iPhone

【お得か?】iPhoneをSIMフリーで買うメリット・デメリットを説明!

更新日:

iPhoneをsimフリーで購入するべきかどうか解説しています。

iPhoneを購入、機種変更する場合の入手方法はいくつかありますよね。

appleストアやドコモ、au、ソフトバンクといった大手3キャリアはもちろん中古のiPhoneなど。

iPhoneに限らず、スマホやケータイは現在simフリー端末で利用することが可能になっています。

どこの通信会社でも利用できるスマホはsimフリースマホとよばれています。

それによってiPhoneを格安スマホの通信会社で利用することも、中古のiPhoneを大手3キャリアで利用することも可能になっています。

simフリーって一体何?そもそも普通のiPhoneと何か違うの?

という人もたくさんいますよね。

iPhoneをsimフリーで購入することにはメリットはもちろんですが、知っておきたいデメリット部分もあります。

今回は、simフリーについて詳しく解説していきます。

iPhoneをsimフリーで買うメリットとデメリットについてしっかりと理解して、iPhoneをどこで購入するか検討中の人は参考にしてくださいね。

→iPhone11はどこで買うのが安いか

合わせてどうぞ
【一番安いのは?】iPhone11(XI)どこで買うべきかお得な順に紹介!

iPhone11が2019年9月20日に発売されました。 今はandroid端末を使っている人がiPhoneに乗り換えたりなど、これを機にiPhoneデビューする人も少なくないかもしれません。 となっ ...

Appleストアで購入するiPhoneはsimフリー端末

大手3キャリア、MVNO関係なく、スマホやケータイには必ずsimカードという小さなカードが挿入されています。

このsimカードには電話番号などが記録されていて、このカードをスマホやケータイに挿入することで、電話をしたりインターネットを利用することができるようになっています。

appleストアのiPhoneは元からsimフリー端末のため、購入すればどの通信会社のsimカードを差し込んでも利用することができます。

以前のスマホやケータイは、simロックと呼ばれる状態になっていて、自分が契約したキャリアのsimカードしか認識することができませんでした。

そのため、例えばドコモで契約したスマホ端末には、ドコモのsimカードしか使えないようになっていましたし、auの端末ならauのsimカードしか認識しませんでした。

ドコモ、au、ソフトバンクの通信利用制限がないsim

このsimロックを解除、または元からロックがかかっていない端末のことをsimフリーといいます。

ポイント

つまり、simフリーのスマホやケータイならドコモの端末でソフトバンクの契約をすることも、auの端末でMVNOの契約をすることが可能なのです。

ケータイが普及してきた日本ではsimロックされていることが当たり前で、端末と通信会社はセットであることが当然という形をとってきました。

しかし、海外では、simフリーであることが普通であり、端末は自由に購入し、通信会社は別で契約することがほとんどでした。

そのため、総務省はsimロック解除に関するガイドラインを策定し、2015年5月よりsimロック解除の義務化が開始されました。

iPhoneの場合は、ほとんどの通信会社が販売をしている他に、appleストアでsimフリーiPhoneを販売しています。

その他中古で販売されていることもあり、さまざまな場所でsimフリーのiPhoneは購入することが可能になっています。

通信会社のiPhoneをsimフリーにするなら、simロック解除の手続きが必要です。

キャリア契約でもsimロックを解除すればsimフリー端末になる

ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアで契約したiPhoneはsimロックされている状態です。

simロック解除には手数料が3,000円かかりますが、手続きをすれば解除することができ、simフリーのiPhoneとして利用することが可能になります。

ドコモSIMロック解除についてはこちら
auSIMロック解除についてはこちら
ソフトバンクSIMロック解除についてはこちら

simロックされ解除してしまえば、simフリーとしてiPhoneを利用することができ、そのまま格安simで同じiPhoneを利用することができます。

手続き方法についても解説しておきますね。

ポイント

・ショップで解除手続きを行う

・ウェブサイトで行う

ドコモ、au、ソフトバンクのどのキャリアでも、simロックの解除はこの2つの方法で手続きすることができます。

ショップにsimロックを解除したいiPhoneを持って行き、解除手続きを行います。

各キャリアのウェブサイトでもsimロックが解除することが可能になっています。

ただし、スマホからでは手続きができませんので、PCから手続きする必要があります。

どちらの方法でもそのキャリアの契約を解約する前に行う必要がありますので、乗り換えで格安simにする場合は手続きの前にsimロックの手続きを行うようにしましょう。

simフリーが世間でも広まり、一般的になってきましたが、実際のところiPhoneをsimフリーで購入するメリットにはどのようなことがあるのでしょうか?

