コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

PUBGの同時接続数が135万を記録し、Steam歴代1位に

pubg ゲーム
BagoGames

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS は、遂に最大同時接続数135万に達し、Dota 2が2016年3月に記録した129万という記録を破った。それにより、Steamにおいて最大同時接続数歴代1位となった。

the screen shot from steamcharts.com

過去にはPUBGの同時接続数が一度に10万人ほど増えたこともあり、計り知れない勢いがあるゲームだ。

ゲーム自体が開始されてから半年が経ったが衰退する兆候は見られない。まだ伸びる可能性は十分にあり、これから始めるのも遅くないだろう。

また、当初2017年の3月から9月までが早期アクセス期間として予定されていたが、公式の発表によると第4四半期(2018年3月末)までに延長されたようだ。

そのタイミングで購入するのもいいかもしれない。

PUBGのCS版について

早期アクセスが終了した後にはコンシューマー版でも発売される予定だが、今のところXboxが独占する可能性が高い。正式にMicrosoftとのパートナーシップも発表されている。PS4で発売されたとしても1年以上後になってしまうだろう。

今のところXbox版とPC版では同じサーバーになるという見解が強い。というのも開発側がXbox版とPC版のサーバーを統合する事に技術的な問題は無いと発表したからだ。

しかし、開発側に問題は無くてもプレイヤー側には大きな問題だ。なぜならマウス操作とパッド操作という違いがあるからだ。

マウスとバッドの操作性の違いはFPSプレイヤーの間で頻繁に取り上げられる話題だ。多くのゲームはPC版とCS版ではサーバーが違うため、両デバイスの操作性が違っても問題にはならない。

しかし、同じサーバーで競うとなると公平性が阻害されるだろう。一般的にはマウスが有利と言われているが、CS版に装備されるであろうエイムアシストの強さなどによっても左右される。

eye-catching image credit: BagoGames

コメント