au

auでスマホデビューならミライエフォルテが人気の理由|月額料金はどのくらい?

auのミライエフォルテを子供に持たせるのってどう?普通のスマホとは何が違うの?

auで発売されているミライエフォルテは、小学生や中学生の子どもに持たせることを考えて作られた子ども向けのスマートフォンです。

現在、ドコモやソフトバンクではキッズ携帯こそは販売していますが、子ども向けのスマホは販売していません。

キャリアで唯一auだけがキッズスマホを販売しています。

小学生高学年~中学生くらいになると、キッズケータイを使っていた子どもたちもスマホを欲しがるようになりますよね。

周りの友達が使っているからコミュニケーションツールとしても必要だといわれると、親としてもスマホは持たせるべきなのか…

と考えるところなんですが、子どもにスマホを持たせるのは心配だというご家族におすすめしたいのが、auミライエフォルテなんです。

この記事では、ミライエフォルテが子どものスマホデビューに人気の理由やミライエフォルテを購入した場合の月額料金がどのくらいになるのかについてお話しています。

→auショップ頭金無料の店舗

合わせてどうぞ
【見つけた!】auショップで頭金無料の店舗があるか調べたみた結果・・

auショップでよく目にする「頭金」の文字。 あまり深く考えることなく機種変更されてる人のほうが多いかもしれませんね。 たぶん、半分以上の割合いで頭金の請求をされ支払っていると思います。 頭金を支払うの ...

【au】ミライエフォルテのスペック・デザイン一覧表

公式:ミライエフォルテ

本体サイズ高さ135mm×幅67mm×厚さ9.9mm
重量136g
バッテリー重量2,600mAh

電池持ち時間:約90時間

内臓メモリROM16GB/RAM2GB
外部メモリmicroSDHC(最大32GB)
OSAndroid6.0
CPUMSM8917
ディスプレイサイズ4.7インチ
メインカメラ1,300万画素
サブカメラ200万画素
耐衝撃/防水/防塵耐衝撃/IPX5/IPX8
生体認証×

ミライエフォルテは、子どもが持ちやすいコンパクトサイズのスマホになっています。

大きさを他のスマホと比べるとしたら、ほぼiPhone8と同じくらいのサイズでディスプレイサイズも同じ4.7インチです。

厚さはミライエフォルテの方がありますが、重さは136gでiPhone8よりも約12g軽いので、手首への負担は他のスマホに比べると軽減することができます。

その他のスペックも一般的なミドルレンジスマホと同等であり、ゲームをしたりSNSをしても快適に利用することができるので、子どもが利用するには十分な性能です。

子どもが利用しても壊れにくいように、耐衝撃・防水・防塵についてもしっかり対策されていますね。


ミライエフォルテの本体カラーは、「スカイブルー」「スノーラベンダー」「リーフグリーン」の3カラーがあり、どのカラーもメタリック塗装がしてあるツートーンカラーなので子どもっぽくなりすぎない高級感があるデザインになっています。

壁紙もたくさんの種類がプリセットされているので、子どもの好みに合わせて自由にカスタマイズすることができます。

ミライエフォルテには安心機能やフィルタリング機能が標準搭載

ミライエフォルテは、一見すると普通の他のスマホと変わりがないような見た目をしていますが、中身は子どもが使っても安心な機能が標準搭載されています。

この標準搭載されている機能こそが、ミライエフォルテが人気の理由です。

ミライエフォルテで設定することができる機能について詳しく見ていきましょう。

電話帳で発着信できる相手を制限できる

ミライエフォルテでは、電話帳に登録していない人への発信や着信、メールの送受信については自動でブロックすることができます。

さらに、電話帳に登録している人であっても、保護者が許可した人としか電話をかけたり受けたりすることができないように細かく設定することも可能です。

電話帳に登録されていない人からの発着信は当然ですが、詐欺や誘拐などのトラブルの元になることもありますので、しっかり制限を付けることが必要ですが、それに加えて電話帳に登録している人も制限することができるというのがポイントです。

