iPhone

iPhone「11」「Pro」「Pro Max」の違いを分かりやすく解説!どれを選ぶべきか?

iPhone11、Proの違いって何かよく分からない…

現在発売されているiPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Maxですが、購入する時どのモデルを選んでいいかわからない方も多いですよね。

今回この3つの機種を、出来る限り分かりやすく何が違うのかを比較してみました。

デザインやスペックの違いから、自分に合った機種を探してみてくださいね!

【2020年】iPhone11を安く買う方法|どこで買うのがお得か?

「iPhone11を安く買う方法は?どこで買うべきなの…?」 最新モデルであるiPhone11をできるだけ安く買う方法を探していませんか。 本体代金が、数十万円もするためどこで買うのがお得なのかと考え ...

iPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Maxのデザインの違い

iPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Maxのデザインの違いを見ていきましょう。

カラーバリエーション・素材

大きく違うのは、カラーバリエーションです。

iPhone 11が6色展開に対して、iPhone 11 Proシリーズは4色展開と2色少ないです。

系統も異なり、iPhone 11はポップなイメージでiPhone XRほど色味が強くなく淡いパステルカラーになっています。

iPhone 11 Pro/Pro Maxは、シックで大人なイメージで高級感があります。

背面のデザインも、少しずつ違います。

まず、カメラの数が異なります。

iPhone 11は2眼に対し、iPhone 11 Pro/Pro Maxは3眼です。

iPhoneの側面のフレームの素材も機種ごとに違います。

iPhone 11はアルミニウム、iPhone 11 Pro/Pro Maxはステンレススチールが採用。

iPhone XRとiPhone XS/XS Maxと同じ素材が使用されていますが強度は上がっています。

背面ボディはiPhone 11はガラスが、iPhone 11 Pro/Pro Maxはテクスチャードマットガラスが使用されています。

iPhone 11はツヤツヤしていて光沢があるので綺麗なのですが、触っていると指紋が目立ってしまいます。

一方、iPhone 11 Pro/Pro Maxはマットなガラス(すりガラスのような)素材で、ガラスを加工して使用されています。

わざわざ加工されているので、Appleのこだわりが詰まっているのでしょう。

雰囲気からiPhone 11 Pro/Pro Maxのほうが大人っぽく、高級感を感じます。

ディスプレイ

ディスプレイには大きな差があります。

iPhone 11は6.1インチLiquid Retina HDディスプレイ(IPSテクノロジー搭載6.1インチ(対角)オールスクリーンLCD Multi Touchディスプレイ)、

iPhone 11 Pro/Pro Maxは5.8インチと6.5インチのSuper Retina XDRディスプレイ(6.5インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi Touchディスプレイ)を搭載しています。

iPhone 11はiPhoneではお馴染みの液晶ディスプレイを、iPhone 11 Pro/Pro Maxは有機ELを採用しています。

iPhone 11の液晶ディスプレイも十分綺麗なのですが、鮮やかな色彩と深みのある黒を表現することができる有機ELと比較してしまうと勝てません。

画質に関しては、圧倒的にiPhone 11 Pro/Pro Maxが優れています。

コントラスト比を比較しても、1,400:1のiPhone 11と200万:1のiPhone 11 Pro/Pro Maxは大きく違います。

さらにiPhone 11 Pro/Pro Maxは、解像度も細かいのでより鮮明な色を表示でき、HDRにも対応しているので実物を目の前で見ているような気分になります。

環境の光に合わせて画面を見やすく表示してくれる「True Toneディスプレイ」は、全iPhone搭載ですが輝度には差がでています。

iPhone 11が最大輝度625ニトに比べ、iPhone 11 Pro/Pro Maxが最大輝度800ニトなので、画面の明るさもiPhone 11 Pro/Pro Maxが良いようです。

iPhone 11・iPhone 11 Pro ・iPhone 11 Pro Maxのスペックの違い

iPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Maxのスペック、機能面での違いを見ていきましょう。

