iPhone

【増設不可?】iPhone11のギガ数(容量)の選び方を用途別に提案

更新日:

iPhone11に機種変更したいんだけど、本体容量は何ギガがおすすめなの…?

ギガ数選びに悩む人は多いと思います。

というのも、途中でGB数が上限に達しても容量の増設はiPhoneではできないからですね。

自分にぴったりの容量は判断しづらく、選ぶのが難しいですよね。

そこで、今回はiPhone11の使用方法に応じて、おすすめの本体容量の選び方をご紹介していきます。

iPhone11の容量をどれにするか迷っていたら参考にしてくださいね。

→iPhone11はどこで買うべきか

合わせてどうぞ
【一番安いのは?】iPhone11(XI)どこで買うべきかお得な順に紹介!

iPhone11が2019年9月20日に発売されました。 今はandroid端末を使っている人がiPhoneに乗り換えたりなど、これを機にiPhoneデビューする人も少なくないかもしれません。 となっ ...

iPhone11のギガ数(容量)

iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxの各ギガ数(容量)はこちら↓

iPhone11 iPhone11 Pro iPhone11 Pro Max
64GB 74,800円 106,800円 119,800円
128GB 79,800円 - -
256GB 90,800円 122,800円 135,800円
512GB - 144,800円 157,800円

→ドコモiPhone11の在庫状況の一覧を見る

一番小さい容量で64GB、最大で512GBになります。

もちろん容量が大きければ大きいほどGB数の余裕はありますが、その分本体価格も高くなります。

繰り返しになりますが、iPhone11はmicroSDカードのような外部ストレージに対応しておらず本体容量で機種を選ぶ必要があります。

本体容量がいっぱいになるとデータが入らなくなってしまうため、容量が小さいモデルを購入すると後悔する可能性が十分にあるということ。

iPhone11のギガ数の選び方としては、ポイントになるのがiPhoneでどのようなことがしたいか?

ではiPhone11のギガ数を小容量を選ぶべき人、大容量で選ぶべき人の特徴を一つ一つ見ていきましょう。

【64GB】小容量モデルを選ぶべき人

iPhone11で最もGB数の少ない64GBを選ぶ人の使い方はこのようなイメージになります↓

ポイント

・ゲームも、動画もダウンロードする予定はない
・連絡のやり取りをメインとして使用する

ゲーム系のアプリを入れず、音楽や動画も本体に取り込まず、「LINEやメールのやり取り」「旅行に行った時に写真を撮るくらい」であれば、それほど容量は必要ないでしょう。

