iPhone

【買うべきか?】iPhone11おすすめポイントは?Proとの違いは何?

投稿日:2019年9月13日 更新日:

iPhoneシリーズの最新モデルiPhone11が日本時間の9月11日に発表されました。

予約開始は9月13日21時からで、各キャリアも同日に予約を開始し、9月20日から販売します

今回も発表前から話題になっていたiPhone11ですが、今までのiPhoneから何が変わったのでしょうか。

iPhone11のおすすめポイントを解説していきます。

また、今回のiPhone11は、iPhone11とiPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxの3機種になりました。

iPadのようにProというタイプが発表されたのですが、iPhone11とProの違いは何なのでしょうか?

iPhone11とiPhone11 Proの違いを比較してみました。

新しいiPhoneが気になっていた人はぜひ参考にしてくださいね。

ポイント

発売日にiPhone11 Proが届きました。
気になるカメラ機能を中心にレビューしているのでこちらの記事も一緒の楽しんでください↓

【レビュー】iPhone11 Proのカメラ機能の実力を写真いっぱいでご紹介!

ドコモオンラインショップこちら

auオンラインショップこちら

ソフトバンクオンライhatuンショップこちら

※現在予約のみの受付中ですが、モデルやカラーによっては在庫切れが起きています。

【XRと何が変わった?】iPhone11のおすすめポイント

まずは、iPhone11のおすすめポイントを紹介していきます。

ポイント

・デュアルカメラ対応でインカメラの画質もアップ

・iPhoneXRよりも性能が全体的にアップ

・CPUはiPhone11とiPhone11Proもどちらも同じ

・販売価格が10万以下

iPhone11は前機種のiPhoneXRの後継機になります。

iPhoneXRに比べて、カメラがシングルカメラからデュアルカメラに、インカメラも700万画素から1,200万画素に向上しました。

超広角モード
ナイトモード
ポートレートモード

上記は、iPhone11でもProでも共通する機能です。

カメラ機能は多彩な機能が搭載されていて、iPhone11でもProでも共通している機能があります。

超広角モードで撮影すると、今まで入りきらなかったフレームの外まで全部収めることができます。

広大な景色や夜景を120度の視野角で撮影することができ、壮大でインパクトのある写真を撮ることができます。

ナイトモードではCPUがA13Bionicになって性能が向上したことにより、今までのiPhoneではできなかった低光量での撮影が可能になりました。

撮影はすべて自動になっているので、暗い場所での撮影でもどんな人が撮影してもきれいに写すことができ、フラッシュを使わなくても明るい写真を撮ることができます。

CPUについてもA12 BionicからA13Bionicになったことで処理性能が格段に上がっています。

このように、全体的に性能が底上げされている点と、何よりも価格が74,800円からということで意外に安かった点もおすすめポイントです。

最近の最新モデルは9万円台からの販売が多いですし、iPhoneは高いというイメージもあるんですが、新しいiPhoneが7万円台というのは驚きです。

本体端末代が意外と安い

iPhone11 iPhone11 Pro iPhone11 Pro Max
64GB 74,800円 106,800円 119,800円
128GB 79,800円
256GB 90,800円 122,800円 135,800円
512GB 144,800円 157,800円

iPhone11とiPhone11 Proのスペックの他に、本体の販売価格も随分違うのでこちらも解説しておきます。

iPhone11のストレージ容量は、64GB、128GB、256GBの3種類になっています。

iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxは64GB、256GB、512GBということでストレージ容量にも違いがあります。

価格はiPhone11は1番ストレージ容量が小さい64GBの74,800円が最安値になります。

廉価版と言われたiPhoneXRでさえ発売当初は84,800円での販売だったのに、iPhoneXRよりも性能がいいiPhone11がそれよりも安い74,800円での発売開始になったのは驚きです。

