コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

iOS11.4では7日でパソコンとのUSB接続が自動的に切断するように

iOS 11.4 beta iOS

iOS11.4ではiOSデバイスをMacやPCにつないでから7日経過した際にデータ接続を切断するようになるという。もちろん、これはセキュリティ上の観点から行われるアップデートだ。

データ接続は切断されても充電は行われるそうだ

iOS11.3のベータ版にもこの機能が含まれていたが、正式版からは取り除かれた。

今回のニュースは私たちにとって良いことだろう。通常、私たちは7日間もPCにiPhoneやiPadをつなぎ続けることはない。あったとしてもデバイスがロックされたら再度アンロックすればいいだけだ。

このアップデートはGrayKeyと呼ばれるiPhoneのパスコード解読装置の対策として考案されたと考えらている。

GrayKeyと呼ばれる装置ではiPhoneのパスコードのシステムをコピーし、装置内に保存する。そして、パスコードを入力し、制限回数に達したところでコピーしたシステムをiPhoneに復元し、再度制限回数0からやり直す。

iOS11.3以前ではこの装置を使えば無制限にパスワードの入力ができる。

しかし、今回のアップデートが行われればiPhoneが7日で切断されるため、7日で最初からやり直しになる。パスコードのパターンは膨大な量になるので7日ですべてのパターンを試すのは難しいだろう。

GrayKeyは法的機関にのみ販売されている装置なので、警察などの捜査にAppleが反協力的なのがわかる。しかし、自社製品の信頼性という面から見ればデバイスがアンロックされる可能性を最大限潰すことは当然だろう。

記事中に記載されていないことでもコメント、もしくはフォーラムで質問していただければ解決策が見つかる可能性があります。もし、解決しない問題があれば下のコメント欄かフォーラムに書き込んでください。

iOS
Edge of Techをフォローする
Edge of Tech

コメント