本体サイズ・本体容量

① iPhone 11→高さ150.9mm×幅75.7mm×厚さ8.3mm 194g
② iPhone 11 Pro→高さ144mm×幅71.4mm×厚さ8.1mm 188g
③ iPhone 11 Pro Max→高さ158mm×幅77.8mm×厚さ8.1mm 226g

iPhone 11はiPhone 11 Proより6gほど重いですが、持った感じは違いは感じられません。

本体が一回り大きいのにもかかわらず6gしか違わないので、気にする問題でもなさそうですね。

iPhone 11 Pro Maxは本体が大きい分、重さが出てくるのは仕方ありません。

iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxの間の重量が、iPhone 11となります。

次に本体容量(ストレージ)ですが、

iPhone 11→64GB/128GB/256GB

iPhone 11 Pro/Pro Max→64GB/256GB/512GB

の容量があります(microSDカード非対応)。

たくさんのデータを詰め込むと言うのであれば、iPhone 11 Pro/Pro Maxを選ばなければいけません。

iPhone 11を選ぶユーザーは、それほどヘビーな使い方をする方がいないので容量も少ないのでしょう。

公開はされていない情報としてRAM容量が、

iPhone 11は4GB

iPhone 11 Pro/Pro Maxは6GB

と言われています。

カメラの数が増えたり、アプリを複数立ち上げていても落ちることがなかったりと言うことから、このぐらいだと予測されています。

iPhone 11 Pro/Pro Maxの方が容量が大きいので、重たい作業もしやすそうです。

チップ

iPhone 11・iPhone 11 Pro/Pro Maxは、「A13 Bionic」チップを搭載しています。

A13 Bionicは、2つの高性能コアが最大20%向上し消費電力は最大40%減少、4つの高効率コアが最大20%速くなり消費電力が最大25%減少しました。

高い処理能力を持つにもかかわらずエネルギーの消費を抑えることで、バッテリーの持ちもよくなっています。

GPU性能についても、大きく向上しています。

3機種とも同じチップを採用しているので、処理能力に違いはありません。

バッテリー

Apple公式ホームページにはバッテリー容量の明確な記載はありません。

①iPhone 11→ iPhone XRより最大1時間長いバッテリー駆動時間
②iPhone 11 Pro→ iPhone XSより最大4時間長いバッテリー駆動時間
③iPhone 11 Pro Max→ iPhoneの中で最長、iPhone XS Maxより最大5時間長いバッテリー駆動時間

このことから、圧倒的にバッテリー持ちが良いのはiPhone 11 Pro Max、2番目にiPhone 11 Proとなります。

iPhone XRではiPhone XSよりバッテリー駆動時間が長かったですが、今回はiPhone 11 Proの方が良いみたいです。

充電については、iPhone 11・iPhone 11 Pro/Pro MaxはUSB経由で18Wアダプターを使用することによって高速充電に対応しました。

iPhone 11 Pro/Pro Maxは、18WのACアダプタが購入時に箱に同梱されており最初から高速充電をすることができます。

iPhone 11は従来の5W充電器が付属されるため、高速充電したい場合は18Wアダプタを別途購入する必要があります。

防水・防塵

防水・防塵性能についてはどのモデルもIP68等級の性能が備わっていますが、iPhone 11は水深2メートルまで、iPhone 11 Pro/Pro Maxは水深4メートルまでと、2メートルの耐水性能の差はあります。

水圧に対する耐水性能は、iPhone 11 Pro/Pro Maxが優れているようです。

ただし、iPhoneをそんな深い水の中に入れることはまずないですよね。

2メートルの耐水でも十分なスペックです。

生体認証

すべての機種で、顔認証「Face ID」が搭載されています。

本体のロック解除やアプリのインストール、Apple Payの決済など多くの場面でFace IDが活躍してくれます。

認証スピードはとてもスピーディーで、もたつくことはありません。

iPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Maxカメラ性能の違い

iPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Maxのカメラ性能の違いを見ていきましょう。

レンズ

カメラ性能については、3機種とも12MPの超広角レンズと広角レンズが備わっています。

iPhone 11 Pro/Pro Maxには望遠レンズが搭載され3眼レンズとなりました。

3眼レンズはiPhone 11 Pro/Pro Maxの大きな特徴であり、遠くにある被写体を撮影する際に役立ちます。

望遠レンズに対応したことにより、2倍の光学ズームインと最大10倍デジタルズームが可能になりました。

iPhone 11とiPhone 11 Pro/Pro Maxのカメラ性能の大きな違いとしては、望遠レンズが付いているかどうかです。

より美しく撮影できるのはどちらかと言われるとiPhone 11 Pro/Pro Maxと言う回答になります。

ただし、iPhone 11でも十分綺麗な写真が撮れます。

超広角カメラはダイナミックに広いシーンをとらえてくれます。

カメラ機能のナイトモードやポートレートモード、6つのエフェクトを備えたポートレートライティング、次世代のスマートHDRは3つのiPhoneで利用できます。

フロントカメラ

フロントカメラは、3機種性能は全く同じです。

12MPのTrueDepthカメラ搭載で、フロントカメラでもポートレートモードが利用できます。

さらに4Kビデオ撮影も可能です。

ビデオ撮影

カメラ撮影と同様、ビデオ撮影もiPhone 11 Pro/Pro Maxは望遠レンズを搭載しているため2倍の光学ズームインと最大6倍のデジタルズームに対応しています。

