iPhone

【選び方】中古iPhoneを買う注意点|どこで買うのが安心か?

価格が安いことにより多くの人から注目されている中古のiPhone。

新品同等まではいかなくても、人気のiPhoneが利用できてその値段は新品の半分以下のものもあります。

ただし、中古のiPhoneを購入するときは、注意をしなければいけないことがあります。

ポイント

ネットワーク利用制限(赤ロム)の確認

アクティベーションロックがかかっていないか確認

保証の確認

・オークションやフリマ購入なら出品者の確認

上記の注意点をふまえ、この記事では中古iPhoneを購入する際の注意点や選び方をまとめています。

中古iPhoneを買う際の注意点

「できることなら新品のiPhoneを使いたいけど、値段が高いし子供に持たせるのであればすぐに壊してしまう可能性もあるから」

と、中古のスマートフォンを購入する家庭も増えています。

その中でもiPhoneは、とても人気です。

最近はケースやフィルムを装着して利用するユーザーが増えているため、中古のiPhoneも状態の良いものが増えています。

iPhoneであれば何でも良いと言うユーザーにとってみれば、格安のiPhoneが中古販売店で売られていたら新品よりそちらを選びますよね。

安い機種と格安SIMを組み合わせて利用すれば、通信費も安く抑えられます。

格安SIMのユーザーの多くが中古のスマホを購入しており、格安SIMの増加とともに中古端末の需要が高まっています。

中古のiPhoneを購入することはたくさんのメリットがありますが、トラブルを回避するために注意をしなければいけない点もあります。

赤ロムiPhoneに注意

赤ロムとは、キャリアが何らかの理由でネットワーク利用制限をかけ、利用ができなくなる端末のことです。

何らかの理由とは、

機種代金の支払いが滞っていたり

不正な契約や盗難されている

上記のような端末であることを指します。

利用制限がかかることにより、ディスプレイ内のアンテナ表示が赤色になるため、赤ロムと言われています。

その端末が不正に使用されることを防ぐため、キャリア側でネットワーク制限をかけます。

その為、中古で購入して最初は使えていても、ある日突然通信ができなくなったと言うこともあり得ます。

多くの中古販売店では、赤ロムの買取ができなかったり、万が一赤ロム現象が出た時は交換や返金をしていますが、一度販売した端末はいかなる理由であれ返品ができないと記載している店舗もあるので事前にしっかりと調べておきましょう。

特に、オークションサイトの個人間のやりとりは気をつけて下さい。

もともとAppleなどで販売されているSIMフリーのiPhoneであれば、赤ロムにならないので、少し値段は高くなりますが安全ですよ!

ネットワーク利用制限の確認方法+

インターネットで「ネットワーク利用制限確認」と検索すると、各キャリアのネットワーク利用制限携帯電話機照会がトップに出てきます。

例えばauであればこのような画面が表示されます。

ネットワーク利用制限にかかっているかどうかを調べる際に必要なのが、IMEI(半角数字15桁) もしくはMEID (半角数字14桁)です。

iPhoneでは、「設定」→「一般」→「情報」の下部に記載されています。

このIMEIを入力して進むと、確認が取れます。

「状態」に◯△×のいづれかが表示されるので確認して下さい。

×は、ネットワーク利用制限がかかっています。

△は、機種代金が残っているため今後支払いが滞れば利用ができなくなる可能性があります。

◯は、ネットワーク利用制限対象外です。

簡単にチェックできるので、参考にしてくださいね。

各キャリアのネットワーク利用制限確認サイトは、以下のとおりです。

SoftBankはこちら
ドコモはこちら
auはこちら

しかし、赤ロムはもう少し気をつけなければいけないことがあり、端末の状態が「◯」だからと言って、ずっと◯のわけではありません。

調べられるのは現時点の情報なので、「◯→△」や「△→◯」に変化することもあります。

購入する時は、赤ロムの可能性が最も低い「◯」を選ぶと安心です。

販売店により、ネットワーク利用制限の状況を記載しているところもあります。

アクティベーションロックされているiPhoneに注意

iPhoneには、「アクティベーションロック」と言う機能があります。

万が一、盗難や紛失にあったりしても第三者に使用されないよう保護する機能です。

アクティベーションロックがかかっていれば、第三者が利用者の許可なしにデバイスをアクティベートすることはできません。

初期化をしても必ず利用者のApple IDとパスワードが必要。

アクティベーションロックをかかっているiPhoneはiPhoneの価値がないと言っても良いでしょう。

中古でiPhoneを購入するときは、アクティベーションロックの解除がされていることを必ず確認しなければいけません。

大手中古販売店であれば大丈夫だと思いますが、オークションやメルカリのような個人間でやりとりをする場合は、出品者がアクティベーションロックのことを知らない可能性もあります。

