ドコモ

【注意点あり】ずっとドコモ特典はデメリットなし?加入しないと損するかも・・

投稿日:2019年6月3日 更新日:

ずっとドコモ特典は2019年6月1日から始まった今までなかった新しいサービスですね。

新料金プランであるギガホ、ギガライト対象となるサービスであるため今後プラン移行を検討している人であれば詳細は確認しておくべきだと言えるでしょう。

これといってずっとドコモ特典にはデメリットとなる部分はなく上手に活用していくことでむしろお得感しかありません。

同じようなサービスとして「ずっとドコモ割プラス」がありますが、名前こそ似てるだけであり内容は大きく異なっています。
むしろ、既にずっとドコモ割プラスに申し込みをしている人は注意するべき点もあります。

結果、ずっとドコモ特典のメリットを最大限活かせないことにもなりかねません。
どちらにせよ確実にずっとドコモ特典の詳細を理解しておくべきだと言えるでしょう。

では、早速ずっとドコモ特典の内容から見ていきましょう。

ずっとドコモ特典とは?

ずっとドコモ特典は、dポイントを最大で3000ポイント分もらえるサービスです。
もらえるのは契約者であるあなたの誕生日月になります。

確認しておきたいのが、あくまでも最大3000ポイントであるということ。
つまり、誰でもずっとドコモ特典に加入していれば誕生日月に同額のポイントが付与されるわけではありません。

注意ポイント

もらえるdポイント額は、dポイントステージによって変わってきます。

そもそも、dポイントを還元してもらえるサービスであるためずっとドコモ特典を利用するということは、dポイントクラブへの加入が必要になります。

そして、dポイントクラブの会員になった人にはドコモの継続利用期間によって各ステージが用意されてるんです。

付与されるdポイントはステージによって異なる

dポイントクラブでは、ドコモの契約年数によって5つのランクにステージ分けされています↓

ステージ ドコモ利用契約期間 dポイント獲得数
Pt 15年~ 10000Pt~
10年~ 3000Pt~
8年~ 1800Pt~
4年~ 600Pt~
4年未満 600Pt未満

1~4、そしてPt(プラチナステージ)が最上位ランクとして位置づけされていて、それぞれのステージによってずっとドコモ特典で得られるポイント額が異なるということです。

ステージ ずっとドコモ特典でもらえるdポイント
Pt 3000Pt
2000Pt
1500Pt
1000Pt
500Pt

上記のように、dポイントクラブステージがプラチナである人はずっとドコモ特典で3000ポイントがプレゼントされるってことですね。

ずっとドコモ特典の最大ポイントっていう意味が分かったのではないでしょうか。
15年!!って思うかもしれませんが、案外ドコモを15年以上継続して利用している家庭って多いんですよね。

なので、案外3000ポイントマックスを還元される人って多いと思いますよ。

どちらにせよ、ずっとドコモ特典を利用するためにはdポイントクラブの加入が必須であるということ。

無料なので登録しておきましょう↓

☑dポイントクラブ

dポイントクラブに加入することでポイントを付与される最低条件はクリアできます。
その他にも知っておくべきずっとドコモ特典が適応される条件を見ておきましょう。

適応条件

ずっとドコモ特典ではお伝えしたように、dポイントクラブへの加入は絶対です。
そして、新料金プランへの契約も必要である点は注意しましょう。

2019年6月1日より開始されたギガホ、ギガライトの新料金プランへ移行することはずっとドコモ特典を適応させる条件となります。

あと、ケータイプランでもずっとドコモ特典は利用できます。

なのでカケホーダイプランだったりシンプルプランなどの従来の料金プランで契約をしている場合だと、ずっとドコモ特典は利用できませんので気をつけましょう。

今後ドコモで機種変更する際には、基本的に新料金プランへ移行する人がほとんどでしょうから適応条件をクリアするハードルとしては低いと言えますね。

で、少し問題となってくるのがずっとドコモ特典と同じようにdポイントを付与されるサービスであるずっとドコモ割プラスに今現在、申し込みをしている人です。

【注意点あり】ずっとドコモ特典とずっとドコモ割プラスは違う?

ずっとドコモ特典と非常に名前の似ているサービスがずっとドコモ割プラスです。

似ているのは名前だけではなく、ずっとドコモ特典と同じくドコモ回線の継続利用期間が長い人にとってメリットとなるもの。

ずっとドコモ割プラスでも、各dポイントクラブステージによってdポイントを獲得できました。

条件に応じたdポイントは付与されるだけではなく、毎月の料金の割引きにあてることも可能。
利用方法を選択できる自由もあるのがずっとドコモ割プラスです。

また特徴的なのがずっとドコモ割プラスは2年契約であり、契約を更新した場合には更新ありがとうポイントということでdポイントが3000ポイントもらえるサービスです。

このように、ずっとドコモ特典とはまた違った内容であることが分かりますね。

注意しておかないといけないのが、現在ずっとドコモ割プラスに加入していてずっとドコモ割にも申し込みを検討している人です。

ずっとドコモ特典との併用ができない!