ストレージ容量が最大の256GBでも90,800円ということで10万以下で購入することができます。

最新モデルがこんなに安く手に入るということで今までiPhoneを購入してこなかったユーザーも手が出しやすい価格になっているのではないでしょうか。

iPhone11 Proは64GBで106,800円ということで予想通りの高額設定になっています。

512GBで144,800円、iPhone11 Pro Maxになると157,800円になります。

まさにプロ仕様ということなのでしょうね。

これだけ高額になる理由はカメラ機能とディスプレイによるところでしょうか。

【違いは?】iPhone11とiPhone11 Proのスペックを比較


iPhone11とiPhone11 Proのスペックを一覧にしました。

iPhone11 iPhone11 Pro
ストレージ容量 64GB

128GB

256GB

64GB

256GB

512GB

ディスプレイサイズ 6.1インチ 5.8インチ
本体サイズ(高さ×幅×厚さ) 150.9mm×75.7mm×8.3mm 144.0mm×71.4mm×8.1mm
重さ 194g 188g
本体カラー パープル

グリーン

イエロー

ホワイト

ブラック

プロダクトレッド

ミッドナイトグリーン

シルバー

スペースグレー

ゴールド

カメラ デュアルカメラ トリプルカメラ
画素数 1.2MP 1.2MP
Face ID
CPU A13Bionic A13Bionic
バッテリー iPhoneXRより1時間長い iPhoneXSより4時間長い
防水 IP68等級

水深2メートルで最大30分

IP68等級

水深4メートルで最大30分

ディスプレイ Liquid Retina HDディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ

iPhone11はiPhoneXRの後継機でしたが、iPhone11 ProはiPhoneXSの後継機ということになります。

また、iPhone11シリーズはいずれも5G通信には対応していません。

5Gに対応していない点で購入するべきか悩まれる場合は、こちらの記事も参考にしてください↓

【5Gは未対応?】iPhone11は購入を見送るべきか?気にしなくてもいいか?

ディスプレイサイズもiPhone11はiPhoneXRの6.1インチと同じでiPhone11 ProはiPhoneXSの5.8インチを引き継いでいて、本体カラーもそれぞれの機種のカラーを引き継いでいるようですね。

iPhone11とiPhone11 Proを比べてみると、結構違いがある場所が見えてくると思います。

ポイント

・カメラ
・ディスプレイ
・本体カラーとデザイン
・ストレージ容量
・バッテリー容量
・防水機能

iPhone11とProの違いについても詳しく解説していきますね。

iPhone11とiPhone11Proの違いは大きく分けると7つありました。

それぞれ詳しく解説していきます。

①カメラ


iPhone11とProの最も大きな違いはカメラです。

カメラの機能を比較してみましょう。

iPhone11 iPhone11 Pro
画素数 デュアルカメラ1.2MP トリプルカメラ1.2MP
超広角レンズ F2.4 F2.4
広角レンズ F1.8 F1.8
望遠レンズ F2.4 なし
光学ズーム 2倍のズームイン、ズームアウト 2倍のズームアウト
デジタルズーム 最大10倍 最大5倍
手ブレ補正 光学式 光学式
ポートレートモード 搭載 搭載
HDR機能 次世代スマートHDR 次世代スマートHDR

ポイント

・iPhone11とProの違い
望遠機能

カメラ機能は先ほど解説したように、基本的にはiPhone11でもProでも同じようなことができるのですが、望遠機能だけはiPhoneProのトリプルカメラの性能ならではの機能です。

iPhone11 Proの望遠レンズは、遠くにいる野生動物や大きなスポーツ競技場の選手などにズームインすることができ、きめ細かな画質の写真を撮影することが可能です。

超広角、広角、望遠の3つのレンズによってただ撮影するだけでまるでプロのような写真を撮ることができます。

②ディスプレイ


ポイント

・iPhone11のディスプレイは液晶のLiquid Retina HDディスプレイ
・iPhone 11 Proは、有機ELのSuper Retina XDRディスプレイ

iPhone 11が液晶のLiquid Retina HDディスプレイを採用し、iPhone 11 Proは、有機ELのSuper Retina XDRディスプレイを採用しています。

iPhone11のLiquid Retina HDディスプレイもiPhoneXRと同じディスプレイになっているので、見た色そのままを再現することができます。

iPhone11ProのSuper Retina XDRディスプレイは、iPhone XSのSuper Retina HDディスプレイと比べるとコントラスト比が2倍、最大の明るさは約30%アップしました。

