OPPO

OPPO Find X2 Proのスペック・メモリ|カメラ性能は期待できる?

OPPO Find X2 Proのスペックは?

カメラ性能がすごいって本当?

auから発売されるOPPO Find X2 Proがauの気になる疑問についてまとめています。

auでのOPPO製品の取扱いは今回が初めてとなり、国内ではauの独占販売となります。

発売時期:2020年7月以降
予約受付:受付中
発売価格:未定

OPPO Find X2 Proのスペックは非常に高く、カメラ性能や急速充電技術などに期待が集まっています。

また、メモリの容量も発売が発表されている5Gスマホの中でも大容量な点もポイントです。

OPPO Find X2 Proのスペックやカメラ性能、特徴などについてまとめました。

気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

OPPO Find X2 Proのスペック

参照:OPPO Find X2 Pro

本体サイズブラック:約165mm×74mm×8.8mm

オレンジ:約165mm×74mm×9.5mm

重量ブラック:約217g

オレンジ:約200g

バッテリー容量4,260mAh
ディスプレイサイズ6.7インチ
CPUSDM865
内蔵メモリRAM 12GB/ROM512GB
外部メモリ非対応
5G対応周波数帯sub6
カメラ4,800万画素

4,800万画素

1,300万画素

サブカメラ3,200万画素
防水・防塵性能IPX8・IP6X
生体認証指紋/顔
おサイフケータイ非対応

OPPO Find X2 Proのカラーバリエーションは2種類。

OPPO Find X2 Proのカラーバリエーションは鮮やかなオレンジと高級感があるブラックの2種類が登場します。

ブラックとオレンジでは、カラーが違うだけでなく素材も違うもので作られているため、本体のサイズや重さに違いがあります。

オレンジでは、レザー素材を採用した独特の材質が特徴的です。

オレンジという派手なカラーリングなのに材質が高級感のあるレザーを使っているので、上品な色味が感じられます。

レザー素材なので、触り心地もよく指紋の付きにくいのが特徴で、今までのスマホにはない新しいデザインになっています。

一方で、ブラックは頑丈な素材のセラミックで作られています。

高級感のあるスタイリッシュなデザインと波のようなラインパターンが入ったカラーリングが施されています。

では、OPPO Find X2 Proのスペックの基本スペックやカメラ性能について詳しくまとめていきます。

5G対応周波数帯はsub6帯のみ

OPPO Find X2 Proは5G対応モデルとなりますが、5G対応周波数帯の中でもsub6帯に対応しています。

国内の5Gはsub6を周流として広がっていきますので、sub6にさえ対応していれば快適に5Gサービスを利用することができます。

本当ならミリ波にも対応していた方が、より高速・大容量でデータ通信が可能になるのですが、ミリ波が全国で利用できるようになるのはもっと後になります。

今のところはミリ波に対応していないからといって不便に感じることはありません。

高性能プロセッサSDM865搭載

OPPO Find X2 Proのプロセッサには、最新の高性能プロセッサSDM865を搭載しています。

SDM865の処理性能はSDM855から25%も向上しているので、今までよりももっと高速でデータを処理することが可能になっています。

SDM865では画像処理能力も上がり、今までよりももっと高画質な映像も瞬時に処理することができるようになります。

4,800万画素などの画質の高いカメラを搭載することができるようになります。

12GB大容量メモリ

データ処理を行うのに必要なRAM容量は、大容量の12GBを搭載しています。

スマホのRAM容量は4GBあれば十分だと言われている中で、その3倍にもなる大容量のメモリを有しています。

RAM容量が大きいと一度に処理できるデータ量が増えるため、OPPO Find X2 Proでは、複数のアプリを同時に起動したりしても動作が重くなることなく、快適に操作することが可能となります。

ほかの5G対応スマホと比べても、メモリ容量に12GBも搭載しているものは少ないです。

なので、OPPO Find X2 Proは5G対応スマホの中でも処理性能が非常に高いスマホということになります。

最大512GBストレージ容量

ROM容量についても大容量の512GBまでデータが保存可能です。

外部メモリには対応していませんが、写真や動画などのデータをたっぷり保存しておくことができるので外部メモリがなくても快適に利用することができると思います。

ちなみに、512GBのストレージ容量で保存できるデータ量の目安がこちらです。

音楽:約51,200曲
写真:約409,600枚
動画(HD):約142時間

音楽や写真なら全く容量を気にせず保存していくことができますね。

動画についても142時間分は保存できますから、2時間の映画なら71本も保存しておけますよ。

120㎐のリフレッシュレートに対応した高性能ディスプレイ

OPPO Find X2 Proのディスプレイは、10億色の色彩を表現することができる高精細ディスプレイを搭載しています。

リフレッシュレートは120㎐に対応しているので、残像を抑えた滑らかな映像を楽しめます。

AIが環境に合わせて色味や輝度を自動で調節もしてくれるので、いつでも最適な設定で映像を視聴することができますよ。

タッチ感度は最大240Hzに対応

タッチ操作の感度については、最大240Hzまで対応しています。

タッチしてから反応するまでのタイムラグがほとんどないので、思い通りの操作が可能になります。

ゲームなどではタッチ感度で勝敗が分かれることもあるので、タッチ感度が高いOPPO Find X2 Proはゲーミングスマホとしてもおすすめです。

OPPO独自の高速充電技術

OPPO Find X2 Proのバッテリーは、4,260mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

