iPhone

【iPhoneXRとXS】違いを徹底比較した結果おすすめポイントが判明!

更新日:

iPhoneXSが2018年9月21日に発売され、iPhoneXRはその約1か月後の10月26日に発売されました。

発売時期がほとんど同じなので、「どっちも同じじゃないの?」「違いって何?」と思っている人が多数います。

機能面での違いはもちろんそうですが、iPhoneXRとiPhoneXSではデザインのイメージもガラリと変わっていることも大きな違いでしょう。

iPhoneXRはiPhoneXSの廉価版といわれていますが、iPhoneXRにはiPhoneXRのおすすめしたい部分があります

iPhoneXRとiPhoneXSのスペックの違い、サイズや価格などいろんな目線で比較しそれぞれのおすすめポイントをまとめています。

iPhoneXRとiPhoneXSどちらに機種変更するべきか、と検討中の人はぜひ参考にしてくださいね。

注意

2019年9月20日にiPhone11が発売されたことで、旧モデルの販売が終了する傾向があります。

2019年10月現在、すでに旧モデルにあたるiPhoneXRとiPhoneXSの在庫切れが起きています。

つまり、今を逃すと手に入らない可能性もでてきていますので機種変更を検討中の人は確認しておきましょう。

iPhoneXR、XSの在庫一覧

ドコモオンラインショップこちら

auオンラインショップこちら

ソフトバンクオンラインショップこちら

【スペック・デザイン・価格】iPhoneXRとiPhoneXSの違いを徹底比較!

iPhoneXRとiPhoneXS、大きい画面のiPhoneXS MAXの基本スペックをまとめました。
一覧表で違いが一目でわかるようにしたのがこちら↓

iPhoneXR iPhoneXS iPhoneXS MAX
ディスプレイ 6.1インチ
Liquid Retina HDディスプレイ
5.8インチ
Super Retina HDディスプレイ
6.5インチ
Super Retina HDディスプレイ
サイズ 幅75.7mm高さ150.9mm厚さ8.3mm重量194g 幅70.9mm高さ143.6mm厚さ7.7mm重量177g 幅77.4mm高さ157.5mm厚さ7.7mm重量208g
容量 64GB
128GB
256GB
64GB
256GB
512GB
64GB
256GB
512GB
防水性能 IP67等級 IP68等級 IP68等級
プロセッサ A12 Bionicチップ/RAM3GB A12 Bionicチップ/RAM4GB A12 Bionicチップ/RAM4GB
カメラ シングルカメラ
12MP広角カメラ
最大5倍のデジタルズーム
光学式手ぶれ補正
デュアルカメラ
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.4絞り値
2倍の光学ズーム
最大10倍のデジタルズーム
デュアルカメラ
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.4絞り値
2倍の光学ズーム
最大10倍のデジタルズーム
Face ID 対応 対応 対応
バッテリー 連続通話時間最大25時間
iPhone8Plusより1.5時間長い
連続通話時間最大20時間
iPhoneⅩより30分長い
連続通話時間最大25時間
iPhoneⅩより90分長い

ほぼ基本性能に違いはない気もしますが、細かく見るとディスプレイの素材や本体の大きさや重さ、防水性能、カメラ性能に少しずつ違いが見られます。

iPhoneXRとiPhoneXSの機能をそれぞれ比較していきましょう。

一覧で見た通り、プロセッサは同じものを搭載していますので、処理性能や動作速度などはほとんど変わりありません。

しかし、機能別に見ていくと少しずつ違いがあることがわかります。

サイズが小さく持ちやすさ重視か、それとも機能はそこそこ安さ重視か、ユーザーによって欲しい機能はそれぞれですよね。

iPhoneXRとiPhoneXSのどちらが、自分が欲しい機能を搭載しているのか比較する必要があります。

では、多角的にiPhoneXRとiPhoneXSの違いを見ていきましょう。

サイズ・本体の持ちやすさの違い

ディスプレイのサイズはiPhoneXRが6.1インチ、iPhoneXSが5.8インチということでiPhoneXRの方が少し大きめです。

本体サイズもiPhoneXRが幅75.7mm高さ150.9mm厚さ8.3mm、iPhoneXSが幅77.4mm高さ157.5mm厚さ7.7mmとなっていて幅・高さ・厚さのすべてでiPhoneXRが少し大きめに作られています。

