ドコモ

【解約OK】ドコモ子育て応援プログラムのデメリットを回避する簡単な方法

ドコモ子育て応援プログラムは無料で申し込めるけど、デメリットってないのかな…?

とサービスが気になってるものの心配な気持ちもあるんじゃないでしょうか。

小学生の子供がいるご家庭を対象としたドコモ子育て応援プログラム。

子供に喜ばれる特典はもちろん、親側にもうれしい特典も充実しているのでメリットを感じれるプログラムとなっています。

ドコモ子育て応援プログラムに加入することでのデメリットがあります。

この記事では、ドコモ子育て応援プログラムの特典の魅力から知っておくべきデメリット部分までお話しています。

そしてデメリットの回避方法もお伝えしてるのでドコモ子育て応援プログラムの加入を検討している人は確認しておいてくださいね。

ドコモ子育て応援プログラム会員限定で特典とは別に、人数限定のキャンペーンも実施中。

→2019年12月現在の会員限定キャンペーン詳細を見る

【2019年12月現在】ドコモ子育て応援プログラムでもらえる4つの特典

参照:ドコモ子育て応援プログラム

ドコモ子育て応援プログラムは、12歳以下の小学生の子育てをされているご家庭を応援するサービス。

ドコモ子育て応援プログラムはドコモから3つの特典をプレゼントする形でサポートしてくれるんですね。

ポイント

毎年誕生日月に3000分のdポイントがもらえる
最大13ヶ月dフォトが無料利用
クラウド容量の50GB分の追加が小学生卒業まで無料
dキッズを最大13ヶ月無料利用

2019年12月時点

特典の一つ一つ詳しく見ていきましょう。

小学生を卒業までの期間の誕生日月に3000分のdポイントがもらえる

ドコモ子育て応援プログラムの一つ目の特典がdポイントの付与。

実質この特典が一番の魅力であるとも言えます。

お子さんの誕生日月になればdポイントが3000Pt分プレゼント

付与は毎年対象。

なので、12歳になって小学生を卒業するまでdポイントをもらえるメリットがあります。

dフォトを最大13ヶ月無料で利用できる

参照:ドコモdフォト

ドコモ子育て応援プログラムの特典2つ目がdフォトサービスを最大13カ月間は無料利用できるというものです。

スマホで撮った写真をフォトブックにしてくれるサービスがdフォト。

dフォトは通常であれば月額料金280円

最大13カ月間は無料

クラウド容量50GB分が小学生卒業まで無料で利用できる

参照:ドコモクラウド容量追加オプション

ドコモ子育て応援プログラムの特典3つ目がクラウド容量50GBを無料で利用できるというもの。

写真、動画を保存するためのクラウド環境。

ドコモでは、無料で誰でも5GB分のクラウド環境は与えられているんですよね。

デフォルトの5GBに加え50GBも付け加えることができるのがクラウド容量追加オプションです。

+10GB100円/月
+25GB250円/月
+50GB400円/月

通常50GB追加で月額料金400円

小学生卒業まで無料

dキッズを最大13ヶ月無料で利用できる

参照:dキッズ

dキッズは、子供向けのアプリや動画を楽しむことができるサービス。

子供向けである点が魅力であり、国語や算数といった勉強コンテンツが1000本を超える充実ぶり。

書籍コンテンツも多く中には読み聞かせ機能もあり小学生時期のお子さん自身はもちろん親目線でもうれしい魅力を感じれます。

dキッズは通常月額料金372円

最大13ヶ月無料

ドコモ子育て応援プログラムのデメリット

ドコモ子育て応援プログラムの申し込みをする前に知っておきたいデメリット。

月額料金が無料で利用できるのはあくまでも対象期間のみ

dフォト、dキッズは最大13ヶ月までクラウド容量追加も子供が小学生を卒業するまでと期間限定です。

特典期間が満了すれば、それぞれのオプションの月額料金が請求されるようになります。

なので無料で利用ができる期日をしっかりと確認しておけば、ドコモ子育て応援プログラムのデメリットもそれほど心配することもないです。

無料期間が終了すればオプション解約する

また無料期間が終わり継続する意味を感じれなければ、各オプションを無料期間内に解約すれば問題はありません。

dフォトは13ヶ月の無料期間中に解約

クラウド追加オプションは小学生卒業する3月31日までに解約

dキッズは13ヶ月の無料期間中に解約

もちろんそのまま継続する場合は、手続きを行わなければ利用し続けれます。

満了する月を事前に把握しておき解約をしておけば、デメリットを回避することができますので損することもありません

【条件あり】ドコモ子育て応援プログラムの申し込み方法

ドコモ子育て応援プログラムに申し込みには先ほどもお伝えしたように12歳以下の子供がいるご家庭に限ります。

また、最低条件を満たした後にドコモ子育て応援プログラムの申し込み条件で知っておきたいのがこちら↓

・指定の以下料金プランへご加入されていること
「ギガホ/ギガライト/ケータイプラン」のいずれかをご契約。

または、「カケホーダイプラン/カケホーダイライトプラン/シンプルプラン/データプラン」のいずれかをご契約、かつ「パケットパック」または「シェアオプション」へのご加入。

・dポイントクラブ会員であること

・PDF「ドコモ 子育て応援プログラム」会員規約(PDF形式:244KB)に同意し、お子さま情報をご登録いただけること

参照:ドコモ子育て応援プログラム

ドコモ子育て応援プログラムにはdポイントクラブの会員にならないとdポイントを毎年の誕生日月に付与されません。

なので、まだdポイントクラブに加入してない人は先に会員登録をしておきましょう。

詳しくはこちら
【入会必須】dポイントクラブって何?知らないと損するメリットを分かりやすく説明

他社からドコモにのりかえを検討している人は、dポイントクラブという会員サービスについてしっかり理解しておくと、今後ドコモをお得に利用することができます。 dポイントクラブはドコモユーザーなら入会必須の ...

dポイントクラブの会員登録はもちろん無料ですし簡単に終わります。

ドコモ子育て応援プログラムはWEB申し込みに対応。

ドコモ子育て応援プログラムの申し込みフォームへ行く
②必要事項を入力
③必要書類をアップロード
④手続き完了

WEB申し込みの場合は、親子関係が分かる書類の提出が必要になります。

母子手帳
健康保険証
住民票
戸籍謄本

など、いずれか一つの提出で大丈夫です。

ドコモ子育て応援プログラムの申し込みが正式の受理されれば後日、申し込み完了通知が郵送で届きます。

もちろんドコモショップ、家電量販店でもドコモ子育て応援プログラムの申し込みは対応可能です。

ただ、お店によっては申し込みに機種変更や新規購入が必須な場合があるので要確認しましょう。

ドコモ子育て応援プログラムのデメリットまとめ

ドコモ子育て応援プログラムのまとめ

  • 「誕生月にdポイント付与」
  • 「dフォト、dキッズ13ヶ月無料」
  • 「クラウド容量追加を小学生卒業まで無料」
  • 特典無料期間を満了すると通常月額料金が発生するデメリット
  • 満了すればオプション解約することで料金請求を回避できる

申し込みも無料ですしdポイントも貯まるし、文字通り子供がいる家庭にはドコモ子育て応援プログラムはメリットを感じれる人が多いと思います。

ぜひ、ドコモ子育て応援プログラムの申し込みを検討してみて下さいね。

スポンサードリンク

-ドコモ

© 2020 スマホログ