それによってさらに濃淡がはっきりしたメリハリのある美しいディスプレイになり、iPhone11と比べるとiPhone11Proの方がディスプレイは断然美しさが違うことがわかります。

ディスプレイサイズは、iPhone11が6.1インチ、iPhone11Proは5.8インチでiPhone11Proの方が少し小さ目になっています。

これもそれぞれiPhoneXRとiPhoneXSそれぞれの大きさと同じになっています。

③本体カラー、デザイン

本体カラーとデザイン、素材についてはそれぞれ全く違う印象を与えるデザインになっています。

ポイント

iPhone11
アルミニウムとガラスのボディ
カラーは6色

ポイント

iPhone11Pro
ステンレススチールとガラスのボディ
カラーは3色

iPhone11は、前面と背面をガラスでコーティングしてあります。

iPhoneXRと同じで強くて耐久性のある、航空宇宙産業で使われているものと同じグレードのアルミニウムと組み合わせています。

このアルミニウムは傷がつきにくいので、スマホを毎日使っているうちに知らぬ間にできている小傷が付きにくく、キレイなまま使うことができます。

iPhone11ProはiPhoneXSと同じ、医療用器具などに用いられるステンレススチールとガラスを組み合わせました。

ステンレススチールの方がアルミニウムに比べると高級感があるので、iPhone11Proの方が高級な印象を与えています。

しかし、ステンレススチールは傷がつきやすい素材なので、扱いには注意が必要です。

組み合わせたガラスも、iPhone11Proはテクスチャードマッドガラスというスマホの中でも特に頑丈なガラスを採用しています。

カラーについてもiPhone11はiPhoneXRと同じように、イエローやグリーン、レッドなど派手なカラーもあり、今までのiPhoneとはまた違った印象を与えるカラーです。

しかし、ブラックやホワイトといった標準的なカラーもあり、スタイリッシュでシンプルなデザインが好みの人でも購入しやすいカラーもあります。

iPhone11Proは、今までのiPhoneシリーズと同じようなカラーになっています。

シルバーやスペースグレイ、ゴールドの定番カラーの他にミッドナイトグリーンという新しいカラーもあります。

ミッドナイトグリーンは深く、濃いグリーンで落ち着いたカラーでどんなスタイルにも合いそうです。

④ストレージ容量

ストレージ容量はiPhone11もiPhone11Proも64GBと256GBの容量があり、iPhone11は64GBと256GBの間に128GBがあります。

iPhone11Proはさらにストレージ容量が大きい512GBがあります。

このストレージ容量は今までのiPhoneシリーズと同じような提供の仕方をしています。

4K動画をたくさん撮影して512GBの大容量が必要な人は、iPhone11Proにしかないので、iPhone11Proを購入する必要があります。

ストレージ容量でどちらを購入するか決めるのも1つの方法になりますね。

iPhoneは容量を増設することができないので最初のGB数の選び方は重要ですのでこちらの記事も参考にしてください↓

☑【増設不可?】iPhoneのギガ数(容量)の選び方を用途別に提案

⑤バッテリー容量

バッテリー容量はiPhone11に比べてiPhone11Proの方が容量が大きいようです。

iPhone11ProはiPhoneXSより最大4時間長い電池持ちになり、iPhone11はiPhoneXRより最大1時間長い電池持ちになっているようです。

前機種と比べるとどちらもバッテリー容量が増えていて、目安としては、ビデオ再生ならiPhone11が17時間、iPhone11Proが18時間の電池持ちになっています。

