スマホあれこれ

モバイル版PUBG:Army Attackのベータテストが開始、要求スペックの公開も

投稿日:2018年1月28日 更新日:

PUBG MOBILE Army Attack

PUBGの公式モバイル版を開発しているTimi Sutudioは日本時間1月28日の19時からArmy Attackのベータテストを行うと発表した。

PUBGの公式モバイル版のタイトルは2つあるが、今回ベータテストが行われるArmy AttackはPC版のPUBGに独自のアレンジが加えられたタイトルだ。

関連:公式スマホPUBGが中国でリリース、ダウンロード方法と設定画面の翻訳

以下の動画はベータテストのプレイ動画だ。

ベータテストに参加する条件

今回のベータテストに参加できるのは事前登録予約を済ませたプレイヤーの中からランダムで選ばれたプレイヤーのみとなる。また、プレイ可能なデバイスはAndroidのみであり、機種も限られている。

以下がプレイ可能なAndroid機種だ。

  • XIAOMI 6
  • XIAOMI MIX2
  • nubia Z17
  • HTC U11
  • Google Pixel 2/2XL
  • Motorola Moto Z2/Z2 Force
  • HUAWEI Mate 10
  • HUAWEI honor V10
  • OPPOR9S
  • QppoR11/R11Plus/R11s
  • XIAOMI 5
  • XIAOMI 5X
  • XIAOMI Redmi note3
  • XIAOMI Max2
  • XIAOMI note3
  • XIAOMI Redmi note4X
  • ViVo Xplay5
  • ViVo Xplay6
  • ViVo vivo X9
  • ViVo vivo X9 Plus/X9s Plus
  • ViVo vivo X20A
  • ViVo vivo X20/X20 Plus
  • HUAWEI nova
  • HUAWEI Maimang 6
  • HUAWEI Mate 9
  • HUAWEI P10/P10 Plus
  • HUAWEI honor V9

追加機種

  • サムスン C7
  • サムスン s7Edge
  • サムスン Galaxy S8/S8Plus
  • サムスン Galaxy Note 8
  • oppo R9sk
  • oppo R9s plus
  • vivo X9i
  • HUAWEI P9
  • HUAWEI P9 plus
  • red rice note4
  • millet 5S

ベータテストに参加可能な機種は殆どが中国製のスマートフォンだ。ゲーム自体が中国先行配信なので中国国外についてはあまり考慮されていないと考えられる。

追記:1月31にベータテストは終了し、テストで得たデータを基にUIやバグの調整が行われる。それが終了次第、一般ユーザーへ向けての配信が開始されるだろう。

モバイルPUBGの事前登録予約の方法を画像で解説

要求スペックも公開

モバイル版PUBGはスマートフォンに合わせて最適化されていると考えられる。しかし、PUBGは元々はPCのゲームであり、それをスマートフォンで動かすには高いスペックが要求される。

公式は以下のような表を発表した。この表はスマートフォンのCPUの要求スペックをまとめたものだ。自分のスマートフォンのCPUを調べる方法はAndroidとiOSで異なる。

Androidの場合

  1. 端末情報
  2. プロセッサー情報

ソニーのエクスペリアなどの日本企業製のスマートフォンには大抵の場合、クアルコ製のCPUが搭載されている。

HUAWEIやサムスンなどは自社でCPUの開発を行っている。

iOSの場合

iOSの場合はスマートフォン内から見ることはできないので調べよう。

クアルコム アップル HUAWEI サムスン
高スペック A11
スナップドラゴン 835 Kirin 970 Exynos 8895
A9X
A10
スナップドラゴン 821
スナップドラゴン 821(廉価モデル) Kirin 960
スナップドラゴン 820 Exynos 8890
スナップドラゴン 820 (廉価モデル) A9
スナップドラゴン 660 Kirin 955
推奨スペック スナップドラゴン 810 Kirin 950 Exynos 7420
スナップドラゴン 653
スナップドラゴン 652
スナップドラゴン 808
スナップドラゴン 636
スナップドラゴン 630
スナップドラゴン 626
スナップドラゴン 625 Kirin 659
Kirin 658
スナップドラゴン 450 Kirin 655
Kirin 930 Exynos 5433
必須スペック スナップドラゴン 617 Kirin 650
スナップドラゴン 615 Kirin 620
スナップドラゴン 435
スナップドラゴン 430
スナップドラゴン 425

アップルのCPUに関しては中スペック以下が記載されていないが、この表に記載されていないだけであり、実際には動作すると考えられる。

eye-catching image credit: taptap.com

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-スマホあれこれ
-

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.