3機種を並べるとこのくらいの差が出ます。

比べてみると結構違いますよね、iPhoneXSは幅も小さいのでiPhoneXRが大きく見えます。

サイズは小さめで持ちやすく、片手でのスマホ操作がしたいとの気持ちがあるのであれば、iPhoneXSが最適だといえるでしょう。

カラー・デザインの違い

カラーバリエーションは、iPhoneXRが6色、iPhoneXSが3色です。

iPhoneXRの6色は、ブルー・ホワイト・ブラック・イエロー・コーラル・レッドというバリエーションですが、イエローやコーラルなど明るい色を取り入れています。

明るい色ではありますが、大人が持っても違和感がないような派手すぎない色味になっています。

iPhoneXSは今までのiPhoneシリーズと変わらず、シルバー・スペースグレイ・シルバーのバリエーションでした。

本体の材質にも違いが見られます。

iPhoneXRの本体はアルミニウムを採用し、iPhoneXSステンレススチールを使っています

iPhoneXSのステンレススチールの方が艶と輝きに高級感がありますが、アルミニウムよりも傷が付きやすいというデメリットもあります。

ディスプレイの違い

iPhoneXRのディスプレイは従来のiPhoneと同じく、Liquid Retina HDディスプレイという液晶ディスプレイを採用しています。

このLiquid Retina HDディスプレイも業界最先端で最も正確な色を反映するといわれていて、キレイな発色をしていますが、やはり有機ELディスプレイには敵わないです。

iPhoneXSは前機種のiPhoneⅩと同じく有機ELディスプレイであるSuper Retina HDディスプレイを採用したことにより、高精細であり、高いコントラストによって赤はより赤く、青はより青く、濃淡はよりくっきりと表現されるようになりました。

ストレージの容量の違い

iPhoneXRとiPhoneXSではストレージ容量も違います。

iPhoneXR

64GB、128GB、256GBの3つのストレージ容量から選ぶことができます。

iPhoneXS

64GB、256GB、512GBの3つのストレージ容量になっています。

512GBという大容量が必要ならiPhoneXSを選ぶ必要がありますよ。

iPhoneはSDカードを取り付けることができないので、内部のストレージに保存する必要があります。

写真や動画、音楽やゲームをたくさん保存する人は容量が大きいものを選ぶ必要があります。

ちなみに、写真の保存量の目安は、64GBで50,000枚、256GBで200,000枚の保存ができます。

動画なら、HDで1分ほど動画の場合の目安ですが、64GBなら1,000本、256GBで4,000本くらい保存できます。

写真や動画くらいなら256GBでも全然問題ないという人が多いですが、ゲームをよくする人は、ゲームの容量がひとつのアプリで1GB以上になるものもあるのでストレージには余裕を持っていた方がいいですよ。

iPhoneの本体容量の賢い選び方はこちらの記事も参考にしてください↓

【増設不可?】iPhoneのギガ数(容量)の選び方|用途別におすすめGB数ご提案

カメラ機能の違い

iPhoneXRのカメラはシングルカメラでiPhoneXSは二つのレンズを搭載したデュアルカメラになっています。

iPhoneXSは二つのレンズを搭載したことにより、光学ズームに対応していて、ズームしても画質が荒くならずにキメの細かい画像の写真を撮影することが可能になりました。

それ以外のiPhoneXSに搭載されているカメラ機能はiPhoneXRにも搭載されています。

例えば、1回のシャッターを切るだけで、露出やホワイトバランスを変えた複数の写真を撮影して自動的に最適な仕上がりへと合成する機能なども使えます。

CPU・RAM容量の違い

iPhoneXSもiPhoneXRも同じくA12 Bionicチップという最新のCPUを搭載しています。

どちらも処理性能が高く、処理速度も速くなったため、操作中に動作が遅くなってしまうことはありません。

ただし、RAM容量はiPhoneXRが3GB、iPhoneXSが4GBになっているので、iPhoneXRの方が容量が少ない分、容量不足で処理性能で重たくなってしまうことがあります。

