iPhone

iPhone12 miniとSE2を比較|コンパクトサイズを買うならどっちにするべきか考えてみた!

2020年11月13日金曜日にiPhone 12 miniが発売されます。

iPhone 12 miniを購入しようと検討している方は、片手に収まるコンパクトなモデルを好む方が多いのではないでしょうか。

コンパクトなiPhoneで言うとiPhone SE(第2世代)も選択肢に入れると思います。

では、iPhone 12 miniとiPhone SE(第2世代)のコンパクトサイズのiPhoneを買うなら、どちらにするべきでしょうか。

今回はこの2機種の性能や価格等を比較していきます。

→ドコモオンラインショップこちら

→auオンラインショップこちら

→ソフトバンクオンラインショップこちら

iPhone 12 miniとiPhone SE(第2世代)のデザインや見た目を比較

iPhone 12 miniの大きさは、高さ131.5mm×幅64.2mm×厚さ7.4mm、重量133gです。

一方、iPhone SE (第2世代)は、高さ138.4mm×幅67.3mm×厚さ7.3mm、重量148gです。

ディスプレイサイズが5.4インチのiPhone 12 miniは、4.7インチのiPhone SE(第2世代)より本体サイズが若干小さいです。

本体が小さいのにもかかわらず高い画面占有率を実現しているため、iPhone 12 miniの方が使い勝手が良いかもしれません。

本体のデザインは、iPhone 12miniがiPhone 4SやiPhone 5、iPad Pro(第2世代)のような角張ったデザインで、

iPhone SE(第2世代)はiPhone 6からiPhone 11までの丸みを帯びたデザインが採用されています。

両機種とも背面はガラスで側面にアルミニウムが使用されています。

ホールド感や持ちやすさはそれぞれ好みがあると思いますが、一般的に持ちやすいのは本体が丸みを帯びている方だと言われています。

カラーバリエーションについては、iPhone 12 miniはブルー/グリーン/(PRODUCT)RED/ホワイト/ブラックの5色展開、iPhone SE (第2世代)はブラック/(PRODUCT)RED/ホワイトの3色展開です。

カラーの豊富さは、iPhone 12 miniの方が選択肢が多いです。

本体容量は、両機種64GB/128GB/256GBの3種類が用意されています。

iPhone 12 miniとiPhone SE(第2世代)のスペックを比較

気になる性能の比較です。
それぞれ見ていきましょう!

ディスプレイ

iPhone 12 miniは5.4インチSuper Retina XDRディスプレイ(有機EL)、iPhone SE(第2世代)は4.7インチRetina HDディスプレイが搭載されています。

画面の美しさを比較すると、iPhone 12 miniの方が有機ELが搭載されているため鮮やかな色彩や漆黒をクリアに表現することができます。

ピクセル密度を比べても12 miniは476ppi、SE(第2世代)は326ppiと差が出ます。

輝度は1200ニトまで明るくなり、高コントラストと色彩豊かな発色楽しめます。

とは言いながらも、通常300ppi以上あれば肉眼では分からないくらい綺麗と言われているので、iPhone SEの画面も美しいですよ。

そして、iPhone 12 miniの前面にはCeramic Shieldが使用されており、他のスマホのガラスよりも頑丈につくられています。

ナノセラミッククリスタルをガラスに組み込み、その硬さは金属の上をいきます。

さらに、前面と背面には二重イオン交換プロセスを採用し、傷に対する耐久性を高めています。

iPhone 11と比較するとiPhone 12 miniは耐落下性能が4倍向上しました。

圧倒的な頑丈さがあるのがiPhone 12 miniです。

iPhoneをよく落下させてしまう方は、頑丈な方に惹かれてしまいますね。

パフォーマンス

搭載されているチップは、iPhone 12 miniがA14 Bionic(次世代のNeural Engine)、iPhone SE(第2世代)がA13 Bionic(第3世代のNeural Engine)です。

iPhone 12 miniは世界で1番小さく、薄くて軽い5Gスマートフォンです(iPhone SE(第2世代)は4G LTE)。

A14 Bionicは5nmプロセスで製造されており、6コアのCPUと4コアのGPUを搭載しています。

A13と比較するとCPUは40%、GPUは30%高速化しています。

処理能力で言えばMacBook Pro 13インチと同じで、小型なのにパワフルさが凄いです!