Apple IDとパスワードを教えてくれる可能性は低いので気をつけましょう。

保証は無いに等しい

中古で販売されているもののほとんどが、2年以上利用されているものです。

iPhoneは、新品を購入してから1年間のメーカー保証があります。

もしメーカー保証が残っているiPhoneがあれば、それを購入した方が購入直後に故障した場合もメーカー保証で直すことが可能です。

iPhoneの保証サービスは、Appleのホームページより確認が可能です。

保証が切れているiPhoneは、購入直後に故障が判明したとしても自己負担で直さなければいけません。

端末が安ければ安いほど、電池の持ちが悪かったり電源が入らない場合もあります。

その時のリスクも考えて購入しましょう。

中古販売店の中には、独自の端末保証を行っている店舗もあります。

購入前に調べておくと安心です。

中古iPhoneはどこで買う?

中古iPhoneはどこで買えるのか見ていきましょう。

実店舗の中古販売店で購入する

街中に店舗を構えている中古販売店であれば、実際に自分の目で端末の状態を見て購入できるので安心です。

電気屋さんの一角に中古の携帯電話コーナーが設けられていたり、ゲオやソフマップのようなところが有名どころですね。

ネットで購入するのとは異なりすぐに入手ができるため、即日利用することが可能です。

郵送されてくるか心配することもありません。

実店舗のため店舗費や人件費がかかっているので、価格がECサイトよりも高く設定されていたり品数が少ない可能性はあります。

オークションやフリマアプリで購入する

オークションやフリマアプリで中古のiPhoneを購入する場合、中古販売店で販売されているiPhoneより安い価格が設定されていることが多いです。

出品者に値段の交渉もできるので、かなり安く手に入れることも可能です。

多くのiPhoneが出品されているため、選択肢が多いのもメリットです。

しかし、デメリットもあります。

個人間のやりとりになるため、アクティベーションロックがかかっていたり、赤ロムの可能性もあります。

出品情報に記載がない場合は問い合わせてみたり、出品者の過去の出品履歴の評価を見て判断するのが良いです。

また、商品が本当に手元に届くかの不安があります。

配送なので早くても1日から2日はかかってしまうので、待っている間ドキドキするかもしれません。

トラブルがない売買が出来る様に、出品者を見極めましょう。

ECサイトで購入する

Yahoo!ショッピング楽天市場などのような通販サイトで購入することも可能です。

多くの商品が取り扱われており、商品の状態もS・A・B・Cのようなランクで書かれているので安心して購入できます。

他のECサイトと比較することで、より安く機種を手に入れることができます。

クリーニングや消毒、データの初期化など専任スタッフが検品しているサイトが多いのもメリットです。

一方で、一部のECサイトでは入金しても商品の発送がなかったり連絡をしても返事をくれない悪質なショップもあります。

トラブルに巻き込まれないように調べてから購入しましょう。

中古iPhoneを買う場合の注意点まとめ

中古iPhoneの選び方

  • ①ネットワーク利用制限の確認
  • ②アクティベーションロックがかかっていないことを確認
  • ③保証内のiPhoneを探す
  • ④悪失業者(出品者)を避ける
  • ⑤SIMフリーiPhoneがおすすめ

中古ならではの注意点がたくさんありますが、今後スマホの中古市場はどんどん盛り上がっていくでしょう。

高性能なiPhoneは昔は2年くらいで使えなくなっていましたが、今は3〜4年ほど利用できます。

だからこそ、使えたらそれで十分と思うユーザーが中古に注目します。

格安SIMと中古iPhoneの組み合わせは最強です。

上手にiPhoneを買えば、その分節約もできますよ!

-iPhone

© 2020 スマホログ