バッテリー容量の違い

スマホを使う上で電池持ちは非常に大切なポイントになりますよね。

iPhoneXRは通話時間最大25時間ということでiPhoneXSの通話時間最大20時間と比べると5時間の差があります。

iPhoneXS MAXもiPhoneXRと同じ通話時間最大25時間となっていますが、iPhoneXRはiPhone8Plusよりも1.5時間も電池持ちが長いのです。

iPhoneXS MAXはiPhoneⅩより90分ほど長くなっただけです。

なので、電池の持ち自体はiPhoneXRが最も長いということになります。

防水性能の違い

防水性能の規格にもそれぞれレベルがあるんですが、iPhoneXRとiPhoneXSで実は防水性能にも少し差があります。

iPhoneXRに搭載された防水性能はIP67等級となっています。

このIP67等級は、水深1メートルの場所に30分間水に落としていても防水性能が保たれているということです。

iPhoneXSはIP68等級になっており、こちらは水深2メートルの場所で30分間の耐水性能があります。

生活している上で水に30分落とすことはあまりありませんが、備えておいて損はないのではないでしょうか。

ちなみに、この防水性能はどちらも水に対しての防水であり、海水やお湯などは対象外です!

海に入れたあとそのままにしておくと腐食していってしまいます。

もし海水に入れてしまったら早めに水道水で洗い流しましょう。

本体価格の違い

iPhoneXSとiPhoneXRの性能や機能について比較してきましたが、価格についても当然差があります。

iPhoneXR iPhoneXS iPhoneXS MAX
64GB 84,800円 64GB 112,800円 64GB 124,800円
128GB 90,800円 256GB 129,800円 256GB 141,800円
256GB 101,800円 512GB 152,800円 512GB 165,800円

iPhoneXRが64GBで84,800円、iPhoneXSの64GBで112,800円です。

28,000円も差がありますが、比べてみると確かにそのくらいの差は出るなと感じました。

有機ELディスプレイ、カメラ性能、RAM容量、防水性能、本体の素材などちょっとずつ違いがあるので、iPhoneXSの方が高くなるのは当然ですよね。

iPhoneXRがiPhoneXSの廉価版であるということがよくわかると思います。

【どっち?】iPhoneXRとiPhoneXSのおすすめポイントを簡単にまとめてみた!

iPhoneXRとiPhoneXSの違いをデザイン、スペックから徹底的に比較してみました。
若干ではあるものの、性能や機能の違いがあるため当然ではありますが実際に使ってみたときの使用感が異なります。

どちらの機種にも長所と短所がありますので、最終的には自分に合った端末を選ぶのがベストです。

しかし、なかなかイメージできない部分もまだあるかもしれません。
iPhoneXR、iPhoneXSを比較した結果をふまえ各機種のおすすめポイントを見ていきましょう。

【iPhoneXR】値段も安く機能も十分

iPhoneXRのおすすめポイントはこちら↓

ポイント

・安価でiPhoneの最新機能を体感できる
・カラーバリエーションが豊富
・電池持ちがいい

CPUが最新のA12 Bionicチップを搭載してあるので、iPhoneⅩよりもさらに性能が向上し、動作速度が速くスムーズな操作ができます。

RAM容量はiPhoneXSより少ないですが、それでもiPhoneXSと変わらない性能を体感することはできます。

例えば、Face IDのロックを解除する速さなどもA12 Bionicチップによって瞬時に解除されます。

また、カメラ機能についてもシングルカメラでありながら、深度コントロールと背景のボケ調整の機能によるポートレートモードに対応しているので、一眼レフで撮影したような写真を撮ることを可能にしています。