公開されていませんが、RAMはiPhone 12 miniが4GBでiPhone SE(第2世代)が3GBです。

やはり大きい方が動作にも余裕があります。

iPhone 12 miniの5GはSub-6に対応し、超高速でダウンロードやインストールは一瞬。

低遅延でストリーミングも高画質、5Gが不要な場面ではLTEに切り替える「スマートデータモード」が搭載されているためバッテリーの消費しにくいしにくいです。

優れた機械学習性能を備えているのがiPhone 12 miniですが、5Gの環境がまだ整っていないため、今は目に見える違いは感じられないでしょう(1年後は分かりませんが、、)。

実際iPhone SE(第2世代)でも、快適に操作をすることができます。

1つの機種を長く使う方なら、最新チップの方がサポート期間も長くなるので検討してみてください。

バッテリー容量については、数字が公開されてはいませんがiPhone 12 miniの方が大きいバッテリーを積んでいるようです。

電池持ちの良さもiPhone 12 miniが上ですね。

カメラ

多くの方が期待するカメラ性能。

iPhone 12 miniは12MPの超広角(F2.4)と広角(F1.6)レンズが搭載されたデュアルカメラ、iPhone SE(第2世代)は12MPの広角レンズ(F1.8)が搭載されたシングルカメラです。

iPhone 12 miniに搭載されていてiPhone SE(第2世代)で使えない背面カメラの機能は、以下の通りです。

ポイント

・ナイトモード
・Deep Fusion
・2倍の光学ズームアウト(写真/ビデオ)
・より明るいTrue Toneフラッシュと
スローシンクロ
・写真のスマートHDR 3
・Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps)
・ビデオのオーディオズーム
・ナイトモードのタイムラプス

フロントカメラでは以下の通りです。

ポイント

・TrueDepthカメラ(SEはFaceTime HDカメラ)
・12MP(SEは7MP)
・写真のスマートHDR 3
・ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
・映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
・Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps)
・1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応
・ナイトモード
・Deep Fusion
・アニ文字とミー文字

書き出すと、iPhone 12 miniのカメラ性能の高さが分かりますよね。

iPhone 12 miniでは、広角と超広角カメラの両方でナイトモードが使用可能です。

暗い場所だとiPhoneが感知すると、自動的にナイトモードがオンになるため、私たちは普通に撮影をしてても良い写真が撮れちゃいます。

フロントカメラでも使えるので、セルフィーが楽しくなりますよ!

広角カメラでは27%も多く光を取り込めるようになり、明暗問わず精細な一枚を撮影できます。

黄色が強かったホワイトバランスも調整されています。

「Deep Fusion」では、光量の少ない場所でも明るく精細感のある写真に仕上げてくれます。

「スマートHDR 3」は、シーンに合わせて色やホワイトバランス、シャープネスなどのバランスを調整してくれます。

機械学習で識別して、被写体と背景のディテールをしっかりと引き出します。

動画ではDolby Visionで4K HDRビデオを撮影が可能です。

これまでの8bitから10bitのHDRへ引き上げられ、7億色を表現できるようになりました。

撮影したビデオは、写真アプリやiMovieで編集でき、映画制作のような仕上がりとなります。

シャッターボタンを押すだけで、簡単にクオリティの高い美しい写真が撮れるのはiPhone 12 miniです。

ただし、iPhone SE(第2世代)が悪いわけではありません。

シングルレンズながらも気軽に写真を撮れますし、iPhoneの画質はいいので写真に強いこだわりがない方はiPhone SE(第2世代)でも十分満足できる仕上がりとなりますよ。

防沫性能、耐水性能、防塵性能

iPhone 12 miniはIP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)

iPhone SE(第2世代)はIP67等級(最大水深1メートルで最大30分間)

と、耐水性能も大きくiPhone 12 miniの方が上回っています。

とは言いながらも、iPhoneを水の中につける人はほとんどいないと思うので、あまり耐水性能に関しては気にしなくて良いのではないかと思います。

生体認証

iPhone 12 miniはTrueDepthカメラによるFace ID、iPhone SE(第2世代)はホームボタンに内蔵されたTouch IDが採用されています。

