スマホあれこれ

公式モバイル版PUBGが中国でリリース予定、日本でのリリースは?

更新日:

pubg

PUBGを模倣したスマホ版のバトルロワイヤルゲームが無料配信されている中、公式のモバイル版PUBGがリリースされる予定だ。

PUBGの公式モバイル版はTencentがPC版PUBGの開発元であるBuleholeと共同で開発している。

今のところリリースが予定されているのは中国本土のみで、いつリリースされるのかも明かされていないが、PUBGは日本でも流行中のゲームなのでじきに日本でもリリースされる可能性は高い。

Buleholeがモバイル版PUBGの開発に乗り出したのはPUBGを模倣したスマホ版バトルロワイヤルが流行していることが影響していると考えられる。

Tencentはモバイル版PUBGはPC版のPUBGと大部分の構造が同じだと発表しており、PC版と同じ楽しみ方ができると考えられる。もちろんスマートフォンでゲームをプレイするため、マウスではなくタッチスクリーンを使った操作となる。また、ラグの影響なども大きくなるのは仕方がないだろう。

関連

2つのモバイル版PUBGがリリース予定

PUBG公式のモバイル版は2つに分けてリリースされる予定だ。それぞれのゲームはTencent傘下のスタジオによって開発される。

1つめはLIGHTSPEED & QUANTUM STUDIOが開発しているBattlefieldというゲームだ。BattelefieldはPC版PUBGをスマホ用に再開発したゲームであり、今回の報道で注目を集めている。

2つめはTimi Studio Groupが開発しているArmy Attackというゲームだ。このゲームはプレイヤーが船やヘリコプターなどを操縦することが可能で、海上戦がメインのゲームだという。Army Attackは今までのPC版PUBGにアレンジが加わったゲームとなりそうだ。また、PUBGではゲーム開始時にパラシュートから降下するが、Army Attackはそのような開始方法ではないという。

この2つのゲームは開発元が違うがどちらもPC版PUBGの開発元の許可を得ており、PUBGの公式モバイル版ということになる。

関連:モバイルPUBGの先行予約方法を画像で解説

TencentとPUBG

ロイター通信によるとTencentは中国においてPC版PUBGの独占運営権も獲得しているという。

これには中国の規制にが関係しており、中国が舞台になっているBattlefield 4というFPSゲームは規制のために中国国内では手に入れることができなかったという事例もある。

Tencentは中国でのPUBG運営において、ゲーム内容に修正を加え、中国の文化や価値観、道徳的規範に配慮するとしている。

現在のPC版PUBGではチートが蔓延しており、チーターは中国人の割合が高いという情報もある。中国での独占運営権がTencentに委ねらると同時に、サーバーの増設やチート対策の強化も発表されている。Blueholeが中国での独占運営権をTencentに委ねたのにはそのような狙いもあるのだろう。

モバイル版PUBGのリリースはいつになるか

中国以外でのモバイル版PUBGのリリースに関しては言及されておらず、Tencentは単に中国本土で最初にリリースすると発表している。日本でリリースされる可能性は高いが、いつになるかは不明だ。いち早く試してみたいという方は中国のAppleアカウントやGoogleplayのアカウントを作成することでいち早く入手することが可能になる。

海外のApple IDをスマホで作成する方法を画像で解説

中国でリリースされた際にはThe Abroad Newsで動画を撮影し、ゲームプレイをお伝えする予定だ。

eye-catching image credit: BagoGames

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-スマホあれこれ
-

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.