コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

クアルコム:Bluetoothイヤホンの小型化を実現するチップを発表

qualcomm アクセサリー
https://www.flickr.com/photos/janitors/16538416979

スマートフォンなどのCPUを製造しているクアルコムがアメリカのラスベガスで行われているCESにて、Bluetoothイヤホンの小型化を実現するチップを発表した。

CESとはConsumer Electronics Showの略で、大手企業が参加している家庭用電気製品の展示会だ。

クアルコムのintegrated Bluetooth audio systemとは

今回クアルコムが発表したのはintegrated Bluetooth audio systemと呼ばるBluetoothイヤホン用のチップだ。

クアルコムによると、このチップによりBluetoothイヤホンの省電力化と二重処理の削減が可能になり、消費電力は65%削減、バッテリー持続時間はApple AirPodsと比べ25%増大するという。

また、integrated Bluetooth audio systemはノイズキャンセリング機能も備えており、音質にも配慮されている。

今までのBluetoothイヤホンでは、小型化するとバッテリーの持続時間が減り、反対にバッテリーの持続時間を増やすと本体が大きくなってしまうという問題があった。

しかし、クアルコムのintegrated Bluetooth audio system によって、小型でバッテリー持続時間の長いBluetoothイヤホンが実現可能になった。

クアルコムのBluetoothイヤホン用チップは2018年の中頃に発売されると予想される。

eye-catching image credit: Kārlis Dambrāns

コメント