楽天モバイル

楽天アンリミットの無料期間中の解約はあり?違約金や再契約は可能か?

楽天アンリミットは無料期間中でも解約することができるのか?

違約金がかかるのか?

再契約することが可能なのか?

ということ疑問についてまとめています。

楽天アンリミットは、月額2,980円で国内通話が24時間無料、楽天回線エリアでのデータ通信は使い放題というお得な料金プランが話題ですね。

たくさんデータ通信をする人は、他社で契約するよりもずっと安いたったの2,980円で使い放題で利用できるかもしれないので、楽天モバイルに乗り換えを検討している人も多いと思います。

しかし、楽天アンリミットの楽天回線エリアはまだ関西・関東の一部の地域でしか利用することができないため、自分が利用する地域がエリア内に含まれているのか心配になります。

エリア内の地域であっても屋内や場所によっては楽天回線で利用できないこともあるので、契約してみたら思ったような使い方ができなかったということになるかもしれません。

楽天アンリミットは無料期間中でも解約することができるのか、無料期間中の後の解約のタイミングはいつがいいのか、楽天アンリミットの解約方法について確認しておきましょう。

楽天アンリミットで接続検証確認済みのスマホはこちら↓

対応端末一覧を見る

手持ちのスマホの動作確認状況を調べるならこちら↓

対応状況を確認する

楽天アンリミットは無料期間中に解約できる?

楽天アンリミットは、定期契約や最低利用期間というものがありません。

試しに楽天アンリミットを契約してみて、契約内容に不満がある場合は無料期間中でもいつでも解約することができます

楽天アンリミットに乗り換えた方が安くなるかも?

楽天モバイルのエリアで利用できるか不安

このような人は、無料キャンペーン中なら月額料金無料のお試しで楽天アンリミットを使ってみることができますよ。

楽天アンリミットの無料キャンペーンについて詳しく解説していきます。

【無料期間中】楽天アンリミットの解約

楽天モバイルでは、新たに楽天モバイルでアンリミットを契約する人を対象に、月額料金が1年間無料になるキャンペーンを開催しています。

対象人数:300万人
割引対象料金:月額基本料2,980円
申し込み期間:(web)2020年3月3日~終了日未定・(店舗)2020年3月4日~終了日未定

期間中に申し込みをした先着300万人が対象になり、契約者が300万人を突破したらキャンペーンは終了します。

割引の対象になるのはアンリミットの月額基本料2,980円で、それ以外の端末代金や事務手数料、オプション料、通話料は無料にはなりません。

無料期間は1年間

無料期間:開通した日から1年間

楽天アンリミットの無料期間は、「開通日を起点に12カ月後マイナス1日」までが無料期間になります。

例えば、2020年5月6日に開通した場合、翌年の5月5日までが無料ということです。

割引が終了になる5月6日以降はその月の分が日割りでの請求ということになるため、いつ契約しても割引日数は変わらず1年間無料期間が適用されます。

楽天アンリミットに新規申し込み
楽天アンリミットに他社から乗り換え
楽天アンリミットに楽天モバイル(MVNO)から移行手続き
楽天アンリミットに無料サポートプログラム「100GB無料プラン」からプラン変更

上記の4つのうち、いずれかの手続きを行った場合に無料キャンペーンが適用されます。

いずれの場合も、【楽天会員】であることが条件となります。

違約金の請求はなし

楽天アンリミットの無料キャンペーンの対象になっているのは、月額料金の2,980円のみです。

なので、契約したときの契約事務手数料3,000円やオプションサービス料、楽天モバイルで購入する本体代金については無料の対象にならないため、無料期間中であっても料金が発生する場合があります。

