楽天モバイル

楽天アンリミットはiPhoneは使える?対応機種以外だとどうなるの?

楽天アンリミットでiPhoneは使える?

今使っている他社のスマホのまま楽天アンリミットを使いたい

対応機種以外だと楽天アンリミットは契約できない?

など、楽天アンリミットで利用できる機種がどうなっているのか気になっている人が多いと思います。

結論からお伝えすると、楽天アンリミットでiPhoneを利用することは可能です。

ただし、すべてのiPhoneが利用できるわけではないですし、楽天アンリミットの一部のサービスは使うことができませ

その点を理解しておけば、今使っているiPhoneを楽天アンリミットで使うことができますよ。

楽天アンリミットで使えるiPhoneはどれか、対応機種以外だった場合はどうしたらいいのか、楽天アンリミットの対応機種についてまとめました。

楽天アンリミットでiPhoneは使えるのか?

楽天アンリミットでiPhoneが使えるのか?使えないのか?と聞かれると、

使える!というのが答えにはなります。

しかし、楽天アンリミットは公式でiPhoneを使用できると公表しているわけではない点は注意しなければいけません。

iPhoneの動作確認はしていない

楽天アンリミットでは現在、iPhoneの動作確認はされていない状態です。

基本的に取り扱っているスマホがandroid端末であり、iPhoneは非対応扱いとなっています。

ただ、楽天側で動作確認を行ってはいないだけで楽天アンリミットでiPhoneは使えます。

XR以降のiPhoneモデル

楽天アンリミットでiPhoneが使用できるモデルは比較的新しいモデルのみ。

具体的には、iPhone XR以降のモデルだと楽天アンリミットでの利用が可能と言われています。

ただ繰り返しになりますが、XR以降なら大丈夫というわけではなくiPhoneで楽天アンリミットを利用する場合はあくまでも自己判断が必要になるのは忘れないようにしましょう。

Rakuten Linkが使えない

上記で解説したように、現在のところSIMフリーのiPhone XR以降のiPhoneシリーズでは一部の機能で利用が可能ということがわかりました。

ただし、通常の通話は利用可能になっていますが、通話アプリRakuten LinkはiPhoneでは利用することができません

Rakuten Linkは無料の通話アプリ、楽天アンリミットを利用するときにRakuten Linkから電話をかけることで、国内での通話料が無料でかけ放題になります。

海外から国内への通話も、Rakuten Linkなら無料で電話をかけることが可能です。

楽天アンリミットでRakuten Linkを利用せずに電話をかけた場合は一律30秒20円で通話料が加算されるので、楽天アンリミットで電話を無料でかけたいなら、Rakuten Linkは必須アプリということになりますね。

しかし、Rakuten Linkの対応OSはandroid OS9以上である楽天アンリミットに対応している端末だけになっています。

iPhoneのiOSには対応していませんので、iPhoneではRakuten Linkをインストールして利用することができないのです。

したがって、iPhone XR以降のシリーズは楽天アンリミットで利用は可能だが、無料で通話をかけることができるRakuten Linkは非対応であり、通話料が30秒20円かかってしまう

ということになります。

楽天アンリミットが利用できても、通話をたくさんする人は利用料が高くなる可能性があるので注意してくださいね。

というのも楽天アンリミットでは、動作確認された対象機種が事前に決められています。

楽天アンリミットの対応機種

まずは、楽天アンリミットの対応機種についてまとめました。

楽天アンリミットが使える機種は、

楽天アンリミット公式スマホ

MVNO楽天モバイルのスマホ

のどちらかの場合、楽天アンリミットを使うことができます。

楽天アンリミット公式スマホ

機種名価格
Galaxy A731,500円
Xperia Ace49,819円
Galaxy S1090,728円
Galaxy Note10+115,273円
AQUOS sense3 plus44,364円
AQUOS sense3 lite29,819円
arrows RX29,819円
楽天ミニ19,819円
HUAWEI nova 5T54,364円
OPPO A5 202026,182円
OPPO Reno A 128GB35,273円

楽天アンリミットの対応機種は、楽天モバイルで発売されている上記の11機種です。

この11機種は楽天モバイルが公式で販売している楽天モデルなので、楽天モバイルに乗り換えるときに上記の楽天公式スマホを購入すれば、設定しなくてもすぐに楽天モバイルのすべてのサービスを利用することができます。

【2020年】楽天アンリミット対応機種でおすすめは?厳選5機種を紹介

楽天モバイルのアンリミットに対応したスマホにはどのような機種があるのか、楽天アンリミットから発売されている機種について、厳選して5機種を紹介していきます。 楽天アンリミットおすすめ対応機種 ・OPPO ...

楽天モバイル公式モデル以外の対応機種

AQUOS zero SH-M10

AQUOS R2 compact SH-M09

AQUOS sense2 SH-M08

AQUOS sense plus SH-M07

AQUOS R compact SH-M06

AQUOS sense lite SH-M05

Reno 10x Zoom

AX7

R17 Pro

Find X

HUAWEI P30 lite

HUAWEI nova lite 3

楽天モバイル公式モデル以外で、SIMカードを差し替えることで楽天アンリミットが利用できるのが上記の12機種です。

この12機種は以前の格安スマホ(MVNO)だった楽天モバイルが発売していたスマホです。

この12機種はソフトウェアアップデートを行うことで楽天アンリミットが利用できるようになります。

ただし、上記のスマホは楽天モバイル以外の格安スマホで販売されているので、他社で購入した場合でもアップデートすれば利用することはできるようにはなりますが、楽天モバイル以外で購入した端末については楽天モバイルでは動作保証はしていません

