Xperia

【発売】Xperia5のいいところは持ちやすさ?「1」との違いはここ!

更新日:

2019年の秋冬モデルとして発売されたXperia 5。

ついこの間Xperia 1が登場したことがまだ記憶に新しい人も多いかとは思いますが、Xperiaシリーズということもあり秋冬モデルの中でも注目度が高い機種となっていますよね。

今回のXperia 5はドコモ、au、ソフトバンクのいずれのキャリアでも取り扱いがあります。

キャリア 発売日 価格
ドコモ 2019年11月1日 87,912円
58,608円(スマホお返しプログラム適応時)
au 2019年10月25日 90,720円
45,360円(アップグレードプログラムDX適応時)
ソフトバンク 2019年10月25日 116,160円
58,080円(トクするサポート適応時)

価格に関しては、キャリアごとによって異なりますが端末サポートは対象機種となっていますので利用が可能です。

Xperia 1の発売間もなくXperia 5が登場したこともあり、各機種の違いは一体何なのか?と気になる人は少なくないでしょう。

実際にXperia 1は非常に売れ行きが好調であり今でも人気機種ではありますが、それでもXperia 5を選ぶ意味がどこにあるのか?

Xperia 5ならではのいいところを見ていきましょう。

→ドコモオンラインショップこちら

→auオンラインショップこちら

→ソフトバンクオンラインショップこちら

ポイント

auに関しては同じシリーズからXperia 8も同時にリリースされています。

Xperia 5、Xperia 8の違いも確認しておきましょう↓

【au】Xperia 8とXperia 5買うならおすすめはどっち?スペック・価格を比較してみた!

Xperia5とXperia1のスペック比較してみた!

Xperia5は簡単に言ってしまえばXperia1の小型版ということになります。

スペックはXperia1とほとんど変わりませんが、あくまでもXperia1の廉価版やモデルチェンジということではなく、別ラインの端末ということになります。

Xperia1は縦長なデザインのスマホで、片手でも持ちやすい構造でしたが、それでも画面が大きいために片手で操作するには指が届かない部分もありました。

今回のXperia5はXperia1よりもサイズが小さくなったことにより片手操作がスムーズに行えるようになります。

では、Xperia5とXperia1のスペックの違いを比較してみましたので見ていきましょう↓

Xperia5 Xperia1
本体カラー 黒・青・グレー・赤 黒・紫・グレー・白
サイズ 高さ158mm×幅68mm×厚さ8.2mm 高さ167mm×幅72mm×厚さ8.2mm
重量 164g 178g
メモリストレージ RAM6GB・メモリ64GB RAM6GB・メモリ64GB
外部メモリ microSDXC(最大512GB) microSDXC(最大512GB)
プロセッサ Snapdragon855 Snapdragon855
バッテリー容量 3,140mAh 3,200mAh
ディスプレイ 6.1インチ有機EL 6.5インチ有機EL
メインカメラ トリプルカメラ(12MP+12MP+12MP) トリプルカメラ(12MP+12MP+12MP)

Xperia5に現在わかっているスペックとXperia1のスペックを一覧にしました。

どうでしょうか、サイズが違うだけでスペックがほぼ同じということがわかりますよね。

プロセッサやメモリなども同じなっているので動作や性能についても同等になっています。

続いてXperia5の特徴についてそれぞれ解説していきましょう。

片手でも操作しやすく使いやすい

本体サイズは、操作するうえで最適なサイズであり、手にフィットするように精密に設計された金属フレームを備えた左右対称のデザインです。

Xperia1にくらべて、高さが10mm程度、幅が5mm程度小さくなっているので、片手でもディスプレイの端から端まで届く大きさになっています。

ポイント

片手操作ができるスマホが欲しい!という人は最有力候になるでしょう↓

【ドコモ】片手で使えるスマホを厳選した結果・・Xperia 5とAceだと判明!

