iPhone

【待つべき?】iPhone12(仮)の発売日予想|5G対応との噂もあるリーク情報まとめ

投稿日:

iPhone12の発売が気になる…5Gにも対応するって聞くけどどうなのかな?

2019年に発売されたiPhone11シリーズは、カメラ性能や電池持ちが大幅に向上しました。

iPhone 11シリーズが発売された直後から、今度は後継機の「iPhone12」の噂も飛び交っています。

例年通りで行くと、2020年の秋頃にiPhone12が登場するはずですが一体どうなるのでしょうか。

今回は、iPhone12について現在リークされている情報をまとめてみました。

発売日や5Gにも対応するのか、予想していきます。

あくまでも予想なので、「へぇ〜」という感じで見てくださいね。

合わせてどうぞ
【結論】iphoneをアップルストアで購入するメリット・キャリアで購入する違い!

iPhoneをどこで購入、契約するべきか?と悩む人も少なくないと思います。 スマホを利用している人の多くが、各キャリアのショップだったり家電量販店で購入するでしょう。 いわゆるアンドロイド端末は取り扱 ...

iPhone12のスペックリーク情報

2020年のiPhoneがiPhone12という名称なのかも不明ですが、ここでは仮名として呼びます。

2020年モデルは、4種類のiPhoneが登場すると言われています。

①6.7インチのiPhone トリプルレンズの背面カメラ+3Dセンシング・RAM6GB・ミリ波+Sub6
②6.1インチのiPhone トリプルレンズの背面カメラ(?)+3Dセンシング(?)・RAM6GB・ミリ波+Sub6
③6.1インチのiPhone デュアルレンズの背面カメラ・RAM4GB・Sub6
④5.4インチのiPhone デュアルレンズの背面カメラ・RAM4GB・Sub6

①②の上位モデル2種類、③④の下位モデル2種類といった感じでしょうか。

上位モデルはiPhone 11 Proシリーズの後継機、下位モデルはiPhone 11の後継機とされています。

では詳しくみていきましょう。

下位モデルはデュアルカメラ、上位モデルはトリプルカメラ(かも)

下位モデルの5.4インチiPhoneと6.1インチiPhoneのカメラは、iPhone11と同様デュアルカメラになりそうです。

6.7インチiPhoneは、3Dセンシング(立体物を正確に認識できるToFセンサー)が追加され、クアッドカメラになる可能性があります。

iPhone11 Pro Maxよりもカメラのセンサーサイズが大きくなるかもと。

ToFセンサーはARに活用され、5Gの時代に貢献していくのでしょう。

上位モデルの6.1インチiPhoneは、3Dセンシング機能が付くか不明でトリプルレンズになるかもしれません。

そして、6.1インチと6.7インチiPhoneは、手ぶれ補正の性能向上を見込んでいます。

CPUはA14チップでMacBook Proに匹敵(かも)

iPhone12シリーズに搭載されるチップは、「A14 Bionic」と考えられます。

A13 Bionicを搭載したiPhone 11より大幅に処理能力が向上し、MacBook Pro並みの処理性能との情報もあります。

CPUベンチマークスコアでは現行の15インチMacBook Proに匹敵するだろうと、MacWorldの記者も推測しています。

A14チップは、台湾TSMCが「5nmプロセス」で製造するとされています。

A12チップは7nmプロセス、A13チップは第2世代7nmプロセスで製造されていることを考えると、5nmプロセスは大幅な性能向上が考えられます。

A13よりもグレードアップするということは、高効率なチップセットになること間違いありません。

A13のサイズは98.5平方ミリ、トランジスタ数は85億個です。

MacWorldの記者は、A14の大きさが100平方ミリまで大型化してもおかしくないと述べています。

もし100平方ミリまで大型化すると、トランジスタ数は約150億個になる可能性があります。

ただ、100平方ミリだと大きすぎるので、チップのサイズを小さくし125億個のトランジスタ数を積むのではないかと予測しています。

簡単に言うと、トランジスタ数が高密度になればその分スペースが出来るため、プロセッサの処理速度や効率がよくなると言うわけです。

A14のベンチマークスコアは推測が難しいですが、5,000近くになると言われており、Androidの最も高いベンチマークでも3,000くらいなので、どれほど性能が高いか一目瞭然ですよね。

そのため、パソコン並みのCPUと言われるのですね。

A14はGPU性能も大きく向上し、RAMも6GBへ増量しゲームにおけるグラフィック性能は50%ほど向上するのではないかと予測されています。

ただし、RAMが増量するのは上位2モデルで、下位モデルは4GBのままとのことです。

生体認証はFace IDが対応

生体認証は、引き続きFace IDが採用されます。

ノッチが小型化し、Face IDに使われるTrueDepthセンサーの性能が向上するかもしれません。

台湾Lite-On Semiconductorの部品採用により刷新されるとのこと。

次期iPhoneには、画面にTouch IDが埋め込まれると噂されていますが、それが2020年モデルか2021年モデルになるかは不明です。

顔認証と指紋認証の両方が使えたら、片方が使えないときに便利ですよね。

全モデル5G通信に対応(かも)

iPhone12は、全モデル5G通信に対応するチップが内蔵されると噂されています。

直進性が強い「ミリ波(28GHz帯)」と電波を遠くまで飛ばせる「Sub6(6GHz帯)」を利用した5Gで、安定した高速通信が出来るようになります。

モデルにより対応する通信方式が違うかもしれませんが、上位モデルはミリ波とSub6に対応、下位モデルはSub6のみ対応と言われています。

4Gよりも10倍以上は速い速度で通信ができ、あらゆるモノと繋がっていきます。

iPhone12シリーズが5Gに対応することで、どのようなことが出来るかはまだ分かりませんが、楽しみです。

ストレージは「11」と変わらない(かも)