基本的には、上記の端末も楽天モバイルで購入した端末が対象ということです。

他社のスマホが利用できるか確認する方法

他社で使っていたスマホをそのまま使って楽天アンリミットが利用したい場合は、楽天モバイル公式サイトで利用できるか確認することができます。

楽天モバイル公式サイト

製品

画面下にある【SIMカードを差し替えて利用できる楽天回線対応製品】

ここのページに表示されている端末なら、SIMカードを差し替えて楽天アンリミットを利用することができます。

SIMカード差し替えで利用できる端末だった場合は、ソフトウェアアップデートが必要です。

楽天アンリミットのSIMカードを差し替える前に、必ずソフトウェアアップデートを完了させてください。

楽天アンリミットでiPhoneが利用できるか確認してみた

実際に楽天アンリミットでiPhoneが使えるか公式ページで確認してみました。

SIMフリーiPhoneの場合

ブランドからiPhoneを選び、キャリアを選択します。

SIMフリーを選択すると機種まで選ぶことができました。

iPhone 11をチェックしてみたら、【このスマホは一部の機能がご利用いただけます】という表示になっています。

「データ通信」「通話」「SMS(楽天回線)」は利用できるようですが、「SMS(パートナー回線)」「APN自動設定」「接続先回線切替」「ETWS」「高精度な位置情報測位」については利用できないようです。

つまり、通話、データ通信、楽天回線エリア内でのSMSはiPhone 11でも利用が可能ですが、パートナー回線でのSMSや楽天回線エリアとパートナー回線エリアでの回線自動切替、緊急地震速報や100番通報などの利用時に使われる高精度な位置情報測位については、iPhone 11では利用することができないということです。

iPhone 11シリーズ、iPhone XSシリーズ、iPhone XRでは一部の機能が利用できることが確認できました。

iPhone Xから前のシリーズについては、【利用できません】という表示になったので、楽天アンリミットでは利用できないということになります。

2020年4月27日に発売されたばかりのiPhone SE(第2世代)については表記されていませんが、iPhone 11などと同じように一部の機能は利用できるようです。

他キャリアのiPhoneの場合

SIMフリーのiPhoneではなく、他キャリアのiPhoneの場合はどうなのか見てみました。

【このスマホは動作確認中です】という表示になり、利用できる機能には「?」がついています。

現在は動作各確認中であり、まだ利用できるかわからないということになります。

SIMフリーのiPhoneでは一部の機能は利用できるようなので、他キャリアのiPhoneでも一部の機能なら利用ができるようになるのかもしれません。

楽天アンリミット対応機種以外だとどうなるの?

他社のスマホで対応機種以外だった場合でも、機種によっては楽天アンリミットが利用できるものもあります

先ほどの他社スマホが対応しているか確認した【SIMカードを差し替えて利用できる楽天回線対応製品】のページの中から、【楽天回線の対応状況を確認する】をクリックすると、さらに詳しく対応機種を調べることができます。

ブランドを選んでキャリアを選択すれば、楽天アンリミットの利用できる機能を確認することができますよ。

楽天公式スマホの購入が必要

自分の使っているスマホが対応機種なのか確認してみたら、楽天アンリミットでは対象外だったとなった場合は、楽天公式スマホの購入が必要です。

最初に解説したように、楽天モバイルからは11機種が対応機種として発売されています。

この11機種なら確実に楽天アンリミットは利用できますので、一部の機能が使えないとか、動作確認が取れていないという端末を無理して利用するよりも、楽天モバイルに乗り換えるときに対応機種を購入した方が、面倒な設定は必要ないですし安心して使えますよ。

どうしてもiPhoneで楽天モバイルが使いたいなら、iPhone XR、iPhone XS、iPhone 11シリーズなら電話やデータ通信などは利用できます。

ただし、利用できない機能も多数ありましたので、利用時には注意が必要です。

また、通話が無料になるRakuten LinkはiOSに対応していませんので、通話は有料になります。

動作保証もされていませんので、万が一楽天モバイルでiPhoneが使えなくても楽天モバイルでは何も保証してくれません、何かあっても自己責任です。

そういったリスクを持ちながらiPhoneを使うくらいなら、とりあえず楽天モバイルに乗り換えるときは対応機種を購入しておいた方がいいと思いますよ。

楽天アンリミットでiPhoneは使えるのかのまとめ

楽天アンリミットの対応機種まとめ

  • 対応機種は楽天モバイルで販売されているandroidスマホのみ
  • 他社のスマホでも動作確認が取れている機種なら利用可能
  • iPhoneはiPhone XR以降のシリーズなら一部の機能は利用可能
  • Rakuten LinkはiPhoneは対象外
  • 対応機種以外なら楽天モバイルの公式スマホを購入

楽天アンリミットでiPhoneは使えるのか、対応機種以外だったらどうなるのか、楽天アンリミットの対応機種について詳しく解説してきました。

楽天アンリミットは、基本的には楽天モバイルが販売している公式スマホで利用することをおすすめしています。

他社のスマホでもソフトウェアアップデートで利用できる機種は多いですが、まだ動作確認がとれていない端末もあるので、公式サイトで確認してみて動作保証されていないのなら無理に利用するのはやめておいた方がいいと思います。

iPhoneについてはiPhone XR以降なら一部の機能は利用可能となっていましたので、電話やデータ通信などのスマホの基本機能は楽天モバイルで利用できます

しかし、楽天アンリミットで通話が無料になるアプリRakuten LinkはiPhoneでは対応していませんので、楽天アンリミットでiPhoneが使えても、通話は無料で利用することはできませんので注意してください。

楽天モバイルの公式スマホには、スペックが高いスマホや価格や安いスマホが11機種あります。

楽天モバイルに乗り換えを検討している人は、楽天モバイルの公式スマホを購入して楽天アンリミットを利用することを検討してみてはいかがでしょうか。

-楽天モバイル

© 2020 スマホログ