Google Pixel

Pixel 4a(ピクセル 4a)スペック・デザイン予想|防水性能はあるか?

Pixel 4aのスペックってどうなるの…

廉価版であるPixel 4aは、pixel 4のスペックを引継ぎつつもスペックダウンします。

その分、価格も安くコスパがよくなるのがメリットです。

前回のPixel 3aは廉価版とは思えないスペックで話題になり注目されました。

Pixel 4aでも同様のケースは十分に考えられるため、スペックに興味深々になる人は多いと思います。

CPUやサイズ、防水性能はPixel 4aにも引継がれるのか…

\ピクセル 4aスペック予想一覧表/

Pixel 4a(予想)Pixel 4Pixel 3a
本体サイズ高さ144.2mm×幅69.5mm×厚さ8.2mm高さ174.1mm×幅68.8mm×厚さ8.2mm高さ151.3mm×幅70.1mm×厚さ8.2mm
ディスプレイサイズ5.6インチ5.7インチ5.6インチ
プロセッサSDM730SDM855SDM670
カメラ12MP12MP+16MP(望遠カメラ)12MP
イヤホンジャック搭載非搭載搭載
生体認証指紋指紋
ワイヤレス充電非対応対応非対応
防水・防塵IP68等級IP68等級IP52等級

この記事では、Pixel 4aのスペックをリーク情報をもとにまとめています。

すまろぐん
Pixel 4aの発売日など最新情報はツイッターで随時つぶやいています。 ぜひ、お気軽にフォローしてください。

Pixel 4aのスペック予想

Pixel 4aの現在リークされている情報では、SDM730を搭載したミドルレンジモデルとなり、5Gには非対応になります。

カメラ性能についてはPixel 4ではデュアルカメラを搭載していましたが、Pixel 4aではコストカットのためにシングルカメラが搭載になるのでは?と言われています。

それぞれのスペックについて詳しく見ていきましょう。

CPUはSDM730を搭載

リフレッシュレートだけでなく、Pixel 4aのパフォーマンス性能はPixel 4よりも低くなるようです。

Pixel 4ではSDM855という高性能プロセッサを搭載していますが、Pixel 4aではSDM730を採用しているようです。

SDM730はミドルレンジモデルに採用されるプロセッサなので、ハイエンドモデルに搭載するSDM855と比べると処理性能が低くなります。

したがってPixel 4aはミドルレンジモデル並みの性能ということになり、ハイエンドモデルのPixel 4よりも性能は全体的に劣ることが予想されます

カメラはシングルカメラ搭載

Pixel 4では16MPのカメラと12MPの望遠カメラのデュアルカメラを搭載しています。

Pixelシリーズは非常にカメラ性能が高いスマホとして知られていますが、Pixel 3シリーズではシングルカメラでも独自のAI技術を利用して美しい写真を撮影することが可能でした。

それがPixel 4ではデュアルカメラを搭載。

より美しい写真を撮影することができ、ズーム撮影しても画質が荒くなることもなく、ほかの高性能カメラを搭載したスマホと比べても非常に高いカメラ性能になっていました。

残念ながらコストカットのために廉価版として登場するPixel 4aではシングルカメラが採用されているという情報があります。

しかし、Pixel 4ほどの美しい写真は撮れないかもしれませんが、シングルカメラでもPixelのカメラは他のデュアルカメラ以上の高精細・高画質写真が撮影することができます。

