コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

Vivoのスマホでディスプレイ指紋認証が可能に、Face IDよりも早い?

ディスプレイ埋め込み指紋センサ Android

シナプティクス社はスマートフォンのディスプレイに埋め込み可能な指紋認証センサを開発し、Vivoのスマートフォン向けに大量生産していると発表した。Vivoは2016年に大きく躍進した中国のスマートフォンメーカーであり、2017年の第一四半期ではスマートフォンメーカー世界5位にランクインした。

アナリストのパトリック・ムーアヘッド氏はこの技術を搭載した発売前のVivo製のスマートフォンを使用し、「高速かつシンプル」と感想を語った。また、シナプティクス社はAppleのFace IDのような顔認証システムの2倍の早さだと主張している。

現在のスマートフォン業界には、スマートフォンからホームボタンを撤廃しディスプレイを最大限に広げようとする流れがある。

ホームボタンの撤廃

しかし、ホームボタンに指紋認証センサを搭載している機種からホームボタンを撤廃した場合、ディスプレイ上で指紋認証を可能にするか、Appleのように別の生体認証システムを開発しなければいけない。また、Google Pixel 2の場合はスマートフォンの背面に指紋認証センサを配置している。

どの認証システムがユーザーに好まれるかは使いやすさなどにも影響されるだろう。ただ、ディスプレイ上での指紋認証が可能になるとFace IDの存在意義が少し薄くなってしまったように感じる。Appleにとっては今後Face IDをどのように改良していくかが重要なポイントになるだろう。

2019年のiPhoneのFace IDはレーザーになり背面カメラにも搭載か

eye-catching image credit: synaptics

記事中に記載されていないことでもコメント、もしくはフォーラムで質問していただければ解決策が見つかる可能性があります。もし、解決しない問題があれば下のコメント欄かフォーラムに書き込んでください。

Android
Edge of Techをフォローする
Edge of Tech

コメント