ってみてくださいね。

-iPhone

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.