また、simフリーにすることで何かデメリットはあるのでしょうか

SimフリーのiPhoneを購入する場合のメリットとデメリットを詳しく解説していきましょう。

simフリー版のiPhoneを選ぶ6つのメリット

simフリーのiPhoneを利用している人はたくさんいます。

たくさん利用している人がいるということはそれだけメリットがたくさんあるからですよね。

iPhoneが人気な理由はsimフリー版のiPhoneを簡単に購入できることや、毎月の利用料を安く抑えることができるからという点が大きいです。

今回はsimフリーのiPhoneを選ぶメリットを6つ紹介していきます。

appleストアでsimフリーiPhoneを簡単に購入できる

まず、iPhoneはアメリカのapple社が開発し、発売している端末です。

ポイント

・大手3キャリアのドコモ、au、ソフトバンクで購入する
・apple社が提供しているappleストアで直接購入する
・型落ちのiPhoneを格安スマホを提供しているMVNOの各社で購入する
・中古で販売されているiPhoneを中古販売店やウェブサイトで購入する

日本でiPhoneを購入するには、このいずれかの方法になります。

大手3キャリアで購入したスマホはsimロックがかかっている状態です。

各キャリアで手数料を払ってsimロックを解除してフリーにすることが可能です。

MVNOの各社のiPhoneはsimフリーになっていることがほとんどですが、最新のiPhoneは販売されていないので、型落ちのiPhoneになってしまいます。

中古の場合は、最新モデルが出回ることもありますが、simフリーのiPhoneは人気が高いため、高値で取引されています。

また、中古の場合は使ってみないと正常に動作するか、本当にsimロックがかかっていないかわかりませんので、不安な要素があります。

その点、appleストアで購入できるiPhoneは当然新品で、最新モデルを元からsimフリーで購入することが可能です。

そのため、iPhoneをappleストアで購入し、自分が契約している通信会社で利用している人が非常に多くなっています。

アップルストアVSキャリア購入の違いをまとめたこちらの記事も参考にしてください↓

【結論】iphoneをアップルストアで購入するメリット・キャリアで購入する違い!

格安simで毎月の利用料を安くすることができる

iPhoneをsimフリーで購入したら、購入したiPhoneを現在人気の格安simで利用することができるようになります。

マイネオやラインモバイルやワイモバイルなど、一度は耳にしたことのある人も多いでしょう。

そうすると、毎月の通信料金や音声通話料を大手3キャリアよりも安く抑えることが可能になるため、毎月の利用料が今までよりも安くすることが可能です。

ほぼすべての通信会社を使うことができる

現在日本ではsimフリーが義務化しているため、基本的にはどこの通信会社でもsimフリーのiPhoneを利用することができます。

たとえば、ワイモバイルやUQモバイル、LINEモバイルなどの格安simでも使えるし、ドコモやau、ソフトバンクでも使うことができます。

ただし、ドコモやau、ソフトバンクでの大手3キャリアは最新のiPhoneを購入することができるので、simフリーのiPhoneを購入した人は格安simで利用している人が大半ではないでしょうか。

格安simなら契約期間が短い

simフリーのiPhoneを利用している人が格安simを利用するのは、毎月の利用料が安くなることも理由にありますが、契約期間の縛りが短かったり、なかったりすることも理由の一つです。

大手3キャリアの場合初めて、現在見直しはされてきていますが、毎月の基本料金を安くする代わりに、2年または3年の契約期間があり、更新月以外に解約すると10,000円近くの解約金がかかってしまいます。

この契約期間が格安simは短いか、契約期間自体がないということです。

それによっていつでも好きなタイミングで解約がしやすくなるため、さらに安い通信会社があったらいつでも別の通信会社に移ることができます。

しかも移る時に今使っているsimフリーのiPhoneをそのまま利用することができます。

そういった手軽さもsimフリーのiPhoneを利用するメリットです。

iPhoneを売る時に買取価格が高くなる

iPhoneは人気のあるスマホなので、買取価格は他のスマホより高いです。

また、simフリーのiPhoneの状態だと通常よりもさらに買い取りの金額が高くなる傾向にあります。

なぜか?

simフリーのiPhoneだとすべてのユーザーがそのままsimを差し込めば利用することができるため需要が高く、買取価格が高くなるんですね。

海外のsimカードが使える

大手3キャリアで発売されているiPhoneは日本国内用に作られたiPhoneになっています。

それは、世界各地で通信の周波数が違うためにおこるためにそうなっています。

大手3キャリアは国内で使うことを前提としているので国内の周波数に最も合ったiPhoneになっています。

そのため、海外にiPhoneを持って行って現地の通信会社のsimカードを契約して使おうとしても、周波数が違う場合は海外のsimカードで利用することができません。

しかし、日本国内のApple ストアで購入するsimフリーのiPhoneは対応周波数などが幅広いので、海外のsimカードを利用することが可能な場合が多くなります。

simフリー版iPhoneを購入する4つのデメリット

simフリーのiPhoneのメリットを解説してきました。

メリットだけを見ていると、メリットしかないんじゃないの?