厚さについてはXperia1と同じで、程よく手になじむ厚さのままでした。

本体カラーは黒、青、グレー、赤の4色になっており、どのカラーが各キャリアで販売されるかはまだ未定になっています。

Xperia1の時も、4色カラーでしたが、ドコモでは黒と紫の2色、auでは4色すべて、ソフトバンクでは黒、紫、白の3色でそれぞれ扱うカラーがバラバラでした。

Xperia5でもそれぞれのキャリアでどのカラーを取り扱うか楽しみにしていましょう。

2つのアプリを画面分割して同時操作ができる

ディスプレイはXperia1と同じく、21:9 CinemaWideになっているので画面を縦に二つに分けることができて二つの画面を同時に操作することができるマルチタスクに対応しています。

マルチタスクは、映画を見ながらSNSにコメントを投稿したり、地図をみながらメールを送ったりすることができるので、いちいち画面を閉じたりしなくても二つの操作を行うことができて非常に便利です。

Xperia5は縦に画面が分かれてくれるので、縦画面で操作しながらマルチタスクが行えるという点が、他の画面を横に二つに分かれてしまうと片手操作ができなくなってしまうスマホと比べてポイントが高いですよね。

ディスプレイサイズは6.1インチになっており、Xperia1は6.5インチでしたのでひと回り小さめのサイズ感になっています。

それでも6.1インチもあるので、iPhoneなどと比べても大型ディスプレイであることがわかります。

これだけ大きな画面でも片手で操作をすることができるのは、やはり縦長ディスプレイである12:9のアスペクト比のためですよね。

縦長に見えますが、映画館などのアスペクト比と同じなので映画を見るにはこのアスペクト比が最適になっています。

スマホでよく映画を見る人にはぜひXperia5で視聴してみて欲しいなと思います。

トリプルカメラ搭載でソニーデジタル一眼レフと変わらない写真が撮影できる

そして、Xperia1と同様にXperia5のカメラは、通常のレンズの他に望遠レンズと超広角レンズを搭載し、トリプルカメラになっています。

Xperia1に続き、Eye AFももちろん搭載されています。

Eye AFで被写体の瞳に焦点をあてることがで、ポートレート写真をより美しく撮影することができます。

そして高速連続撮影で被写体が動いていてもずっと焦点を合わせたまま撮影することが可能で、最高の1枚を撮ることが簡単にできるようになっています。

Xperia5のカメラなら夜景も自動で明るく撮影することもできるし、手動モードを活用すれば最大30秒のシャッタースピードで、美しい光跡を簡単に撮影できるようになっています。