既にずっとドコモ割プラスに加入している人は、残念ながらずっとドコモ特典を併用して利用することはできません。
というのもずっとドコモ特典とは適応される料金プランに違いがあるためです。

ポイント

カケホーダイプラン
カケホーダイライトプラン
シンプルプラン
データープラン

上記のように、いわゆる旧料金プランが適応条件となっているのがずっとドコモ割プラスです。
お伝えしたようにずっとドコモ特典に関してはギガホ、ギガライトの新料金プランであるため併用が効きません。

重要になってくるのが、どの料金プランを契約しているかによって、ずっとドコモ特典への加入なのか?ずっとドコモ割プラスへの加入なのかが決まってくるということです。

そのため、旧料金プランの人が新料金プランへ移行した場合はずっとドコモ特典へ切り替える必要があるということです。
その際にずっとドコモ割プラスの適応条件から外れてしまうんです。

では、どちらの方がお得なサービスなのか?ずっとドコモ割プラスに申し込みをしている人はドコモ更新ありがとうポイントを獲得できますのでそれぞれを比較しておきましょう。

ドコモ更新ありがとうポイントどっちがお得か比較

ずっとドコモ割プランの加入者対象であるドコモ更新ありがとうポイントは更新月になれば3000ポイントにもなるdポイントがプレゼントされます。

ずっとドコモ特典でも、最大3000ポイントを獲得できます。
で、実際にはどっちがお得なのかを比較してみたので見てみましょう。

ずっとドコモ特典 ドコモ更新ありがとうポイント
dポイント獲得数 500~3000Pt 3000Pt
適応条件 新プラン(ギガホ/ギガホライト/ケータイプラン) 旧プラン(カケホーダイプラン/カケホーダイライトプラン/シンプルプラン/データープラン)
獲得タイミング 毎年の誕生日月 2年の更新時

ずっとドコモ特典とドコモ更新ありがとうポイントを比較してみました。

dポイントクラブステージによって獲得できるポイント数が異なるずっとドコモ特典に対して、ドコモ更新ありがとうポイントはステージ関係なく誰にでも3000ポイントプレゼント。

しかし、2年間の更新月に対してなので2年に1回ということですよね。
それに対してずっとドコモ特典は誕生日月なので、毎年1回のタイミングでdポイントがもらえます。

と考えると、ずっとドコモ特典のdポイントクラブステージが④もしくはプラチナである場合はドコモ更新ありがとうポイントよりも多くdポイントが還元されるのでお得だと言えるでしょう。

個人個人のステージによって、どちらのサービスがよりお得になるかは違いますので一概には言えませんので自分のdポイントクラブのステージを再度確認するのは必須でしょう。

で、ずっとドコモ特典で獲得したdポイントなんですが自動付与されるわけではないんです。
ポイント申請しなければもらえない点も気をつけないといけません。

【手続き必須】ずっとドコモ特典でdポイントをもらう方法

ずっとドコモ特典は毎年の誕生日つきにdポイントを各ステージ分に適応された分だけプレゼントされます。
しかし、誕生日月になったからといって勝手にdポイントが入ってくるわけではありません。

ポイント

①誕生日月にdポイント獲得の案内メールが届く
②dポイントクラブにて手続きを行う

上記にあるようにドコモ側から連絡が入って後こちらで手続きを行う必要があります。

まずはずっとドコモ特典に加入している場合、案内メールが届きます。
電話番号のメールSMSのシートメールで送信されてきますので見逃さないように。

その後、dポイントクラブへアクセスし手続きをすることでdポイントが還元されるようになっています。
その他にも専用獲得ダイヤルである「*8470」に連絡しても対応してもらえます。

で、誕生日月からいつまでも手続きをしなければいけないのか?なんですが割りと長期間猶予があるので安心してください。

dポイントの手続きは6ヶ月以内に行えばOK!

ずっとドコモ特典に加入しdポイントが誕生日月にプレゼントしますとメールがきますが、とくにすぐに手続きをしないといけないわけでもありません。

誕生日月から数えて6ヶ月の間に申請すれば処理されます

なので、もしもその6ヶ月の間にdポイントクラブのステージが変化する場合はあえて待ってみるのもいいかもしれませんね。

1ステージかわるだけで、獲得ポイント数が大きく変わるので。

【デメリットなし】ずっとドコモ特典は加入しておくべきでしょう!

旧プランで加入できたずっとドコモ割プラスは、ギガホやギガホライトの新料金プランに移行すると併用できないためずっとドコモ特典に切り替えるしかないです。

なので、新料金プランを契約するのであればずっとドコモ特典は加入しておくべきだといえるでしょう。

加入も無料ですし、とくにデメリットはありません。
dポイントクラブのステージによって獲得できるdポイント数に違いがある程度です。

ずっとドコモ特典の利用にはdポイントクラブの加入は必要なのと、ポイントを獲得するためには手続きをしないといけないことは忘れないようにしましょう。

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-ドコモ

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.