というくらいいいところばかりでしたが、simフリーのiPhoneにはデメリットもあるんです。

デメリットについては4つ解説していきますね。

端末の購入代金が高くなる

大手3キャリアで最新のiPhoneを購入する場合は、それぞれのキャリアの販売方法によって端末の割引きがあります。

たとえば、ソフトバンクでは半額サポート+という本体を48回の分割にして半分の24回払いが終わった後に購入したiPhoneをソフトバンクに返却すれば残りの分割金の支払いが不要となる購入サポートがあります。

【iPhone11も対象】ソフトバンクの半額サポート+とは?デメリットあり?

100,000円の端末を購入したら50,000円分の支払いが不要ということで、実質半額で端末を購入することができますよ。

ドコモやauでも似たようなサポートを利用することができます。

その点、appleストアで購入した場合は、サポートはなくiPhoneの端末代金をそのまま分割で購入する必要があり、さらに分割払いの場合は分割手数料が加算されてしまいます。

初期設定が必要

ドコモなどのキャリアでiPhoneを購入すれば、ショップの店員や家電量販店のスタッフが購入したときに初期設定をしてもらうことができますよね。

丁寧で親切な店員だとアカウントの取得から利用するアプリのダウンロード、電話帳の読み込みまでしてくれたりします。

手渡されたときには通話もメールもすでに使える状態です。

しかし、simフリーのiPhoneを購入したら、すべて自分で設定する必要があります。

simカードをiPhoneに挿入するところからスタートしなければいけないので、初期設定に慣れていない人の場合はかなりの時間を必要とすることもあるでしょう。

メモ

データ移行について不安な人はこちらの記事も参考にしていただければ解決すると思います↓

iPhone→iPhoneへの機種変更
【必須】iPhone機種変更する前にやること!バックアップ→復元の簡単なやり方

android→iPhoneへの機種変更
【android→iPhoneに機種変更】データ移行を自分でする簡単な方法

simカードのサイズが合わない場合がある

simカードにはそれぞれの通信会社で提供しているサイズがあり、iPhoneと同じサイズなら問題ありませんが、サイズが合わない場合もあります。

それは端末によってsimカードのサイズが違うためです。

もし、iPhoneと自分のsimカードのサイズが合わない場合は、新たにsimカードを再発してもらう必要があり、その場合は再発行手数料が発生します。

キャリアによって手数料は少し違いますが、約2,000円ほどの手数料がかかりますし、一度ショップに来店する必要がある場合もあります。

中古の場合は破損や故障をしている可能性がある

appleストアで新品のiPhoneを購入するのではなく、中古のsimフリーのiPhoneを購入する場合は、破損や故障について注意しなければなりません。

多少の傷くらいと思って購入したら、故障していて操作ができなかったり、simフリーやsimロックが解除してあるiPhoneを購入したと思ったらロックされていたということもあります。

そういったデメリットもあるので、中古のiPhoneを購入する場合は十分確かめてから購入するか検討してくださいね。

他社への乗り換えも考えるならiPhoneをSIMフリーでの購入もあり!

simフリーについて解説してきました。

simフリーは、電話番号などが記録されているsimカードが、どの通信会社のsimカードが利用できるようにロックがかかっていない端末のことです。

simフリーのiPhoneを買うと、端末代金の割引や初期設定を自分で行わなければならないというデメリットがありますが、中古のsimフリーのiPhoneを購入して故障していたりするようなデメリットはappleストアで新品を購入すれば解消することができます。

simフリーでiPhoneを購入すれば、格安simの会社でiPhoneを利用することができ、毎月の利用料が安くなったり、海外にiPhoneを持って行って海外のsimをそのまま使うことも可能です。

また、今後iPhoneを買い替えるときには使っていたiPhoneを中古として買取ってもらうこともでき、simフリーのiPhoneは高く買取ってもらえます。

これからiPhoneを購入する人はsimフリーのiPhoneを購入する方法もあるということを踏まえて、どこからiPhoneを買うのか検討してみることをおすすめします。

-iPhone

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.