ゲームや動画視聴など、さまざまなコンテンツをたっぷり使っても安心の電池持ちで、1日中快適にスマホを使うことができます。

また、OPPOの独自技術の高速充電システムが搭載されていて、たったの10分で40%の充電ができ、38分でフル充電が可能です。

OPPO Find X2 Proの充電技術は、品質・安全・環境・テクノロジーなどの安全性を検査する第3者機関のテュフ ラインランドが認めた安全性の高い技術です。

電圧を抑えた充電方式なので、バッテリーへの負荷を軽減し、発熱を抑えて安全に充電が行えます。

防水・防塵性能対応

OPPO Find X2 Proは防水・防塵にも対応しています。

外国製のスマホでは防水・防塵に対応していないモデルも多いですが、OPPO Find X2 Proはしっかり対応してきました。

濡れた手で触ったり水回りで使ったりしても大丈夫ですし、屋外で急な雨が降ったときも安心して使えます。

ワンセグ・おサイフケータイは非対応

OPPO Find X2 Proでは、ワンセグ・おサイフケータイについては非対応になります。

最近では、ワンセグ機能を搭載しているスマホも少なくなってきましたので、ワンセグ機能がなくても気にならないという人は多いと思います。

動画サービスなどのコンテンツが充実しているので、気になる情報やニュースはネット配信で補完できることが多いですよね。

おサイフケータイについては重要なポイントです。

モバイルSuicaや決済サービスなどをスマホで利用したい人は、OPPO Find X2 Proでは利用ができなくなります。

また、日本の場合は、nanacoやWAONといったお店独自の決済サービスが多くありますので、使えないと不便に感じてしまう人もたくさんいるかもしれません。

OPPO Find X2 Proのカメラ性能

OPPO Find X2 Proの最も期待したい性能は、高性能カメラが搭載されていることです。

4,800万画素のメインカメラ

4,800万画素の超広角カメラ

1,300万画素の望遠カメラ

ウルトラビジョンカメラシステムが搭載されています。

OPPO Find X2 Proのカメラ性能について詳しく解説していきます。

ウルトラナイトモード

OPPO Find X2 Proのメインカメラでは、暗い場所や夜景なども明るく鮮やかに撮影できる「マルチフレームノイズリダクション技術」を搭載しています。

メインカメラで撮影しただけで何もしなくても明るく美しい写真が撮影することができます。

メインカメラ以外にも、超広角、望遠のすべてのカメラでウルトラナイトモードに対応。

どのカメラで撮影しても最高の夜景を撮影することができます。

高速自動フォーカス

被写体にピントを合わす時間を最小限に抑えることができる、最先端の全画素位相差検出を搭載しています。

レーザーフォーカスとの併用により、暗い場所でも瞬時にピントを合わせることができるため、シャッターチャンスを逃しません。

10倍ハイブリッドズーム

OPPO Find X2 Proのカメラでは10倍ハイブリッドズームに対応

望遠レンズと光学式手ブレ補正機能を利用して、60倍のデジタルズームでもブレがない美しい映像が撮影可能です。

マクロモード

最大8倍までの拡大撮影が可能。

目では見ることができない世界を4,800万画素の高画質で撮影することができます。

ポートレートモード

背景をボカして被写体を際立たせて撮影できるポートレートモードでは、高性能AI技術により、照明効果や色調整、ボケ味を最適なバランスに調整してくれます。

5種類のフィルターから好きなモードを選ぶだけの簡単操作でプロが撮影するようなクオリティの高い写真を撮影することができますよ。

サブカメラは3,200万画素

サブカメラには3,200万画素の高画質カメラが搭載されているので、そのままインカメラでセルフィー写真を撮影しても美しい写真が撮影できます。

さらにAIビューティー機能も搭載していることによって、より美しいセルフィー写真を撮影することが可能になっています。

ウルトラナイトモードにも対応しているので、薄暗い場所や夜景をバックにしたセルフィー撮影をしても、AI技術が顔にできる影を自動で取り除いて、明るく印象的な写真を撮影することができます。

動画撮影では徹底的に手ブレを抑える

さらに、動画撮影を行うときも、OPPO Find X2 Proなら手ブレなしの安定した動画の撮影が可能です。

超広角レンズで撮影するときも徹底的に手ブレを抑えてくれるので、ワイド撮影でも揺れが目立たず、見やすい動画が撮影できます。

Live HDR動画撮影で美しい動画が撮影できる

Live HDR動画撮影では、高画質で高精細な動画が撮影できて、色の明度や深度まで認識してすることができるので、目で見たそのままの映像を動画にすることができます。

まるで映画のような映像が簡単に撮影できますよ。

撮影中もリアルタイムでプレビュー画面が表示できるので、どんな風に動画が撮影されているかもチェックしながらの撮影が可能です。

OPPO Find X2 Proスペックのまとめ

OPPO Find X2 Proは、非常に高いスペックを持ったスマホで、特にカメラの機能が期待大の高性能カメラになっています。

写真や動画撮影にこだわりたい人は、ぜひOPPO Find X2 Proを検討してみる価値はあります。

カメラだけでなく、タッチ感度の高い高画質ディスプレイも特徴。

パフォーマンス性能も高く、メモリ容量も5Gスマホでは最大級の容量の大きさになっていますので、ゲーミングスマホとしてもおすすめです。

OPPO Find X2 Proは、魅力がいっぱい詰まった超ハイスペックスマホ。

auで5Gスマホに機種変更を検討している人は、ぜひOPPO Find X2 Proの購入を検討してみてくださいね。

-OPPO

© 2020 スマホログ