コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

iPhone SE 2が2018年7月に発売か、スペックの予想

iPhone SE 2のコンセプト画像 iPhone

2016年3月に発売されたiPhone SEを覚えている方はいるだろうか。

Appleの最近の話題と言えばiPhone Xだが、そのような高価なスマートフォンよりも手の届きやすい価格のスマートフォンを求める人もいるだろう。

もしあなたが低価格のiPhoneを求めているのならばこのニュースは朗報だ。

China Economic Dailyは2018年の7月にAppleがiPhone SE 2を発売する可能性があると報じた。

下の動画はドイツのテクノロジーメディアであるCURVEDが発表したiPhone SE 2のコンセプト映像だ。

この映像ではiPhoen SEのディスプレイがベゼルレスになり、ホームボタンが撤廃された場合のデザインをiPhoen SE 2のデザインとしている。

画面サイズは4インチであり、価格は450ドル(45,000円)だ。サイズと値段は発売当時の初代iPhone SEと変わらない。

今のところAppleからの正式な発表は無いが、2018年7月はiPhone SE 2が発売されてもおかしくない時期だろう。

今回はiPhone SEのスペックを基にしてiPhone SE 2のスペックを予想する。

関連

iPhone SE vs iPhone 6s

初代iPhone SEはiPhone 5s/5cのスペックに近くなると予想されていたが、最終的には半年前に発売されたiPhone 6sに近いスペックで発売された。

初代iPhone SEのプロセッサはA9チップ、RAMは2GBであり、これはiPhone 6sと同じだ。また、発表されたバッテリー持続時間もiPhone 6sと同じだったため、iPhone SEを廉価版と考えていた人たちは驚いた。

逆にiPhone 6sに搭載されたがiPhone SEに搭載されなかった機能は3D Touchだ。

iPhone 6siPhone SE
価格
16GB:
64GB:
86,800円
98,800円
58,800円
64,800円
チップA9
RAM2GB
バッテリー
通話時間:
インターネット利用:
14時間
11時間
14時間
13時間
アウトカメラ1200万画素
インカメラ500万画素120万画素
4K撮影可能可能
サイズ4.7インチ4インチ
3D Touch有り無し
ローズゴールド
シルバー
スペースグレー
ゴールド
ローズゴールド
シルバー
スペースグレー
ゴールド

iPhone SE 2のスペック予想

初代iPhone SEのスペックを考慮すると2018年発売されるiPhone SE 2はiPhone Xと同等の性能を持つのではないかと予想される。

つまり、A11Bionicプロッセと3GBのRAMが搭載される可能性が高い。だが、iPhone 6sで最新機能として登場した3D touchが初代SEに搭載されなかったことを考慮すると、iPhone Xで最新機能として登場したFace IDは搭載されないかもしれない。

しかし、iPhone SE 2がベゼルレスディスプレイになるのであれば、ホームボタンを撤廃しなければいけないため、Face IDが搭載される可能性は高い。

初代iPhone SEから予想されるiPhone SE 2のスペック

iPhone XiPhone 8iPhone SE 2
価格
64GB
112,800円78,800円64,800円
チップA11Bionic
RAM3GB2GB
バッテリー
通話時間:
インターネット利用時間:
21時間
12時間
14時間
12時間
14時間
14時間
アウトカメラ 12メガピクセル×2
F値:1.8、2.4
 12メガピクセル
F値:1.8
 12メガピクセル
F値:1.8
インカメラ 7メガピクセル
F値:2.2
7メガピクセル
F値:2.2
 5メガピクセル
F値:2.4
Face ID 有り?
ディスプレイ 5.8インチ
OLEDディスプレイ
4.7インチ
液晶
 4インチ
液晶
シルバー
スペースグレイ
スペースグレイ
シルバー
ゴールド
ローズゴールド
シルバー
スペースグレー
ゴールド
背面ガラス
ワイヤレス充電
有り無し

この表のiPhone SE 2の欄は全て筆者の予想なので過信しないでほしい。

iPhone SE 2スペック予想の理由

価格

価格はChina Economic Dailyが報道した情報だ。筆者自身もiPhone SE 2が販売されるのならばこの価格が妥当なのではないかと思う。

チップ、RAM

チップはA11Bionicと予想して間違いないだろう。理由はiPhone Xに限らず、iPhone 8でもA11Bionicが使用されているからだ。しかしRAMは2GBになると筆者は予想する。iPhone 8に搭載されているRAMは2GBであり、SEにiPhone 8よりも高性能なRAMが搭載されるとは考えずらいからだ。

バッテリー

バッテリーはiPhone 8のバッテリー持続時間+αと言ったところだろう。画面が小さいため、iPhone 8よりもバッテリー持続時間が長くなると予想される。

カメラ

アウトカメラとインカメラのスペックはiPhone 8の数値を載せているが、インカメラに関してはこの数値よりも下がる可能性がある。なぜなら初代iPhone SEはiPhone 6sと比べてインカメラのスペックのみが下がっていたからだ。

Face ID

初代iPhone SEに3D Touchが搭載されなかったことを考慮すると新機能はSEに搭載されないのではないかと思う。しかし、3D TouchとFace IDでは機能の種類が異なるため、一概にiPhone SE 2にFace IDが搭載されないとは言えないだろう。

ディスプレイ

ディスプレイに関しても予想が難しい。スマートフォン業界の流れではこれからOLEDディスプレイを搭載した機種が増えていくはずだが、SEのような安価なスマートフォンにも搭載されるかはわからない。もし、iPhone SE 2にOLEDディスプレイが搭載されることになれば売れ行きは爆発的に伸びるだろう。

その他

色は今まで通り4色のカラーバリエーションだろう。また、ガラス背面やワイヤレス充電のような無くても困らない機能は価格を抑えるために搭載されないだろう。

eye-caching image credit: CURVED

記事中に記載されていないことでもコメント、もしくはフォーラムで質問していただければ解決策が見つかる可能性があります。もし、解決しない問題があれば下のコメント欄かフォーラムに書き込んでください。

iPhone
Edge of Techをフォローする
Edge of Tech

コメント