4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)や光学式手ぶれ補正は、3機種とも対応しています。

iPhone 11・iPhone 11 Pro ・iPhone 11 Pro Max価格比較(Apple Store価格2020年3月現在)

性能については大体分かったと思うので、次に比較したいのは本体価格ですよね。

Apple Store販売価格で比較してみます。

iPhone 11 64GB¥74,800 (税別)
iPhone 11 128GB¥79,800 (税別)
iPhone 11 256GB¥90,800 (税別)
iPhone 11 Pro 64GB¥106,800 (税別)
iPhone 11 Pro 256GB¥122,800 (税別)
iPhone 11 Pro 512GB¥144,800 (税別)
iPhone 11 Pro Max 64GB¥119,800 (税別)
iPhone 11 Pro Max 256GB¥135,800 (税別)
iPhone 11 Pro Max 512GB¥157,800 (税別)

iPhone 11とiPhone 11 Proでは、3万円の差があります。

カメラやバッテリー、デザインなどの細かな性能の違いは、この価格の差だけの価値があるのか。

それを考えるのは、あなたです!

生活していると、その僅かな違いが大きく感じるかもしれません。

2018年のiPhone XRに比べると、iPhone 11はこのスペックでこの価格は非常に安く設定されています。

iPhone 11 Pro Maxは、ディスプレイが大きい分値段が高くなってしまうのは仕方ないですね。

iPhone 11・iPhone 11 Pro ・iPhone 11 Pro Max結局どれを選べばいい?

iPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Maxの違いを様々な面で確認してきました。

では、結局はどのモデルがおすすめなのか?そのモデルを選べばいいか見ていきましょう。

iPhone 11がおすすめの人

大きな画面でゲームを楽しみたい方(画質はあまり気にならない)や出来る限り費用を抑えたい方は、iPhone 11をお勧めします。

iPhone 11 ProやPro Maxに比べると少し性能が落ちるだけで、単体で見たらかなりハイスペックな機種です。

安いモデルで言えばiPhone 8やiPhone XRのような機種もありますが、予算はかけれないけどiPhoneの中でも最新モデルを持ちたいと言うことであれば十分な性能をiPhone 11は持っています。

A13が搭載されているだけでも、全然違いますからね!

購入から2年間は利用すると考えると、iPhone XRやiPhone 8より長く使える可能性が高いです。

さらにバッテリー性能も上がっているので、安いiPhoneとの値段の差も気にならないでしょう。

iPhone 11 Pro/Pro Maxがおすすめの人

綺麗な画質で動画やゲームを楽しみたい方、グラフィックの多いゲームをよくする方、カメラの性能が良い機種を持ちたい方、バッテリーの持ちが気になる方は、iPhone 11 Pro/Pro Maxをお勧めします。

有機ELディスプレイは色鮮やかで美しく表示され、最新のCPUも搭載されているため重たい作業をしても動作がもたつくことがありません。

カメラの性能も超広角・広角・望遠レンズのトリプルカメラなので、簡単にプロのような写真を撮影することができます。

現在販売されているスマートフォンの中でも上位モデルのiPhone 11 Pro/Pro Maxは、操作をしていてストレスを感じる事はありません。

機種代金はiPhone 11に比べると値が張りますが、金銭的にそこまで問題なければこの機種がオススメです。

iPhone 11 Proは5.8インチのサイズでiPhone 11より若干小さくはなりますが、片手で操作が可能です。

iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxを比較すると、性能の違いは画面の大きさとバッテリーの駆動時間だけです。

ハイスペックでコンパクトサイズがいいか、大画面がいいかでProがPro Maxかを選択してください。

iPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Maxの違いのまとめ

画面の綺麗さやカメラの性能、バッテリーの持ち、耐水性能がiPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxな方がiPhone 11より優れていることがわかりましたが、iPhone 11も使いやすく十分すぎる性能が搭載されています。

3機種ともA13 Bionicのチップが搭載されているので、それだけでも操作性は抜群です。

本体価格と相談して、自分に合ったiPhoneを探してくださいね!

スポンサードリンク

-iPhone

© 2020 スマホログ