Face IDがいいかTouch IDが良いかは、使用者によって考え方が違うと思います。

マスクが手放せない今のような状況であれば、Touch IDの方がすぐにロック解除等ができます。

マスクが不要になればFace IDの方が便利になります。

今年はアルコール除菌のしすぎで、手が荒れて指紋認証も上手く認識しない方も増えているようなので、どっちもどっちかなと、、

MagSafe

iPhone 12シリーズより背面にマグネットをつけて充電ができるMagSafeが使用できます。

マグネットのワイヤレス充電で超高速充電が可能です。

MagSafe対応カード入れもあるので、カードを入れながら充電することも可能です。

iPhone SEには対応していませんが、ワイヤレス充電をしない方なら気にしなくていいでしょう。

iPhone 12 miniとiPhone SE(第2世代)の価格比較

Apple価格

iPhone 12 mini 74,800円(税抜)〜
iPhone SE(第2世代) 44,800円(税抜)〜

ソフトバンク価格(トクするサポート+)

iPhone 12 mini 96,480円(税込)〜/実質48,240円(税込)
57,600円(税抜)〜/実質28,800円(税込)

→ソフトバンクオンラインショップこちら

ドコモ価格(スマホおかえしプログラム)

iPhone 12 mini 87,912円(税込)〜/実質58,608円(税込)
iPhone SE(第2世代) 57,024円(税抜)〜/実質38,016円(税込)

→ドコモオンラインショップこちら

au 価格(かえトクプログラム)

iPhone 12 mini 90,065円(税込)〜/実質48,185円(税込)
iPhone SE(第2世代) 55,270円(税抜)〜/実質28,750円(税込)

→auオンラインショップこちら

iPhone 12 miniとiPhone SE(第2世代)の価格は約30,000円ほど差があります。

キャリアでは購入プログラムを考えると約20,000円の差があります。

この20,000円の差がiPhone 12 miniの性能にどれほど価値があると思えるかが重要です。

iPhone 12 miniとiPhone SE(第2世代)どっちを買うべき?

価格を考えずに性能やデザインだけで考えるのであれば、iPhone 12 mini良いのではないでしょうか。

iPhone SE(第2世代)よりも小さいにもかかわらず、画面サイズが大きいのでとても使いやすいiPhoneだと思います。

スペック的にも最新チップや有機ELディスプレイを搭載、カメラの性能も大きく上回っています。

「カメラは絶対性能がよくなければダメだ」と言う方は、iPhone 12 miniの1択です。

しかし、ネックとなるのは70,000円台からと言う本体価格。

これだけのスペックが搭載されて70,000円台は魅力的ですが、iPhone SE(第2世代)と比較すると本体価格はかなり高いです。

そして、5Gが使用できるエリアが限られているため、その恩恵を受けることができないと言う見方もあります。

コンパクトiPhoneに求めるものによって、どちらを買うべきかが変わります。

「カメラの画質はそれほどこだわらない」とか「ダウンロードのスピードは別に遅くても良い」と言うことであれば、iPhone SEでも十分な性能を発揮します。

iPhone SE2いいところ・悪いところ|使ってみて分かった本音レビュー

こんにちは。すまろぐん(@sumalog_nohito)です。 iPhone SE2のいいところはもちろん悪いところも知りたい… など、2020年に発売されたiPhone SE2の気になる疑問に写真た ...

安さ重視であれば迷わずにiPhone SEを選ぶと思うので、使用者がiPhoneに求めるものは何か考えた方がいいです。

iPhone12 miniとSE2の比較まとめ

本体価格を考えなければほとんどの人がiPhone 12 miniを購入するでしょう。

SNSでもiPhone 12 miniはとても好評のようで、コンパクトさを求めるユーザにとって有力候補となります。

しかし、iPhone SE(第2世代)はエントリーモデルとして発売されていますし、iPhone 12 miniはiPhone 12の性能を持つハイスペックモデルなので、それぞれ位置づけが違います。

それぞれの魅力があるので、自分に合ったiPhoneを見つけてくださいね!

-iPhone

© 2020 スマホログ