コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

iPhone SE2がフルスクリーンにならない理由

iPhone

iPhone SE2が5月か6月に発表される可能性がかなり高まっているが、どのようなデザインでどのようなスペックになるのかは未知数だ。

しかし、中国のECサイトではiPhone SE2のケースと称された品が販売されており、そのケースの形状をみる限りではiPhone SE2はiPhone Xのようなノッチを搭載し、ホームボタンを無くしたデザインだと見受けられる。

また、数多くのリークで有名な/LEAKSが公開した保護フィルムの画像もiPhone SE2がiPhone Xと同じ形状になることを示している。

しかし、筆者はiPhone SE2がフルスクリーンにはならないと考える。

なぜなら、顔認証を行うTrueDepthカメラは製造コストが高く、低価格帯向けのiPhone SE2には搭載できないからだ。もし、iPhone SE2がフルスクリーンになるのであれば、5万円代と言われている価格が6万円代にはなるだろう。

そして、iPhone SE2が6万円代のスマートフォンになれば9月発売予定の6.1インチiPhoneとの差別化ができなくなる。そうなればマーケティングは失敗だ。

中国のスマートフォンケース業者がiPhone SE2発売直後からケースを販売したいために憶測でケースを製造しているのではないかと考えることもできる。

中国のケース業者によればiPhone SE2はフルスクリーンになるということだが、Appleのマーケティング戦略を考えれば初代iPhone SEに近いデザインが最も妥当だと考えられる。

eye-catching image credit Алексей Ведерников

記事中に記載されていないことでもコメント、もしくはフォーラムで質問していただければ解決策が見つかる可能性があります。もし、解決しない問題があれば下のコメント欄かフォーラムに書き込んでください。

iPhone
Edge of Techをフォローする
Edge of Tech

コメント