コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

Face IDの故障はリアカメラが原因?Appleのサポート文書からわかることとは

iPhone X iPhone

MacRomousによると、AppleはiPhone XのFace IDの不具合に関するサポート文書を小売店とサービスプロバイダに配布したという。

サービスプロバイダとはApple公認の修理店

サポート文書によると、Face IDの動作に問題を抱えた顧客が来店した場合、小売店やサービスプロバイダの従業員はリアカメラの修理によってFace IDの不具合を解決できるかを確認するという。

それでも解決しないと判断された場合はユニット全体が交換される。

Face IDの不具合にも関わらず、リアカメラの確認を行うことを疑問に思う人も多いだろう。しかし、Appleのサポートコミュニティではリアカメラが故障するとFace IDが作動しなくなるという報告がいくつかある。

これはFace IDを実行するTrueDepthカメラとリアカメラの望遠レンズが接続されているいるために起こる現象だという。ちなみに、広角レンズとフロントカメラも接続されているそうだ。

iPhone Xのリアカメラに搭載されている2つのレンズのうち、上側が広角レンズ、下側が望遠レンズだ。

だから、iPhone Xに複数搭載されているカメラの中で、どれか1つを壊した場合、他のカメラも連動して故障する可能性があることを覚えておこう。

credit William Hook

記事中に記載されていないことでもコメント、もしくはフォーラムで質問していただければ解決策が見つかる可能性があります。もし、解決しない問題があれば下のコメント欄かフォーラムに書き込んでください。

iPhone
Edge of Techをフォローする
Edge of Tech

コメント