SMSやメッセージアプリの利用がほとんどであるライトユーザーやビジネスマンも当てはまります。

昔は16GBや32GBが最小容量でありましたが、現在は小容量でも64GBほどあるためスマホを頻繁に使わないのであれば事足りるでしょう。

ただし、心配な方は下から2番目くらいの容量である128GBを選んでおきましょう。

64GBと言っても、64GBみっちり入るわけではなくシステムも占めるため実質56GBくらいしか入らないからです。

そこも含めて必要容量を考えていく必要があります。

心の余裕も必要ですからね。

【128GB/256GB】大容量モデルを選ぶべき人

iPhone11の大容量である128GB、256GBのいずれかの容量を選ぶ人はこんな使い方をイメージしている人にはおすすめです↓

ポイント

・ゲームや沢山のアプリを使いたい
・音楽を聴きたい
・映画や動画を見たい
・文書を保存したい
・写真や動画を撮影したい
・SNSに大量の写真を投稿する

アプリはインストールした時の容量だけでなく使用しているうちにデータが積み重なっていくため、どんどん大きくなっていきます。

50MBでインストールしたアプリも気がつけば、2GBや3GBまで大きくなっていることは珍しくありません

そのようなアプリが複数入っていたら、本体ストレージはどんどん減っていきます。

また、音楽や動画をインターネット上で視聴するのではなく購入してダウンロードしたものをiPhoneの本体に取り込むのであれば大きく容量を占めます。

1つや2つではなく、複数の楽曲やビデオを入れるでしょうから64GBでは厳しいかもしれません。

上記のようなことをする方は、128GBか256GBを選択するのが良いでしょう。

【512GB】最大容量モデルを選ぶべき人

512GBまでくると、パソコン並みなので非常にヘビーな使い方をするユーザーです。

カメラで撮影する方は、ビデオ撮影に注意しましょう。

写真と異なり、ビデオは容量を大きく占めます。

簡単に撮れるからといって、全てのデータを残しておくとすぐに100GBくらいはオーバーします。

iPhone11が新しくなるにつれて、カメラの性能も良くなり1枚の容量が大きくなります。

年齢層が若ければ、友人との思い出も多いでしょうから100GB以上の容量が良さそうです。

iPhone→iPhone11に機種変更する人のギガ数の選び方

今現在、iPhoneを契約して利用している人も多いかと思います。

iPhoneから新型iPhoneへ機種変更を考えてるのでしたら、次どの容量を選ぶべきか簡単に目安を知ることが可能なんです。

というのも、今iPhoneを利用している方は本体内に何ギガのデータがあるかを調べることができるからですね。

現在のiPhone使用容量の確認方法

iPhoneからiPhoneへ機種変更する場合は、事前に今どのくらいの容量を使用しているのか?を確認することがおすすめです。

容量の確認手順も簡単に行うことができます↓

ポイント

①「設定」アプリ
②「一般」
③「iPhoneストレージ」
④「使用済み」容量が表示

実際に、iPhoneを使い何年分のデータがどのぐらいの容量を占めているか分かります。

例えば、2年間で40GBを使用しているのであれば、次に機種変更したiPhoneにはそれまでのデータも移すので、購入時には既に40GB分使っていることになります。

そのため、64GBでは足りないでしょうから128GBや256GBを購入するのが良いです。

「40GBしか使ってないから、次も64GBの本体容量でいいや〜」と思った方は、気をつけてください。

現在のデータを引き継ぐ方が多いと思うので、今使っているストレージも計算しましょう

また、機種変更した年に特別なイベントがあったりで写真や動画を撮る機会が増えそうであれば、さらに多い容量を購入するのがベストです。

何も考えずに1番大きな容量を購入できれば良いのですが、お財布と相談しなければいけないと思うので考えてから購入しましょう。

iPhone11の64GBで足りるか心配な人の解決策

iPhone11のGB数を多くすればするほど、後々困ることも減りますがその分本体端末代金が高額になります。

「容量は少なく端末代を節約しつつも、ある程度の容量の確保はしておきたい。」

というちょっとした矛盾する気持ちがある人も少なくないかもしれません。

しかし、iPhone11の64GBの容量でありながらも大量のデーターを保存する方法が実はあります。

iCloudというクラウドサービスを活用することで対処可能なんです。

現に、筆者は現在iPhone XS Maxの64GBを利用していますがiCloudにデータを預けているため本体ストレージをほとんど消費していません。

iCloudを活用し容量をカバー

動画をはじめ写真をクラウド上に保存することで、iPhone端末の容量が小さくてもiCloud内に入れておくことで本体容量を消費しなくて済みます。

iCloudストレージは200GBを契約していますが、本体のストレージをみると18GBほどのデータしか入っていません。

機種変更しているので8年分のデータが入っていますが、クラウドサービスを利用すればこのように本体容量が空くのでおすすめです。

写真が多い方であれば、Google Driveを利用していることが多く16メガピクセルまでの画像データが制限なしに保存できます。

ポイント

そのようなクラウドサービスを、うまく活用すると本体容量も最小限でよいかもしれません。
iCloudは毎月費用がかかりますが、その分小容量モデルを購入するため本体代金が安くなっています。

バックアップも取れるし、本体は安いし一石二鳥です。

迷ったら128GB/256GBの容量を選べば2年間は問題なし

iPhone11に買い換える際は、しっかりと必要な容量を計算してから購入しましょう。

容量がいっぱいになって、お気に入りの写真やアプリを消さなければいけなくなるのは悲しいですよね。

写真を撮りたくても撮れないのも嫌ですよね。

もし、どうしてもギガ数を選びきれない…という人は128GBもしくは256GBの容量をもつiPhone11を選んでください。

少なくとも128GBあれば問題なく2年間過ごせるでしょう。

iPhone11のギガ数が足りなくなった時に増やす事は残念ながらできません。

容量を増やしたければ、機種変更するしか方法はありませんので気をつけましょう。

iPhone11のギガ数(容量)選びのまとめ

iPhone11のギガ数(容量)まとめ

  • 64GB/128GB/256GB/512GBから選べる
  • iPhoneは容量の増設ができないので注意
  • 不安なら128GB/256GBを選べば大丈夫
  • 64GB容量でもクラウドサービスを併用するのも検討

-iPhone

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.