iPhone

iPhoneお風呂でも使えるモデルは?防水性能の見かたを解説

お風呂にのんびりとつかりながら、iPhoneが使えたら退屈しませんよね。

LINEをしたり動画を見て過ごすこともあるでしょう。
長風呂をしていて連絡に気づけなかったと言うことも避けられます。

しかし、iPhoneをお風呂でも使っても良いのでしょうか?

大丈夫と思って油断していると、水没になってしまいます。

今回は、iPhoneユーザーがお風呂でiPhoneを使う際に気をつけたいポイントを説明していきます。

iPhoneの防水性能について

iPhoneは、数年前まで防水機能は搭載されていませんでした。

しかし、iPhone 7が発売されて以降の機種には、防沫性能・耐水性能・防塵性能が備わりました。
Appleは防水性能と言わず「耐水性能」と案内しています。

下記のiPhoneは、国際基準のIEC規格60529に基づくIP68等級かIP67等級に対応しており、これらのすべての機種は最低でも水深1mまで最長30分に耐えることができるとされています。

ポイント

iPhone SE(第2世代)
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus

「IP68」とか「IP67」と言う数字は、左側の数字が防塵性能を表し右側の数字が防水性能を表しています。
防塵性能は6段階、防水性能は8段階で表され、数字が大きい方が高性能とされています。

iPhone XR以降のモデルであれば、ジュースやビール、紅茶のような一般的な飲み物をこぼしてしまっても耐性があるとされていますが、万が一こぼれてしまったらその部分を水道水で洗ってからしっかりとiPhoneを乾かしましょう。

耐水性能が備わっているからと言って、iPhoneをそのまま持って入浴したり泳ぐのはやめましょう。
また、水圧の強い水やサウナなどに持っていっても壊れる原因となります。

海水も同じです。
Appleの公式ホームページでは海水には触れていませんが、サビの原因や故障の原因になるのでお勧めしません。

耐水性能の試験は、真水・常温・水の動きがない状態でされています。
そのため、海で落としてしまったとかお風呂の中に落としてしまったと言う場合は、故障のリスクが高くなります。

Appleは、「防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります」と述べているので、水には弱いと思っておいた方が良さそうです。

画面が割れていたり本体が損傷していると、耐水性能はなくなります。
あくまでも耐水は、新品の状態が維持されていればの話です。
さらに、Apple正規プロバイダ以外で修理した方も修理工程で耐水性能がなくなってしまうそうです。
怖いですね、、、

もちろん水濡れによる故障は保証対象にはなりません。

お風呂でiPhoneを使うには?

上記で案内した耐水性能が備わっているiPhoneについてはお風呂で使用しても良いような感じがしますが、そこには注意しなければいけない点がいくつかあります。

まず、Appleのホームページでも案内されていますが、そのままiPhoneを持って入浴するのはやめましょう。

精密機械なので耐水性能が備わっているとは言え、水や湿気には弱いです。
耐水性能のテストは真水や常温水で行われているため、40度前後のお湯ではテストされていないのと同じです。

よくYouTuberが、「iPhoneをお風呂で使って性能が悪くなった」という動画をあげていますが、そうなってしまうのは当然かなと、、、

ましてや、お風呂場であれば、石鹸やシャンプーの泡が混じっているかもしれません。
そのような水がiPhoneに触れてしまうと、故障の原因になりかねません。

もしお風呂で使用したいのであれば、ジップロック等のファスナー付きのプラスチックバッグがおすすめです。

100%ではありませんが、液体を含んだ食べ物を入れても漏れないので、密閉性が高いです。
ただ、お風呂の中で使うのは自己責任です。

ジップロックは必ずこまめに変えて、破れていたり穴が開いていないかを確認しながら使用しましょう。

また、防水性能の備えたケースも販売されていますが、基本的には簡易防水なので信用しきるのは良くありません。

充電しながらiPhoneを使うのは、もってのほかです。
感電死のリスクが高いです。

日本ではスマホを充電しながらお風呂で使用する人は少ないですが、海外では多くの人が使用しており、亡くなっている人も多数います。
命に関わるので絶対にやめてください。

お風呂でiPhoneが濡れてしまった時の対処法

万が一、お風呂でiPhoneを水没させてしまったら、Lightningポートにも影響が出てきます。

耐水性があるからと言って、Lightningポートの接続が必ずできると思う言い切れません。

Lightningケーブルを差し込む場所を濡れたまま放置しておくと、充電できなくなることがあります。

Lightningポートにアクセサリー類を接続する場合は、最低5時間は乾かしてからにしましょう。

さらに、Lightningポートが濡れた状態で充電をしたり電源を入れると、ショートしてしまうのでやめてください。

水以外の液体で濡れてしまった場合は、その部分を水道水ですすぎ、レンズクロス等でしっかりと拭き取りましょう。

SIMトレイ等にも水が入っていないか確認して濡れていたら余分な水を出して、風通しの良い乾いた場所でiPhoneを自然乾燥させましょう。
(高温の場所では乾かさないでください)

マイクやスピーカーに水が入ってしまった場合は、水が完全に蒸発するまで性能が低下することがあります。
どのような状況にしても、iPhoneが濡れたら必ず乾かす!
乾燥させることが重要です。

水没でキャリアで修理をする場合はデータは無くなりますが、丸ごと新品同等品と交換となります。

非正規店で修理をするとデータが戻る可能性は高いですが、部品を乾かしたりの修理となるようでiPhoneが本当に良い状態にはなりません。
修理依頼する際は、正規プロバイダで行うことをお勧めします。

iPhoneをお風呂で使えるモデルのまとめ

iPhoneの耐水性能は過信しすぎないでください。

iPhoneをそのままお風呂場に持ち込んだり、海水につけたりするのは絶対にやめてください。

お風呂でリラックスしたい時は必ず対策して、iPhoneはこまめにバックアップを取ったほうが良いです。

-iPhone

© 2020 スマホログ