アクセサリー

Surface Book 2:15インチ版のスペックと輸入方法

更新日:

SurfaceLaptop

10月18日、Surface Book発売から2年の時を経てマイクロソフトはSurface Book 2を発表した。

事前予約開始は11月9日、発売日は11月16日だ。

Suraface Book 2は発表当初からその実用性の高さと性能で世間を騒がしている。

だが、米国では13.5インチ版と15インチ版が発売されるのに対して、日本では13.5インチ版のみの発売に限られる。

追記:Surface Book 15インチ版が日本でも発売

実用的かつ高性能なSurface Book 2

Surface Book 2は同サイズのMacBook Proより2倍速く、バッテリー寿命は1.7倍、連続稼働時間は17時間に及ぶ。

デザインは従来のSurface Bookと大きく変わらないが、今まで通り画面を取り外してタブレットの状態にすることが可能だ。

画面とキーボードの接続部分は再設計され強化された。

また、重量はPCの状態でも1500gから2000gであり、キーボードを取り外しタブレットとして使用する場合は1000g以下になる。

この優れた処理能力と実用性の高さによって、製品が発表された直後からMacBookキラーと呼ばれている。

Appleへの影響は少なからずあるだろう。

15インチ版Surface Book 2のスペック

理由は不明だが、いまのところ日本では15インチ版のSurface Book 2の発売予定は無い。

以下は米国で発売されるSurface Book 2のスペック表だ。

15インチ版 13.5インチ版 13.5インチアップグレード版
ディスプレイ 3240 x 2160
260 PPI
3000 x 2000
267 PPI
CPU 8世代 Intel クアッドコア i7-8650U 7世代 Intel デュアルコア i5-7300U 8世代 Intel クアッドコア i7-8650U
メモリ 16GB 8GB 16GB
ストレージ 256GB、512GB、1TB SSD
GPU Nvidia GeForce GTX 1060 Nvidia GeForce GTX 1050 Nvidia GeForce GTX 1050
GPUメモリ 6GB 無し 2GB
サイズ 13.5×9.87×0.9インチ 12.3 × 9.14 × 0.9 インチ
本体重量 1905g 1533g 1642g
タブレット重量 810g 720g

米国で発売される15インチ版には13.5インチ版には無いスペックが存在する。

15インチ版のグラフィックボードはNvidia GeForce GTX 1060であり、グラフィックスメモリは6GBだ。それに対して13.5インチ版ののグラフィックボードはNvidia GeForce GTX 1050、グラフィックスメモリは2GBだ 。

つまり日本ではNvidia GeForce GTX 1060とグラフィックスメモリ6GBを搭載したSurface Book 2は発売されないことになる。

なぜマイクロソフトが日本で15インチ版を発売しないのかは不明だが、グラフィックボードを重視するユーザーにとっては悲報だ。

15インチ版Surface Book 2を購入するには

残念ながら米国のマイクロソフトストアは日本に配送を行なっていない。

公式ストアからの購入ができない場合、転送サービスを利用した個人輸入を行う必要がある。

そこで、個人輸入をするより少し手数料がかかるが、全てまとめて代行してくれる購入代行サービスをお勧めしたい。

多くの場合、購入代行サービスであればトラブルの対応や決済も行ってくれる。

筆者は購入代行サービスを行っているXボーダーという会社に問い合わせた。Xボーダーでは安全性を考慮し、AmazonやeBayといったサービスを中心に購入代行を行っている。

いつからAmazonやeBayでSurface Book 2の販売が開始されるかは定かではない。AmazonやeBayにて販売が開始され次第、Xボーダーの購入代行を通してSurface Book 2の購入が可能になる。

個人輸入の3つの方法:仕組み、リスク、コストを徹底比較

eye-catching image credit: WikIan

link: wikimedia commons

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-アクセサリー
-

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.