高速充電にはどちらにも対応し、30分で最大50パーセントの充電が可能になっています。

⑥防水機能


iPhone11もiPhone11ProもどちらもIP68等級の防水、防塵に対応していますが、iPhone11Proの方が実際は防水性能が高いです。

iPhone11は最大水深2メールのところにiPhone11を30分間入れておいても防水性能が保たれます。

また、コーヒーやジュースなどがかかってしまっても耐えられる設計になっています。

これはiPhoneXRに比べると2倍性能が上がっているということで、日常生活でiPhoneを利用するのにさらに安全になりました。

iPhone11ProはさらにiPhone11の2倍防水性能がアップしています。

最大水深4メートルのところでiPhone11を30分間入れておいても耐えられる設計になっています。

【価格重視】比較的安価なiPhone11がおすすめ!

ポイント

・価格が安いiPhoneが欲しい人

・カメラにあまりこだわらない人

・最新のiPhoneが欲しい人

iPhone11ProはProと名前が付く通り、非常にスペックが高いので、スマホをビジネスでよく利用して性能が高いスマホが必要な人が購入するべきです。

その点、iPhone11は一般のユーザーすべての人におすすめできるスペックを持っています。

CPUはiPhone11Proと同等なので、廉価版ということでもありません。

カメラ機能も望遠はついていませんが、デュアルカメラで美しい写真も撮影できるし、ポートレートモードももちろん搭載されています。

iOS 13のハイキー照明(モノ)エフェクトは、ポートレートを美しいモノクロにすることができます

背景を真っ白にすることで、まるでスタジオで撮影したかのように人物だけを写すことができます。

ポートレートライティングで照明の強さを調整することもできます。

SNSなどにアップする写真を撮りたいのならiPhone11でも全く問題ないのではないでしょうか。

なによりも、これだけの性能でありながら価格が64GBが74,800円で最大の256GBでも90,800円という安価な値段でiPhoneを購入することができるという点ですよね。

日本では電気通信事業法により、端末の割引きは最大2万円までという決まりになってしまったので、高額なスマホの割引きが難しくなってしまいました。

そのことからもiPhone11自体の価格が安くなっていることはとても購入しやすい理由の1つにあげられるのです。

【機能重視】ハイスペックなiPhone11 Proがおすすめ!

ポイント

・最新モデルの最高スペックのiPhoneが欲しい人

・カメラをよく使い、カメラ性能が高いスマホが欲しい人

・大画面のiPhoneが欲しい人

・ストレージ容量が大きいタイプのiPhone欲しい人

このような人にはiPhone11Proがおすすめです。

iPhone11ProはiPhone11に比べても機能や性能がさらに高くなっています。

特にカメラ機能はトリプルカメラが搭載されていて、望遠撮影を可能にしている部分が1番のおすすめポイントです。

また、iPhone11ProはiPhone11ProとiPhone11ProMaxの2種類があるので、画面が大きいiPhoneが必要な人はiPhone11ProMaxを選ぶことになるでしょう。

ストレージ容量が大きいものが欲しい人もiPhone11ではストレージ容量が最大で256GBまでしかないので、それ以上必要な場合はiPhone11Proを選ぶようにしましょう。

iPhone11を買うべきか?見送るべきか?は人それぞれ

iPhone11とiPhone11Proについて解説してきました。

iPhone11のおすすめポイント

ポイント

・デュアルカメラ対応でインカメラの画質もアップ

・iPhoneXRよりも性能が全体的にアップ

・CPUはiPhone11とiPhone11Proもどちらも同じ

・販売価格が10万以下

iPhone11とiPhone11Proの違い

ポイント

・カメラ

・ディスプレイ

・本体カラーとデザイン

・ストレージ容量

・バッテリー容量

・防水機能

iPhone11Proは確かにハイスペックで、カメラ機能なんかは1度は使ってみたいと思うすばらしい端末です。

しかし、それだけハイスペックなために価格が安くても106,800円からという高額な端末になってしまっていてなかなか手が出しづらいです。

iPhone11ならiPhone11Proと同じような性能を74,800円で手にすることができますよ。

iPhone11とiPhone11Proのどちらを購入しようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

-iPhone

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.