コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

Twitterの文字数制限が280に、日本でも使用可能なのか

twitter サービス

ツイッター社は日本、中国、韓国以外のすべての国において140文字の文字数制限を倍にすることを検討している。

ツイッター社のブログによると、異なる言語において同じ意味を表す際に文字数が変化することに気が付き、文字数制限について取り組み始めたという。

言語の違い

このことについては筆者も以前から感じていた。

ツイッターで呟く際に英語の半角文字と日本語の全角文字が同じ一文字としてカウントされていたからだ。全角文字を使用する言語は一文字に含まれる意味が多い傾向にある。

例えば日本語で「安」という漢字を使うと様々な意味が思い浮かぶ。案外や安心といった熟語にすればたった二文字で意味を成すことが可能だ。

だが、英語をはじめとする半角文字を使用する言語の場合、二文字で意味を表現できる単語は少ない。「機会」と英語で表したい場合には「opportunity」を使うが、この単語は11文字も使用する。日本語で表せばたった2文字にも関わらずだ。

また実際の統計もあり、ツイッター社は以下のように発表している。

「ツイッターで送信されている日本語のツイートで140文字に達しているのは全体の0.4%だが、英語のツイートでは9%に上る。日本語のツイートの平均文字数は15文字であるのに対して英語では34文字だ。」

この統計からもわかるように全角文字を使用する言語と半角文字を使用する言語において文字数の差が発生することは明らかだ。ツイッター社の今回の検討はこのような差を埋めるための配慮なのだろう。

日本語で280にできる可能性

だが、私は上手く設定を変更することによってどうにか日本語でも280文字にできないかと企んでいる。

この機能がどのように実装されるかは分からないが、もしかするとツイッターの言語設定や地域設定を変更することによって日本語でも文字数制限を280まで引き上げることが可能になるかもしれない。

ただ、自動的に半角文字と全角文字を判別して文字数制限を課すような仕組みになると難しいだろう。その場合はツイートストームを使用するしかない。

Twitter:連続したツイートを順序正しく投稿できる機能が登場予定

設定変更によって日本語でも文字数制限を280にできるのかは今のところ不明だが、明らかになり次第報告する。


ただ、もしそれが可能になったとしてもツイッター社の意向からは外れている。

そもそも、ツイッターの魅力は文字数の制限があることだ。以前にもツイートの文字数制限が10,000文字になるという話があったが結局消え去った。ツイッターはブログではない。このブログのような長文がタイムラインに流れて来たらユーザーの心は離れていくことは明らかだ。

記事中に記載されていないことでもコメント、もしくはフォーラムで質問していただければ解決策が見つかる可能性があります。もし、解決しない問題があれば下のコメント欄かフォーラムに書き込んでください。

サービス
Edge of Techをフォローする
Edge of Tech

コメント