iPhone

iPhone 12 miniのサイズ・スペック予想|5Gやカメラ性能はどうか?

2020年に発売予定の最新モデルiPhone 12では、iPhone 11のように

スタンダードモデルのiPhone 12と上位モデルのiPhone 12 Pro・Pro Maxの3種類が予定。

さらに新たにコンパクトサイズのiPhone 12 miniが登場するという情報があります。

iPhone 12で登場予定のiPhone 12 miniのサイズがどのくらいなのか知りたい

iPhone 12 miniも5Gに対応する?

カメラ性能はどうなの?

など、iPhone 12 miniの気になるサイズやスペックについての情報をまとめました。

iPhone 12 miniは、2020年4月に発売されたiPhone SE2よりも小さいサイズで登場するとのことなので、サイズのイメージとしては初代iPhone SEに近いということになります。

ポイント

・高さ130.8mm×幅63.75mm

・5.4インチディスプレイ

・5G(sub6帯)に対応

・広角(1200万画素)×超広角(1200万画素)のデュアルカメラ

・A14 Bionicチップ搭載

・128GBと256GBの容量

・顔認証・指紋認証(埋め込み型)

コンパクトサイズのiPhoneが欲しいという人にとっては、まさに希望通りのサイズ。

iPhone 12 miniのスペックについても、最新のプロセッサを搭載・高性能カメラ搭載など、最高のスペックを搭載予定。

iPhone 12 miniの詳細なサイズ、スペックのリークされている情報をまとめています。

現時点では全てのiPhone 12 miniの情報は予想になります

iPhone 12 miniのサイズ

iPhone 12 miniの本体サイズ

  • 高さ130.8mm
  • 幅63.75mm
  • ディスプレイサイズ5.4インチ

iPhone 12miniのサイズは、初代iPhone SEとiPhone SE2の中間くらいのサイズになると予想されています。

高さディスプレイサイズ
iPhone 12mini130.8mm63.75mm5.4インチ
初代iPhone SE123mm58mm4インチ
iPhone SE2138mm67mm4.7インチ

iPhone SE2ではサイズが大きすぎる、初代iPhone SE並みの小ささが欲しいという人にピッタリのサイズ感です。

iPhone 12 miniはホームボタンがないフルスクリーンになると言われています。

ディスプレイの大きさは初代iPhone SEやiPhone SE2よりも大きい5.4インチのディスプレイを搭載。

コンパクトサイズでもディスプレイサイズはiPhone 8 plusくらいの大きさなので、動画視聴やゲームプレイは大きい画面で楽しめます。

iPhone 12 miniの本体デザイン

iPhone 12 miniの本体デザインは、iPhone 5や初代iPhone SE、最近発売されたiPad Proのようなスクリーンが平になり、直線のエッジを残した角のあるデザインになるようです。

iPhone X以降iPhoneのデザインはあまり変更がありませんでしたが、iPhone 12シリーズで大きく変わることになります。

ディスプレイについても、ノッチの小型化、ベゼルも狭小化した新しいデザインになると予想されています。

ノッチやベゼルをギリギリまで小さくすることで、ディスプレイの占有率がますます高くなるようですね。

背面デザインについては、iPhone 11Proと同じ左上に正方形のカメラユニットを配置。

iPhone 12 Proでは4つのカメラレンズ、iPhone 12miniの場合は2つのカメラレンズが搭載されます。

iPhone 12 miniの素材は、iPhone 11やiPhone SE2と同じアルミニウムが使われるようです。

フレーム部分については、iPhone 4のようなメタルフレームが採用される可能性があります。

カラーバリエーション

iPhone 12シリーズのカラーバリエーションは、iPhone 11シリーズと同様に、上位モデルとスタンダードモデルでカラーバリエーションが異なる可能性があります。

iPhone 12 miniについては、iPhone 11と同じような6色程度のカラフルな機種になるようです。

ブラック・ホワイト・レッド・イエロー・グリーン・パープルなどのカラバリが予想されています。

ゴールドやピンクなどのカラーが登場するという噂もあります。

iPhone 12 miniのスペック

ここからは、iPhone 12 miniが5Gに対応しているのか、カメラ性能はどうなるのかなど、スペックについて噂されている情報を元に予想しています。

5Gに対応する(sub6帯のみ)

iPhone 12シリーズは、全モデルで5G対応予定になっています。

iPhone 12 miniは5G対応周波数帯のうち、sub6帯のみに対応するという情報があります。

5Gサービスは、sub6帯とミリ波帯と呼ばれる2つの周波数帯を利用する通信サービスのことを指します。

ミリ波帯の方がsub6帯よりも周波数帯が高く、sub6帯よりも高速・大容量のデータ通信が可能になります。

とはいえ、国内ではまだ全国で利用できるほどの整備はされておらず、しばらくはスポットでの利用となる予定です。

sub6帯だけでも4Gよりもずっと速いデータ通信が行えますし、国内の5Gサービスはsub6帯をメインで利用することになると言われています。

iPhone 12 miniがミリ波帯に対応していなくても5Gサービスは快適に利用できると考えられます。

広角・超広角のデュアルカメラを搭載

iPhone 12 miniのカメラ

  • 広角:1,200万画素
  • 超広角:1,200万画素

iPhone 12 miniは、iPhone 11と同じく1,200万画素の広角と超広角のデュアルカメラを搭載する予定です。

搭載されると予想されるカメラ機能

  • 光学ズームアウト、デジタルズーム
  • ポートレートモード
  • ポートレートライティング
  • 光学式手ブレ補正
  • パノラマ撮影
  • 天体撮影が可能になるナイトモード
  • さらに進化したスマートHDR
  • 4Kビデオ撮影
  • マクロ撮影モード(←NEW