電話帳に登録はされているけど、全然接点がないような保護者が全く知らない人の場合は、本当に大丈夫な人なのか心配になりますよね。

そういったときに、保護者が大丈夫だと判断できるまで発着信を制限したりすることも可能です。

インターネットのフィルタリング機能


スマホではインターネットに接続をすることでさまざまなコンテンツを利用することができますが、インターネットの世界には不正なサイトや有害なサイトなども数えきれないほどあります。

ミライエフォルテではウェブサイトの内容を自動で判別して、有害サイトと判別されたときは閲覧ができないようにブロックをすることができる機能が搭載されています。

フィルタリングレベルは「小学生」「中学生」「高校生」の3段階があり、「小学生」が最も強いフィルタリングレベルになります。

フィルタリング機能は、子どもの年齢に合わせてレベルを設定したり、個別に閲覧可能なサイトを登録して見ることができるようにしたりすることもできますし、Wi-Fi接続中もフィルタリング機能が対応しているので、Wi-Fi接続時も有害サイトにはアクセスすることができなので安心です。

アプリも個別に利用制限が可能


ミライエフォルテではアプリを利用するときも制限を付けることができます。

アプリを利用するときは、保護者設定から許可設定をしなければ使うことができないように制限されているため、長時間アプリを利用したりすることや、保護者が許可していないアプリを勝手に利用することを防止することができます。

利用時間も細かく設定できる

インターネットやアプリの使いすぎを防止するために、利用時間を制限することもできます。

利用可能なのは学校から帰ってくるころの時間~夜寝る時間までといったように設定したり、曜日で設定を変更したり、1日トータルで利用することができる総合時間で設定したりすることも可能です。

アプリ用チェッカーで利用状況を確認できる

アプリを毎日どのくらい利用しているのか、円グラブで利用状況を確認することができる機能が搭載されています。

どのアプリをどのくらい使っているのか、1日で合計何時間利用したのかということを分かりやすく確認することができるので、使い過ぎを改めるきっかけになります。

防犯ブザーはカメラが自動で起動する


万が一のときもミライエフォルテには防犯ブザー機能が搭載されているので、周りに危険を知らせることができます。

防犯ブザーを鳴らすと自動でカメラが起動して周囲の状況を撮影して、事前に登録した相手にメールを自動で送信してくれる機能も搭載されています。

何かあった時に防犯ブザーを鳴らすだけで、その時の状況をすぐに確認することができる便利機能です。

セコムの通報サービスと現場急行サービス

防犯ブザーには、さらに警備会社のセコムとも連携することができます。

セコムの通用サービスは、申込みは必要ですが月額料金などがかからないサービスで、防犯ブザーを鳴らした時に自動でセコムのセンターに通報が通知されます。

すぐに子どもに直接連絡をして、緊急出動が必要だという判断があった場合は1回5,000円ですぐに現場に駆けつけてくれます。

家族だけでなく警備会社も見守っていてくれるので、緊急事態のときも慌てずに対処することができます。

あんしん文字入力でトラブルを防ぐ

SNSやメッセージなどを送りあってコミュニケーションをとるようになるスマホでは、相手の顔や声でどんな気持ちでいるのかを把握することができないため、軽い気持ちで送った文章が相手を傷つけてしまうという危険性があります。

メッセージなどを入力するときに、傷つけたりするような言葉や子どもに使ってほしくない言葉を入力したときには、注意を促す画面を表示し、コミュニケーションによるトラブルを未然に防ぐことができます。

危険な歩きスマホにも警告表示

画面を操作しながら歩くと歩きスマホを警告する画面が表示されます。

歩いているときにスマホを操作していると思わぬ事故に繋がることもあるため、子どものうちから歩きスマホをしないように促すことができます。

ミライエフォルテを契約した場合の月額料金の目安

以上のように、ミライエフォルテにはスマホデビューする子どもに持たせても安心な機能がたくさん搭載されていますし、年齢や利用状況に合わせて設定を変えていくことができるといった点で保護者から人気があります。

保護者からだけでなく、見た目も他のスマホと変わらなくて利用したいものは個別に設定したりして普通のスマホと同じように使うこともできるため、子どもにとっても使いやすいスマホとして人気です。

ここからはミライエフォルテでauを契約したらどのくらいの月額料金になるのかについて解説していきます。

ミライエフォルテの本体価格

ミライエフォルテの本体価格32,976円
分割支払金916円×(36回)