光学ズーム以外のカメラ機能はiPhoneXRでも搭載されているので、あまり写真を撮ったりしない人やカメラに興味がない人はiPhoneXRでも今までよりもキレイな写真を撮ることができます。

電池持ちについても、iPhoneXSよりiPhoneXRの方が電池が長く持つので、外出中も快適にiPhoneを使うことができます。

iPhoneXRでパッと見て特徴が分かりすいのはやはり本体カラーですよね。

ポイント

iPhoneシリーズはシルバーやゴールド、ブラックなどシンプルで落ち着いたカラーが多く、6色ものカラーバリエーションがあるのはiPhoneでは珍しいですよね。

以前のiPhone5Cでも5色のカラーで販売されていましたが、本体がプラスチック製でカラーも安っぽかったために人気がありませんでした。

しかし、今回のiPhoneXRの本体はアルミニウムを使用してプラスチックのような安っぽさがなく、カラーも落ち着いた色味になっていて大人が持っていても違和感がない仕様になっています。

iPhoneXRは64GBなら84,800円で購入することができるので、価格も考慮するとiPhoneXRはおすすめですよ。

どんなにいい機能がついていても使わなくては意味がないですもんね!

【iPhoneXS】サイズ感は小さくカメラ性能に優れる

iPhoneXSのおすすめポイントはこちら↓

ポイント

・iPhoneXRと比べ高いスペック
・片手操作ができる小さいサイズ
・広角、望遠対応でカメラ性能が高い
・ストレージ容量が大きいのでどんな動画や音楽、ゲームでも容量を気にせずダウンロード可能

ということですね。

やはり、iPhoneⅩの後継機ということもあって機能は間違いなく、iPhoneシリーズの中で最高のスペックですよね。

それに加えて、有機ELディスプレイの画面の美しさと、デュアルカメラによる光学ズーム搭載でより画質が細かい写真撮影を可能にしています。

そしてCPUを最大限生かすためにRAM容量が4GBになっています。

処理性能が格段に上がっており、動作が遅くなったりする煩わしさはほとんどないです。

ですが、ハイスペックだからこそのお値段なのも忘れてはいけませんよ。

iPhoneXSの512GBを購入する場合、152,800円です。

高いと思うか安いと思うかはそれぞれですが、iPhoneXSはiPhoneにデジカメがついたようなイメージになるので、デジカメも一緒に買ったと思えば安いものなのかなと感じています。

iPhoneを使って動画もゲームも写真もなんでもやりたい!という人はiPhoneXSをおすすめします。

iPhoneXSよりもiPhoneXRのほうが人気がある!

iPhoneXRとiPhoneXSの違いを比較してきました。
各端末のそれぞれの良さが少しでもイメージできたんじゃないでしょうか。

iPhoneXSはハイスペックなため、価格が高額ではありますが有機ELディスプレイやカメラ性能など価格に相応しい機能を搭載しています。

iPhoneXSでは高すぎて購入を躊躇している人はiPhoneXRでもiPhoneXSの機能を存分に体感することが可能で

iPhoneXRはバッテリーの容量も大きいところも魅力の一つですね。

最終的に、どちらにするか決めかねるのであればiPhoneXRを選ぶ方向で考えるといいかと思います。

ポイント

iPhoneの最大のデメリットだといわれているのが、その価格です。
誰でも安い端末のほうがいいのは当然ではありますが、現状iPhoneで10万円以下の機種というのは希少でしょう。

細かいスペックにこだわるのでしたら、iPhoneXSを検討するべきでしょうがそうでない人はiPhoneXRで十分満足できるかと思います。

この記事を参考に、iPhoneXSかiPhoneXRに買い替えてみてはいかがでしょうか?

ただ、お伝えしたように新型iPhoneの発売も近づいていることもあり旧モデルの在庫状況は確認しておくようにしましょう。

在庫切れ端末がが、今後どうなるのか?入荷のタイミングやその有無を知る方法はこちらの記事を参考にしてください↓

ドコモオンラインショップの入荷するタイミングは?

きっとそのハイスペックな機能と操作性で生活が豊かになりますよ。

-iPhone

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.