iPhone 12 miniのカメラ機能は、iPhone 11で搭載されていた機能は標準搭載となり、各機能の性能を向上させています。

iPhone 12 miniの超広角レンズは、iPhone 11よりもさらに明るく撮影できるF値が1.8よりも小さいレンズを搭載するようです。

薄暗い場所での撮影もフラッシュなしで明るくはっきりと撮影することができるので、場所を選ばずいつでも写真を撮ることができますよ。

iPhone 12 miniには、新たにマクロ撮影モードが搭載される予定です。

被写体に2.2センチまで接近して撮影でき、目に見えない小さい世界を撮影することが可能になります。

iPhone 11シリーズで初めて搭載されたナイトモードは、iPhone 12ではさらに性能が高くなって、夜空の天体まで撮影することができるほど明るく撮影することが可能になるようです。

スマートHDR撮影についてもさらに精度が向上。

風景などの撮影時の写真がiPhone 11よりももっと美しく、はっきりと撮影することが可能になります。

プロセッサにA14チップと第4世代のNeural Engineが搭載

iPhone 12 miniには、最新のA14 Bionicチップと第4世代のNeural Engineが搭載されると予想されます。

iPhone 11やiPhone SE2には、最新のA13 Bionicチップが搭載されていますが、それよりもさらに高性能で、高速データ処理が可能なります。

5Gサービスのような大容量データ送受信でも、安定した動作で快適に操作することが可能なくらいの高性能プロセッサになるので、A13 Bionicチップ以上の高性能化が期待できます。

ストレージ容量は128GB/256GB

ストレージ容量

  • 128GB
  • 256GB

iPhone 12 miniのストレージ容量は、128GBと256GBの2つになるようです。

64GBについては、今回は登場しないと言われています。

また、外部メモリについては、従来どおりiPhone 12 miniでも非対応です。

顔認証・内臓型指紋認証を搭載

生体認証機能については、iPhone 12 miniには顔認証(Face ID)とディスプレイ埋め込み型の指紋認証(Touch ID)の両方に対応する可能性があります。

Face IDは、iPhone X以降のiPhoneシリーズに搭載されてきた顔認証機能であり、iPhone 11シリーズよりもさらに精度は上がっているようです。

ディスプレイ埋め込み型の指紋認証については、今までiPhoneには搭載されることはありませんでした。

androidスマホでは搭載される機種が増えてきたこともあり、iPhoneにも搭載される可能性が高まっています。

ディスプレイ埋め込み型なら、ホームボタンがないフルスクリーンで利用することができます。

顔と指紋の両方の生体認証が対応していれば、シーンに応じて使い分けができて快適になりますね。

有機ELディスプレイ

iPhone 12 miniのディスプレイは、有機ELディスプレイ(Super Retina XDRディスプレイ)が搭載される見込みです。

イヤホンジャックには非対応

イヤホンジャックの復活が期待されていますが、iPhone 12 miniでも残念ながらイヤホンジャックは非対応となるようです。

今までiPhoneには有線の純正イヤホンが同梱されていましたが、

iPhone 12ではワイヤレスイヤホンのAir podsが同梱されるかもしれない…

という噂もあります。

Air podsのようなワイヤレスイヤホンを持っていない人は、iPhone 12 miniを購入すれば無料でAir podsが手に入る大チャンスになるかもしれません。

ワイヤレス・供給受電に対応

iPhone 12miniは、ワイヤレス充電に対応予定です。

さらに、iPhone 12 miniでは、Air podsなどのガジェットの充電ができる供給受電にも対応する可能性があります。

供給受電に対応すれば、外出中にAir podsの電池がなくなってもiPhone 12 miniで簡単に充電ができるようになります。

iPhone 12 miniのスペックまとめ

ポイント

初代iPhone SEとiPhone SE2の間くらいのコンパクトサイズ

ホームボタンなしのフルスクリーン搭載で、5.4インチディスプレイ

iPhone 5や初代iPhone SE、最新のiPad Proのようなフラットデザイン

iPhone 11のようなカラーバリエーションで6種類程度になる

5G対応

デュアルカメラ搭載で新たにマクロ撮影モードが追加される

最新のA14 Bionicチップ、第4世代Neural Engine搭載

Face IDとディスプレイ埋め込み型Touch IDに対応

iPhone 12 miniのサイズやカメラ性能や5G対応などのスペックについてまとめました。

iPhone SE2もコンパクトサイズで人気が高くなっていますが、iPhone 12 miniはもっとコンパクトになるので、片手で操作がしたい人や、持ち運ぶのに大きすぎるスマホでは邪魔になるという人にピッタリのサイズになります。

カメラ性能も、iPhone 11よりもさらに進化した高性能カメラが搭載される見込みです。

まだわかっていないスペックや機能も多いですが、全体的にスペックが高いということは間違いありませんので、今後の情報に期待して発表を待ちましょう。

スポンサードリンク

-iPhone

© 2020 スマホログ