ソニーのデジカメ性能は非常に高く、そのソニーの技術をそのままXperiaに搭載しているので本当のデジカメのようにあらゆるシーンの写真を撮影することができます。

Xperia5があればデジカメは必要ないという人が続出するのではないかというほどカメラ機能のレベルが高いです。

実際、Xperia5はソニーのアルファカメラと合わせて使うことができるようになっています。

Xperia5をリモートディスプレイとして利用でき、Imaging Edgeモバイルアプリでワイヤレスで設定をすることができてしまいます。

まさにデジカメと同じように使えるということですよね。

映画レベルの動画撮影が可能なシネマプロ機能を搭載

そして、Xperia1にも搭載されていたCinema ProがXperia5にも搭載されていますよ。

Cinema Proは、ソニーのプロフェッショナルカメラ開発チームが監修した動画撮影専用機能です。

プロが使っているシネマカメラで撮影しているかのように解像度、フレームレート、色合いや明るさなどを設定可能です。

撮影している音をゲージで確認したり時間を計ってくれたり、シャッタースピードなども確認することができます。

そのため、映画を本当に作っているように操作することができます。

ちょっとした日常もまるで映画のように撮影することができるので、あとから撮影した仲間と一緒に上映会をして楽しむことができますよ。

Xperia5のいいところ

Xperia5がXperia1からどのように変わって進化したのかまとめてきました。

スペックが落ちているところはあるものの、十分なスペックを搭載していますので2019年の秋冬モデルの中でも検討するべき機種だといえます。

では、分かりやすくXperia5のいいところを厳選してご紹介していきますね。

圧倒的な持ちやすさ

Xperia5のいいところはどこか?と聞かれれば真っ先にお伝えするのがその持ちやすさになるでしょう。

横幅はわずかに68mmとなっており、重さも164gと軽量。

実はこの幅68mmというサイズはかなり意識され人の手にもっともフィットしやすく持ちやすい数字であると考えられての開発になっています。

Xperia1のサイズ感が少し大きすぎると感じ購入をためらった人も少なくないでしょう。

持ちやすさはスマホの操作性に直結するので、Xperia1よりもコンパクトサイズを希望し片手で持てる小さいスマホを重要視する人にはおすすめなポイントです。

トリプルカメラの位置が変わってデザイン性が良くなった

Xperia5はXperia1と同じくトリプルカメラを搭載しています。

しかし、そのカメラの設置場所が異なるんですね。

Xperia1では背面の中央部分にカメラレンズが設置されていましたが、Xperia5では左側にレンズが設置されています。

気にならない人も多いかもしれませんが、カメラレンズが中央部分だと少し違和感を感じます。

その点Xperia5では背面の左側に移動したこともあり、デザイン性もアップしたといえるのもXperia5のいいところでしょう。

スマホゲームをより快適にできる機能がレベルアップ

Xperia5ではスマホゲームをより快適にストレスなく楽しめることができるように、ゲームハイエンサー機能がバージョンアップして搭載されています。

ゲーミングスマホとしての利用もできてしまうレベルの機能であり、ゲーム中の画面を高速で連続スクリーンショットでの撮影などができます。

また、ゲームのプレイ中でありながらもネット検索し情報収集が可能となっておりゲームを一時中断することなく進めていけるのもメリットですね。

ゲーム機能を重視したスマホ選びをする人が増えている今、このようなゲームを快適にしてくれる機能はXperia5のいいところでしょう。

音質が抜群によく動画や音楽を楽しめる

ゲームのBGMもそうですが動画配信を見る場合や、音楽をスマホで聴く人も多いかと思いますがXperia5の音質は抜群に優れてるのもいいところ。

Xperia1と同レベルの音量や音質をXperia5でも引き継いで楽しむことができます。

また、ドルビーアトモスと呼ばれる映画館などで活用されている技術がXperia5には搭載されているんですね。

非常に臨場感を感じさせてくれる音質をもつのもXperia5の魅力でしょう。

本体価格が安くコスパがいい

Xperia1は10万を超える本体端末価格で発売されました。

Xperia1 Xperia5
本体端末価格 103,752円 87,912円
スマホお返しプログラム適応時 69,168円 58,608円

表はドコモでのXperia1とXperia5の本体価格ですが、比較するとXperia5のほうが安くお求めやすくなっていますよね。

確かにXperia1には負ける部分もありますが、正直Xperia5で十分だと感じる人は多いと思います。

いえ、むしろより多くの人に受け入れられ満足度が高いのはもしかしたらXperia5のほうだとも言えます。

これだけのいいところや機能が搭載されているのにかかわらず、10万を切る端末価格はコスパがいいと考えられるでしょう。

【ハンドフィット】Xperia5はXperia1以上の持ちやすさ・使いやすさを実現!

Xperia5は、前機種のXperia1と同じく横持ち時のアスペクト比が21:9の縦長有機ELパネルを搭載しています。

ですが、Xperia1よりも小さめの端末であるのが特徴だといえます。

手に持ったフィット感は、Xperia1以上のものを実感できXperia5の最大のいいところはその持ちやすさと使いやすさだといえるでしょう。

スペックはXperia1とほぼ同じということでXperia1を購入するべきか悩んでいた人にとっては、Xperia5が各キャリアでの登場はうれしいですね。

Xperia1を購入しようか検討中の人や、Xperia1は大きすぎて使いづらいと思って購入しなかった人にはXperia5はとてもおすすめです。

また、ゲームエンハンサーや音響の進化によってゲーミングスマホとしてもおすすめできる機種なのもポイントです。

【ゲーム好き必見】ドコモのゲーミングスマホおすすめ機種はどれ?選ぶポイントも解説!

androidスマホの中ではXperia5はXperia1と同じく、ハイスペックモデルの中でも特にスペックが高いモデルです。

そろそろ新しいスマホに買い替えを検討中の人はXperia5の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

カメラ機能にきっと感動しますよ。

-Xperia

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.