iPhone

【お得か?】iPhoneをSIMフリーで買うメリット・デメリットを説明!

更新日:

simフリーてよく聞くけど、iPhoneをsimフリーで買うメリットとデメリットがよく分からない…

とお悩んでいませんか。

どこの通信会社でも利用できるスマホをsimフリースマホと呼びます。

iPhoneに限らず、スマホやケータイは現在simフリー端末で利用することが可能。

それによってiPhoneを格安スマホの通信会社で利用することも、中古のiPhoneを大手3キャリアで利用することもできます。

ただ、simフリーにはメリットがある反面知っておきたいデメリットも。

この記事では、iPhoneをsimフリーで買うべきかどうか?お話していますので機種変更を考えている人はまず見ておいてくださいね。

→iPhone11はどこで買うのが安いか

合わせてどうぞ
【安く買う方法】iPhone11どこで買うべきかお得な順に紹介!

「iPhone11を安く買う方法は?どこで買うべきなの…?」 最新モデルであるiPhone11をできるだけ安く買う方法を探していませんか。 本体代金が、数十万円もするためどこで買うのがお得なのかと考え ...

Appleストアで購入するiPhoneはsimフリー端末

まず、simフリー端末のiPhoneを買いたいのであればアップルストアで手に入ります。

\クリックすると詳しく見れます/

+ simとは何?

大手3キャリア、MVNO関係なく、スマホやケータイには必ずsimカードという小さなカードが挿入されています。

このsimカードには電話番号などが記録されていて、このカードをスマホやケータイに挿入することで、電話をしたりインターネットを利用することができるようになっています。

というよりも、アップルストアのiPhoneは元からsimフリー端末。

なのでどの通信会社のsimカードを差し込んでも利用することができます。

反対にドコモなどキャリアでiPhoneを購入すると、ドコモのsimカードしか使えません。

auの端末ならauのsimカードしか認識しない、いわゆるsimロックと呼ばれる状態になります。

アップルストアで買うiPhoneはsimロックがかかっていない端末だということです。

キャリアで買う端末もsimロック解除ができる

今まではsimロックされていることが当たり前で、端末と通信会社はセットであることが当然という形をとってきました。

しかし、総務省はsimロック解除に関するガイドラインを策定し2015年5月よりsimロック解除の義務化が開始。

端末は自由に購入でき通信会社は別で契約する選択肢ができることを意味します。

仮にドコモ、au、ソフトバンクでiPhoneやスマホを買ったとしてもsimロックを解除することができます。

ドコモSIMロック解除についてはこちら

auSIMロック解除についてはこちら

ソフトバンクSIMロック解除についてはこちら

解除手続きの手数料として3,000円
キャリア契約を解約する前に行う必要

simフリーについてイメージはできたと思います。

本題となる、iPhoneをsimフリーで購入するメリット、デメリットはあるのか確認していきましょう。

simフリー版のiPhoneを選ぶ4つのメリット

simフリーのiPhoneにメリットを感じを利用している人は多いです。

simフリー版のiPhoneを簡単に購入できる

毎月の利用料を安く抑えることができる

といった点が大きいです。

今回はsimフリーのiPhoneを選ぶメリットを6つ紹介していきます。

アップルストアでsimフリーiPhoneを簡単に購入できる

先ほどもお伝えしたように、iPhoneはキャリアのみではなくアップルストアで簡単にsimフリー端末が買えます。

各キャリアで手数料を払ってsimロックを解除してフリーにする

MVNOの各社で型落ちしたsimフリーiPhoneを買う

中古のiPhoneを買う(simフリーのiPhoneは人気が高く高値)

simフリー端末を手にする方法はいくつか考えられますが、最新モデルを元からsimフリーで購入することが容易であるのはメリットでしょう。

iPhoneをアップルストアで購入

自分が契約している通信会社で利用

こういった考えの人が非常に多くなっています。

合わせてどうぞ
【結論】iphoneをアップルストアで購入するメリット・キャリアで購入する違い!

iPhoneをどこで購入、契約するべきか?と悩む人も少なくないと思います。 スマホを利用している人の多くが、各キャリアのショップだったり家電量販店で購入するでしょう。 いわゆるアンドロイド端末は取り扱 ...

格安simで毎月の利用料を安くすることができる

iPhoneをsimフリーで購入したら、格安simで利用することができるようになります。

マイネオやラインモバイルやワイモバイルなど。

そうすると、毎月の通信料金や音声通話料を大手3キャリアよりも安く抑えることが可能になります。

毎月の利用料が今までよりも安くなれば節約につながりますよね。

iPhoneを売る時に買取価格が高くなる

iPhoneの需要は大きく毎年最新モデルの発売ともなればお祭りさわぎですよね。

それだけ人気機種であることから買取価格は他のスマホより高額。

また、simフリーのiPhoneの状態だと通常よりもさらに買い取りの金額が高くなる傾向にあります。

なぜか?