ミライエフォルテの本体価格は32,976円で、一括で購入または分割払いで購入することができます。

ミライエフォルテが利用できる料金プラン

プランデータ容量
新auピタットプランN0GB~7GB
auフラットプラン7プラスN7GB+対象SNSデータ消費ゼロ
auフラットプラン20N20GB
auフラットプラン25NetflixパックN25GB+Netflix基本パック
auデータMAXプランPro使い放題
auデータMAXプランNetflixパック使い放題+Netflix基本パック

ミライエフォルテは、209年10月以降は他のスマホと同じように新料金プランで利用することができるようになりました。

auのスマホ用料金プランは6種類あり、利用状況に応じて好きな料金プランで契約することができます。

auの学割

参照:auの学割

auでは2019年11月1日から、25歳以下の利用者なら料金プランの月額料金を500円~2,400円割引きするauの学割キャンペーンを開催しています。

ミライエフォルテを利用する小学生や中学生ならauの学割が適用になるので、月額料金を安く利用することができますよ。

料金プラン新auピタットプランN(0GB~8GB)

※15歳以下限定

auフラットプラン7プラスNauフラットプラン20Nauフラットプラン25NetflixパックNauデータMAXプランProauデータMAXプランNetflixパック
月額料金2,980円~5,980円5,480円6,000円7,150円8,980円7,880円
auの学割-1,000円(12ヶ月間)-500円(6か月間)

 

-1,020円(6か月間)-1,020円(6か月間)-2,400円(12か月間)-2,400円(12ヶ月間)
スマホ応援割(6か月)-1,000円-1,000円
家族割プラス(3人以上の場合)-1,000円-1,000円-1,000円-1,000円
auスマートバリュー-500円-1,000円-1,000円-1,000円-1,000円-1,000円
割引適用時価格980円~3,480円(12ヶ月間)2,980円(6か月間)2,980円(6か月間)4,130円(6か月間)4,580円(12ヶ月間)3,480円(12ヶ月間)
備考・学割適用でデータ容量1GB増量(1GBまで980円が2GBまで980円で利用が可能)

 

・auスマートバリューは2GB超より適用

・家族割プラス適用外・家族割プラス適用外・家族割プラスは2人でも1,000円割引き

ミライエフォルテなら新auピタットプランNがおすすめ

参照:新auピタットプランN

上記のとおり、auの学割は15歳以下ならどのプランでも月額料金を安くすることができるのですが、小学生や中学生が利用するなら、「新auピタットプランN」を利用するのがおすすめです。

新auピタットプランNは、データ容量が0GB~7GBまで利用することができ、使ったデータ容量に応じて、定額料金が変動するプランです。

通常なら定額料金は1GBまで、4GBまで、7GBまでの3段階になっているのですが、学割が適用になると12か月間はデータ容量が1GB増量して利用することが可能になるため、1GBの定額料金で2GBまで利用ができ、4GBの定額料金では5GBまで、7GBの定額料金では8GBまで利用することができます。

新auピタットプランN~2GB~5GB~8GB
月額料金2,980円4,480円5,980円
auの学割-1,000円
auスマートバリュー-500円
家族割プラス(3人以上の場合)-1,000円
合計980円1,980円3,480円

家族3人以上でauを利用していれば、家族割プラスで月額1,000円の割引き(2人なら500円割引き)も適用になるため、auの学割が適用になってデータ利用料が2GBまでだった場合は、月額980円の月額料金で利用が可能です。

ミライエフォルテを分割で購入した場合は分割金916円が加算されるため、ミライエフォルテは月々1,896円で持つことができるということになります。

auでスマホデビューするならミライエフォルテ

auの子ども向けスマホ「ミライエフォルテ」が人気な理由と、ミライエフォルテを購入したらどのくらいの月額料金で使うことができるのかについて詳しく解説してきました。

ミライエフォルテは、子どもに持たせても安心なフィルタリング機能や利用制限設定、防犯機能などが搭載されているため、スマホデビューする小学生や中学生でも安心して利用することができます。

月額料金もauの学割を利用することで、最安値980円から利用することができますので、auで子どものスマホデビューをするなら、「ミライエフォルテ」を購入することを検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

-au

© 2020 スマホログ