シングルカメラでも背景をぼかしたポートレート撮影や夜景撮影なども可能。

低価格でカメラ性能も高いスマホなら、Pixel 4aは間違いなくトップレベルのカメラ性能をもったミドルレンジモデルと言えるでしょう。

生体認証は背面の指紋認証のみ

生体認証についてはPixel 4では顔認証機能を搭載していました。

Pixel 4aでは顔認証は利用できず指紋認証のみが利用可能となるようです。

指紋センサーはPixel 3aと同様にバックパネルに搭載。

本体を持った時に丁度指が触れる真ん中の上側に配置されています。

ディスプレイを操作しながら簡単にセンサーに指をあてることができるので、顔認証がなくてもスムーズな画面ロック解除が可能となります。

モーションセンス非対応

Pixel 4で最も話題だった機能がモーションセンスです。

モーションセンスはスマホに手を触れなくても、ジェスチャーを使って音量の上げ下げや音が鵜の一時停止などの操作を、スマホを触らずに操作することができる機能です。

モーションセンス機能を搭載したことにより、Pixel 4の顔認証機能の性能は非常に高いものになっていました。

Pixel 4aではモーションセンス機能は非搭載となります。

イヤホンジャック搭載

Pixel 4ではイヤホンジャックが廃止されていましたが、Pixel 4aではイヤホンジャックが復活しているようです。

イヤホンジャックが復活したことにより、有線でイヤホンやヘッドフォンを接続することができます。

ゲームなどでイヤホンを利用する場合、ワイヤレスでは音が遅れて聞こえるといったデメリットがあったので、有線で音楽を楽しみたい人には嬉しいイヤホンジャック復活ですね。

ワイヤレス充電非対応

充電についても、Pixel 4ではワイヤレス充電にも対応していましたが、Pixel 4aではワイヤレス充電には非対応となるようです。

Pixel 4の廉価版ですので、こういった便利機能はコストカットのために非対応になっているようですね。

防水・防塵性能はIP68等級

Pixel 3aでは防水・防塵性能はIP52等級程度の性能がありましたが、Pixel 4ではIP68等級に性能がアップしていました。

Pixel 4でIP68等級の防水・防塵性能に対応しているため、廉価版のPixel 4aでもIP68等級の防水・防塵に対応していることが予想されます。

Pixel 4aデザインの予想

Pixel 4aのデザイン面でのリーク情報も見ていきましょう。

Pixel 4aのデザインなどはPixel 4とほぼ同じようなデザインとなり、サイズが小型化して材質が変更になるという噂があります。

ノッチ部分がないシンプルなデザイン

Pixel 4aのデザインはPixel 4とほぼ同じになると予想されています。

Pixel 4は背面の左側上部に正方形のカメラユニットを配置したシンプルなデザインで、ディスプレイはノッチ部分がないフルディスプレイが搭載されていました。

Pixel 4aでもノッチ部分がないシンプルなデザインとディスプレイ仕様になることは間違いないと思います。

ただし、Pixel 4のバックパネルはガラスが採用されていましたが、廉価版であるPixel 4aではプラスチックを採用することが予想されます。

Pixel 4よりコンパクトサイズ

高さ厚さ
Pixel 4174.1mm68.8mm8.2mm
Pixel 4a (予想)144.2mm69.5mm8.2mm

Pixel 4aはPixel 4よりもコンパクトサイズになるという噂があります。

幅はPixel 4aの方が大きめになりますが高さが約30mm小さくなるので、手に持ったサイズ感はかなり違いがあると思います。

前モデルPixel 3aのサイズは高さ151.3mm×幅70.1mm×厚さ8.2mmだったので、Pixel 4aはPixel 3aよりも小型化するようですね。

ディスプレイサイズは5.6インチ

本体サイズはPixel 4よりも高さがない分コンパクトになるため、ディスプレイサイズは0.1インチ小さくなってPixel 3aと同じ5.6インチディスプレイを搭載するようです。

ディスプレイのリフレッシュレートは60GHzに固定。

ハイエンドモデルの90GHzのリフレッシュレートに慣れている人は動作がもたつくような感覚になるかもしれません。

Pixel 4aのスペック・デザイン予想まとめ

Pixel 4a(予想)
本体サイズ高さ144.2mm×幅69.5mm×厚さ8.2mm
ディスプレイサイズ5.6インチ
プロセッサSDM730
カメラ12MP
イヤホンジャック搭載
生体認証指紋
ワイヤレス充電非対応
防水・防塵IP68等級

Pixel 4aのスペックあくまでも予想にはなりますが、期待できる一台であることは想像できます。

やはり、防水性能が対応するのか…非対応になるのか…がPixel 4aのシェアを大きく伸ばせるかどうかのポイントになる気はしています。

合わせてどうぞ
Pixel 4a(ピクセル4a)の発売日はいつ?ドコモでも買えるか?

「Pixel 4aの日本での発売日はいつ頃になるの?」 「ドコモでも発売はあるのかな…」 と、pixel 4aの気になる発売日の疑問についてまとめています。 2020年10月に最新のフラッグシップモデ ...

続きを見る

-Google Pixel

© 2020 スマホログ