本体容量についての情報は出ていません。

iPhone 11は64GB・128GB・256GB、iPhone 11 Proシリーズは64GB・256GB・512GBの容量だったため、今回も上位モデルは容量が大きくなるのではないでしょうか。

iphone12のデザインリーク情報

iphone12のデザイン面でのリーク情報もまとめてみましたので見ておきましょう。

「11」と変わらないもしくは「4」に近い見た目(かも)

噂されている筐体デザインは、2種類あります。

一つ目は、Macお宝鑑定団Blogが伝えている「2019年モデルとそれほど変わらない」デザインです。

カメラの見た目が変わるのが大きなアップデートで、6.7インチiPhoneはiPhone 11 Pro Maxより5mm前後薄くなるとのこと。

ベゼル幅は、現状維持となりそうです。

もう一つの噂されているデザインは、Apple関連のアナリスト、Ming-Chi Kuo氏が述べています。

それは、iPhone 4のように直線的なフレームをガラスで挟んだ角張りのあるデザインです。

2018年のiPad Proを小さくしたようなイメージです。

出回っている噂では後者の方が強そうですが、どちらが本当なのでしょうか。

また、iPhoneの下部にあるマイクの穴の数は、それぞれのモデルごとに違うようです。

デバイスの寸法についての情報では、

5.4インチiPhoneの高さは、iPhone SEとiPhone 8の中間

6.1インチiPhoneの高さは、iPhone 11とiPhone 11 Proの中間

6.7インチiPhoneの高さはiPhone11 Pro Maxよりも少し大きくなる

との噂があります。

ノッチの大きさは、これまでより縮小予定です。

ディスプレイは有機EL(OLED)が採用(かも)

iPhone 11 では液晶ディスプレイが採用されていました。

iPhone12シリーズは4つの全てのモデルで有機EL(OLED)が採用される見込みです。

しかし、価格の関係により

上位モデルはiPhone 11 Proシリーズと同じ「Super Retina XDRディスプレイ」

下位モデルはiPhone XSと同じ「Super Retina HDディスプレイ」

ぞれぞれが採用されるのではないかと予想されています。

さらに、全モデルで画面のスクロールやその他の操作などを滑らかに表示できる「120Hzリフレッシュレート」をサポートするようです。

ネイビーブルー、スペースグレイ、ゴールド、シルバーの4色展開(かも)

iPhone12のカラーで追加されると話題になった新色が、「ネイビーブルー」です。

iPhone 11 Proシリーズのミッドナイトグリーンと置き換えられるようです。

ネイビーブルー、スペースグレイ、ゴールド、シルバーの4色展開となる可能性があります。

iPhone12の発売日・予約開始日の予想

Appleは、毎年9月の2週目の火曜日か水曜日に発表イベントを開催しています。

そして、発表した週の金曜日に予約開始を行い、翌週の金曜日に発売しているのがここ数年のパターンです。

ご存知とは思いますが、9月11日のアメリカ同時多発テロ事件の日は避けるので、今年もそれを考えてイベントが開かれるでしょう。

これらの情報を元に、2020年の発売日を予想すると、

発表イベント 2020年9月8日(火)or9日(水)
予約開始 2020年9月12日(土)
発売日 2020年9月18日(金)

ではないかと予想されます。

今年は9月11日が金曜日なので、その日は避けるでしょう。

予約開始時刻は、これまで16時からスタートでしたがiPhone 11が21時開始だったので、16時か21時かを予定しておくと良いかもしれません。

製造上の問題があれば発売日がズレたりはしますが、なければ上記のようになるのではないでしょうか。

iPhone12の本体価格予想

iPhone12の価格は、5Gに対応したり有機ELディスプレイの搭載、最新CPU、新しいデザインにより価格の高騰化が予想されます。

Galaxy S10 5Gは1,299ドル〜で、通常モデルより300ドルほど高いようです。

しかし一方では、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxと同等になると言われています。

Appleも価格を上げないように取り組んでいるそうです。

【予想】iPhone12のリーク情報まとめ

なんとなく新iPhoneの雰囲気が分かっていただけましたか?

デザインも変わり、性能も大幅に向上することが予想されているので大変楽しみですね。

まだ2020年も始まったばかりなので、これからどんどんと信憑性の高いリーク情報が流れてくるのでしょう。

8月くらいまで来ると、現実味のある情報になってきます。

-iPhone

Copyright© スマホログ , 2020 All Rights Reserved.