無料期間中でも違約金なしで解約することができるのですが、本体の分割代金の支払いは免除されないため、解約後も支払いが必要になります。

解約後の再契約は可能

楽天アンリミットの無料キャンペーンは、一人につき1回のみ適用可能です。

自分の名義で複数台の契約をする場合は最初の1回線目だけが適用になり、その後2回線目以降はキャンペーンの対象外になってしまいます。

また、楽天アンリミットは解約したあとに再契約することは可能ですが、無料キャンペーンは最適用されることはありませんので注意してください。

初期契約解除期間中はMNPの予約番号は再発行が可能

楽天アンリミットを契約してから8日以内なら、書面で契約を解除することが可能です。

MNPで他社からの乗り換えだった場合はMNP予約番号を再発行してもらうことができるため、再発行された予約番号を使って期間中に乗り換えをしなかった場合は、他社の契約に戻ることが可能です。

ただし、8日以内に初期契約解除を行った後に改めて楽天アンリミットを契約した場合は、無料キャンペーンの対象外となってしまうので注意してください。

【無料期間後】楽天アンリミットの解約のタイミング

楽天アンリミットの無料期間が終了した後の解約のタイミングについては、いつでも自由に解約することが可能です。

楽天アンリミットは、無料期間が終了した後も定期契約や最低利用期間などがありませんので、いつ解約しても違約金なしで解約することができます。

月の途中で解約した場合も、その日までの月額料金を日割りで請求されます。

なので、もしも解約した日が1日だった場合は、最終月は1日分の日割り料金の支払いをすることになりますよ。

ただし、楽天モバイルから他社に乗り換える場合は、違約金はかかりませんがMNP転出手数料3,000円については支払いが必要になります。

オプションサービスは個別で退会手続きが必要

楽天アンリミットを解約しても、利用していたオプションサービスについては自動で解約になりません

オプションサービスは、my楽天モバイルから個別に解約手続きを行うことになります。

オプションサービスについても解約時の月額料金は日割りになるサービスが多いですが、オプションサービスによっては日割りにならないオプションもあるので、解約時に注意が必要です。

楽天アンリミットの解約手順

楽天アンリミットを解約したい場合は、webサイト「my楽天モバイル」または「my楽天モバイルアプリ」からの手続きとなります。

店頭では解約手続きを行うことはできません。

  1. my楽天モバイルアプリを起動し、「契約プランを表示」をタップ
  2. 「各種手続き」をタップ
  3. 「解約」をタップ

以上で解約手続きが完了します。

楽天アンリミットの解約は即時解約されるため、手続きを行ったらすぐに利用することができなくなりますので、解約するタイミングに注意してください。

MNPで他社に乗り換える場合のMNP予約番号の発行方法についても同じ手順で取得することができます。

MNPで転出の場合は他社で契約手続きが完了するまで契約が継続されます。

SIMカードは返却が必要

楽天回線を解約したら、楽天モバイルから発行されたSIMカードの返却が必要です。

返送先
143-0006
東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F
楽天モバイルRSIM回収係

SIMカードの返却についての費用は、封筒などに入れて返送するだけなので切手代くらいの負担ですが、自己負担になります。

着払いでは受け付けていないようです。

楽天アンリミットの無料期間中の解約まとめ

楽天アンリミットの解約についてのまとめ

  • 楽天アンリミットは無料期間中もいつでも解約可能
  • 違約金なし・最低利用期間もなし
  • 無料期間中に無料になるのは楽天アンリミットの月額基本料2,980円だけ
  • 無料期間終了後も最低利用期間・定期契約なしでいつでも違約金無料で解約可能
  • 解約時の基本料は日割り
  • オプションサービスは自動で解約にならないため、個別に解約手続きが必要

楽天アンリミットは最低利用期間や定期契約といった縛りが一切ない料金プランなので、無料期間中も無料期間が過ぎたあとも、いつでも好きなタイミングで解約することができます。

解約するときも月額料金は日割りでの請求になるため、解約するタイミングはいつでもOKです。

解約手続きも、my楽天モバイルアプリから簡単に手続きを行うことができるので、わざわざ店頭で手続きすることはありません。

楽天モバイルを使ってみたい

楽天回線エリア内になっているのか不安

という人は、楽天アンリミットは無料期間中でもいつでも違約金なしで好きなタイミングで解約することができるので、月額料金が無料になるキャンペーンを利用して楽天モバイルを契約してはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

-楽天モバイル

© 2020 スマホログ