すべてのユーザーがそのままsimを差し込めば利用することができるためです。

simフリーは思っているよりも需要が高く、買取価格も上がります。

海外のsimカードが使える

ドコモ、au、ソフトバンクで発売されているiPhoneは日本国内用に作られたiPhoneになっています。

それは、世界各地で通信の周波数が違うためにおこるためにそうなっています。

大手3キャリアは国内で使うことを前提としているので国内の周波数に最も合ったiPhoneになっています。

そのため、海外にiPhoneを持って行って現地の通信会社のsimカードを契約して使おうとしても周波数が違う場合は海外のsimカードで利用することができません。

しかし、日本国内のアップルストアで購入するsimフリーのiPhoneは対応周波数などが幅広い特徴をもちます。

結果、海外のsimカードを利用することが可能なケースが多くなります。

simフリー版iPhoneを購入する4つのデメリット

simフリーのiPhoneのメリットをお話してきました。

残念ながらいいいところばかりではなくsimフリーのiPhoneにはデメリットもあるんです。

デメリットについては4つ解説していきますね。

端末の購入代金が高くなる

大手3キャリアで最新のiPhoneを購入する場合は、それぞれのキャリアの販売方法によって端末の割引きがあります。

ドコモであれば「スマホお返しプログラム

auであれば「アップグレードプログラムNX

ソフトバンクであれば「トクするサポート

これらの端末サポートを利用すれば、10万するiPhoneを購入したとしても分割金の一部を免除してくれ実質負担額が大幅に減ります。

その点、appleストアで購入した場合はサポートはありません。

iPhoneの端末代金をそのまま分割で購入する必要があり、さらに分割払いの場合は分割手数料が加算されてしまいます。

初期設定が必要

ドコモなどのキャリアでiPhoneを購入すれば、ショップの店員や家電量販店のスタッフが購入したときに初期設定をしてもらうことができますよね。

アカウントの取得

利用するアプリのダウンロード

電話帳の読み込み

丁寧で親切な店員だと、手渡されたときにはすでに使える状態です。

しかし、simフリーのiPhoneを購入したらすべて自分で設定する必要があります。

simカードをiPhoneに挿入するところからスタートしなければいけないので、初期設定に慣れていない人だと困惑するかもしれません。

simカードのサイズが合わない場合がある

simカードにはそれぞれの通信会社で提供しているサイズがあります。

iPhoneと同じサイズなら問題ありませんが、サイズが合わない場合もあります。

それは端末によってsimカードのサイズが違うためです。

万が一、iPhoneと自分のsimカードのサイズが合わない場合は新たにsimカードを再発行してもらう必要性

この場合、約2,000円ほどの再発行手数料ががかかりますし、一度ショップに来店する必要がある場合もあります。

中古の場合は破損や故障をしている可能性がある

アップルストアで新品のiPhoneを購入するのではなく、中古のsimフリーのiPhoneを購入する場合は破損や故障について注意しなければなりません。

何よりも気を付けたいのが、

simフリーやsimロックが解除してあるiPhoneを購入したと思ったらロックされているケース

そういったデメリットもあるので、中古のiPhoneを購入する場合は十分確かめてから購入するか検討してくださいね。

iPhoneをSIMフリーで買うのはありか?

simフリーは、電話番号などが記録されているsimカードが、どの通信会社のsimカードが利用できるようにロックがかかっていない端末のことです。

格安simの会社でiPhoneを利用し毎月の利用料が安くできる

海外のsimをそのまま使うことができる

simフリーのiPhoneは高く買取ってもらえる

など、simフリーならではのメリットをもちます。

ただ、

端末代金の割引きはなく全額負担する必要がある

初期設定を自分で行わなければならない

といった、simフリーならではのデメリットがある点も忘れないようしましょう。

iphoneをsimフリーで買うメリット・デメリットまとめ

iphoneをsimフリーで買うメリット・デメリットまとめ

  • simフリーであれば通信会社を自由に選べる
  • アップルストアで買うiPhoneはsimフリー
  • 格安SIMで契約することで毎月の月額料金を節約できる
  • アップルストアで買うiPhoneは端末代金を全額負担

simフリーでのiPhoneを買うことが必ずしも正解とは言えません。

あなたの使い方、考え方によってsimフリーのiPhoneにするかどうかを考えてみて下さいね。

-iPhone

Copyright© スマホログ , 2020 All Rights Reserved.